スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『太陽の末裔』 Ep. 13 ~ Ep. 14 覚え書

あと 2 話を残すのみとなった 『太陽の末裔』。
さんざんグチったり、ごちゃごちゃツッコミを入れていじってきただけに、思い入れも深いわけで、その楽しみがなくなるのもさびしいし、何よりもユ・シジン大尉に会えなくなるのかと考えただけで、ううっ....
とってもさびしくなります。

とはいえ、やっぱりごちゃごちゃ言ってます (笑)。

ユ・アインがカメオ出演した第 13 話。 カメオと言えば、ジュンギ君の盟友イ・グァンス、『紳士の品格』 のイ・ジョンヒョク、『シークレット・ガーデン』 のパク・ジュングム、重鎮のイ・ジェヨン先生...と、多彩な顔ぶれも話題のひとつですね。

さて、とんでも仮想国ウルクから帰国した 4 人。

ウルクで最高潮に盛り上がった 2 カップルの Love Love モードの毒気に当てられながらも、このカップルたちの幸せを祈らずにはいられません。どちらもほんと可愛いカップルなんですよね~。

dosun_ep13_01.png


あああー、羨ましい、若いって (笑)。

 
dosun_ep13_03.png


しかし、韓国に舞台が戻ったことで、特殊部隊が北朝鮮に何らかの形で絡むであろうとある程度予測できたわけですが、やっぱりね。ほんと、先が読めてしまう展開には裏切られることはありません。 そして、ウルクでのアグスがそうであったように、ここでもユ・シジン大尉の幅広~い人脈のうちの一人のお話でした。

突然の銃撃戦。銃撃されても、どうせモヨンが助けるんでしょうと、ついつい冷ややかに見てしまいました。そして羽毛が舞っていますよ、大尉の顔に... (笑) 。

dosun_ep14_01.png


今回の北朝鮮がらみのエピソード、無理やり離散家族の再会の話につなげて、特殊部隊の活躍が平和への道を切り開くかのような印象で、やや誇大宣伝のような気がしないでもありませんが。

そういえば、コミカルなシーンが増えたような気がします。でも、あまり笑えないんですよね... もちろん最大の理由は、ワタシの語学力の拙さゆえですが、コミカルとシリアスのバランスがいまひとつというか、コミカルとシリアスの切り替えタイミングが絶妙ではなく 「微妙」 なのです。

このコミカルさは、どこへ繋がっているのでしょうか。大円団への通過点なのか... それともサッドエンディング?
14 話のエンディング、モヨンのモノローグ、しかも回想的なモノローグで終わっているのが、とても引っかかります。なぜモノローグなのでしょうね?

dosun_ep14_04_r.png  


tag: 韓国ドラマ ソン・ジュンギ 太陽の末裔

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。