スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トキメキ☆な劇場編集版 覚書

「成ス」 フリーク?!としては、見ておくべきか...

さんざん悩んだあげく、劇場編集版を見に行ってきました。悩むようなことではないのですがね。

もともと期待していませんでしたし、ヨリムのシーンはほとんどないだろうと覚悟していたので、見終わって、ああ、こんなもんね... という感じ。

日本語版 DVD を 128 分にまとめたものなので、どんな編集になっているのかおおよその予想はつきますが、あまりに予想通りだったので...

「へぇ〜、そういう切り口で編集するんだ〜」 というような驚きは全くなく、そんな編集、誰でも思いつくわというレベルでした。

つまり、ユニの入学からユニとソンジュンのキス + その後の 2 人まで... ラブライン一本釣り。

ただし、コロの見守りナイトのラインは、Mnet 版でカットされていた場面の多くが劇場版では復活していましたよ〜。

ひたすらユニ&ソンジュン、合間にコロ...という具合。

ヨリムのシーンは、ヒョウンやスンドリより少ない (涙)。そのほか、掌議 2 カット、チョソン 1 カット、兵判 1 カット、左議政 1 カット...


 


もともと TV ドラマ用に撮影されたもので、スクリーン用ではないので、クローズアップを多用する TV ドラマカットは、スクリーンで見るとクローズアップがさらに拡大されて、スクリーン全体の 3 分の 2 程度が顔で占められてしまい、アップのカットが続くと、さすがに胃もたれ (笑) してしまいますね。

ユ・アインは、カメラの映りこみの距離感がよくて、スクリーン映えすると思いました。たまたまそういうシーンが多かっただけかもしれませんが...。


さてさて、「成ス」 イベントもこれでようやくひと区切り... ほっ

最後に、劇場でほとんど見られなかったので、やっぱりヨリムを置いておきます。






 


 

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。