スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成均館かわら版と吹き替え

「韓流通信」  (2011 年 6 月) の 「成均館スキャンダルかわら版」 コーナー、まだ続いていたんだ〜。

このソン・ジュンギ in ピンクシャツは、あちこちのメディアで見かけますが、ザ・ヨリムって感じで (って思っているのはワタシだけか) 好きですね。


そういえば、以前 「韓流通信」 を手に取ったときも、かわら版がヨリム記事だったわ。どうして、ヨリム記事しかワタシの目に入らないのかしらん...  別に 「韓流通信」 を集めているわけでもないので、いいんだけど... (笑) 








ところで、「成ス」 DVD レンタル好調というお話、コロ出演の 「MADE IN BS JAPAN」 でもありましたが、ウチの近所じゃ、ずらーーーーりと、無駄に、いえ、キレイに並んでいますが、おかしいなぁ〜。

そういえば、少し前に吹き替えチェックのため 1 巻だけ借りたのですが、4 人衆ともオリジナルよりも声のトーンが高めでした。

一番しっくりきたのは、ソンジュンの声。屈託のない明るい良家のご子息という原作小説のイメージに近かったです。

ヨリムの声は、かなーーーり高めです。「善徳女王」 のユシン役を担当された声優さんですが、ユシンの時とはまた少し違って聞こえました。

違和感があったのが、ユニの声。アニメ少女っぽい幼い声で、ちょっと違うかな。だって男装しているのだから、意図的に声を低く抑えるでしょ...。

コロの声はとっても二枚目さん風の声なのですよ。役者は二枚目ですが、役柄は暴れ馬ですから、どうなんでしょう...。


吹き替えのセリフで、ユニがヨリムのことを 「ヨンハ先輩」 と呼んでいるのには、ガクっときました。コロのことも 「ジェシン先輩」 と呼んでいるのでしょうかね。そこまで確認していませんけど。

まぁ、吹き替え台本上、名前の統一は致し方ないとはわかっているものの、雅号で呼び合うところも面白さのひとつなのにねぇ (笑)。   


 


 

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。