スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『太陽の末裔』 Ep. 11 ~ Ep. 12 覚え書

高視聴率を維持している 『太陽の末裔』 も終盤へ。
またまた、ボヤキが続きます。すみません。
だって。。。

ウイルス感染が収束したかと思ったら、今度はカン・モヨン先生の拉致事件発生。もちろん、大尉が我が身を顧みることなく、救出へ!... って、もう最初から、この展開は予想できましたよね。しかも、アグス(David McInnis) が絡むであろうことも、伏線がありすぎて、バレバレでしたから...

この救出劇には、突っ込みどころが満載なのですが、ここでは封印 (笑)。言っても仕方ないので。ちなみにウイルス感染の話も、なんら緊迫感もなく.... そういうドラマなのです。次から次へと災難が降りかかるカップルたちのドラマ...

なにげに超イケメンの David。圧倒的な存在感で、大尉もかすんでしまうのではないかと思いましたが、大尉はよく頑張っていました。さすが、ソン・ジュンギ君です。

dosun_ep12_05_1.png


ともあれ、個人的にお気に入りだった David が何らヒネリのないキャラで単なるカネの亡者として、それも絵に画いたような陳腐な展開で描かれているのがとても残念でした。国際特殊部隊のキャプテンだった彼があそこまで身を落とすことになった経緯の方が、よっぽどドラマティックだと思うのです。本当に申し訳ないのですが、金魚のふんの医療チームより、David に焦点あてて欲しかったなと。

11 話と 12 話では、ワタシが勝手に 「オウム返し」 と呼んでいる場面が次々と出てきましたね。相手が自分にやってくれたことを、自分も同じように相手に返すという意味ですが...。

大尉がモヨンを救うために David を撃つ場面、大尉はモヨンの目を覆っています。「これは忘れて」 と。

dosun_ep12_16.png


かつての同僚 David を撃たなければならなかった大尉が思い出の写真を焼いて涙する場面、モヨンが大尉の目を覆っています。「忘れて」 と。

dosun_ep12_08.png


これも 「オウム返し」。モヨンの両手をふさいでスキンシップに走るのは大尉の十八番ですが、モヨンが同じような手を使っています。

dosun_ep12_01.png


ギリシャの風景はとても素敵ですが、仮想国ウルクは中央アジアの国という設定。あれ? 大地震で石造りの街はどこも崩れなかったのでしょうかね~って、思わず突っ込みたくなりますよ、もう。

さてさて... このとんでも仮想国で、とりあえず、2 カップルともラブラブモードで終了です。もうここで終わってもいいかもしれませんが、あと 4 話どうなるのでしょうかね?ソンソンカップルは、極限状態でないと成立しない可能性もあったり?
でも、誰かを死なせるのはやめてよね~。

dosun_ep12_17.png


おまけ: 今のワタシの心境を見事に表してくれている軍人さんの表情。

dosun_ep12_12.png




tag: 韓国ドラマ ソン・ジュンギ 太陽の末裔

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。