スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Assembly Ep. 16 ~ Ep. 20 (Fin)


assembly_poster3.jpg


KBS 水木ドラマ 『アセンブリー』 全 20 話視聴完了!

はい、もうね、良いドラマでした。現地での低視聴率が示すとおり、とにかく地味なドラマなので、途中でリタイアするのではないかと思っていた当初の予想を裏切り、見続けることができたのは、脚本と演出と役者の良さでしょうね。プロらしい仕事、現場のプロ意識の高さが見て取れる内容でした。勝負するポイントが、他のドラマと違うところに好感が持てました。こういう政治ドラマは、普通泣かないものだけれど、泣ける展開でした。ラストは予想通り。それが自然な流れなので不満はありません。

はぁ、もう JSP に会えないのか...DVD は買うことになりそうです (笑)。JSP を観ると元気が出るので。

さて、覚え書をとどめておくことに。

バベル・タワー・シティという不動産開発がご破算となり、開発に投資した多くの国民が損失を被るという事件が起こり、銀行など投資会社の監査を巡って政治の世界も大揺れに。その上、なんと、JSP の別居中の妻もその投資で大損をしていることがわかり、JSP も微妙な立場。そして、銀行の監査問題で、JSP に追い込まれた事務総長ペク・ドヒョン (チャン・ヒョンソン) が、ついに JSP に奥の手を使って、銀行からの贈収賄事件をでっち上げて JSP を塀の中へ。

ああ、なんか久々に囚人服のチョン・ジェヨンを観ました。いつ以来? 『偉大なる系譜』 でしょうか?

assembly_ep17_01.png


与党広報担当官だったホン・チャンミ (キム・ソヒョン)。インギョン (ソン・ユナ) とは昔から張り合っていた仲間でありながら、今は犬猿の間柄で、JSP のことも何かとバカにしていたのですが、ドヒョンから公認をはずされたことを契機に目を覚ますことになります。弁護士のチャンミは、JSP を弁護してくれたりね... イイ人なんです。

assembly_ep16_02.png


しかし相変わらず、韓国の司法制度には疑問符が....。政治家の圧力に弱い検察、言い分が滅茶苦茶な検察。証拠がすべてと言いながら、JSP が受け取ったお金を所在を全く明らかにしないまま、受け渡しの場面の CCTV を物的証拠として、国会議員を監獄に入れていまうのですから。 しかも、JSP は受け取ったお金をすぐさま銀行に返しに行っているのにその CCTV は記録から削除されているという...。韓国の司法制度がおかしいのはドラマや映画の中にとどまらないということは、最近、産経新聞記者の事件で露呈して、ずいぶんリアルに感じますね。

そして、この収賄疑惑事件の発端は、薄っぺらい復讐心を持って JSP に近づいたギュファン (オク・テギョン) が、しょうもない証拠を残してしまったことにあり、そうしたギュファンの持つ弱点をドヒョンに逆利用されたことで JSP が罪人に仕立て上げられてしまったのです。それでも JSP はもちろん、チーム JSP の誰一人ギュファンを責める人がいないところは、みなさん、なんて人間ができているのでしょう。おそらく 「ろくでもない青二才!!」 と怒っていたのは、ワタシだけかも(笑)。

JSP に面会に行くインギョン。この画はまるで恋人同士の面会のようですが、そうではありません。インギョンが涙、涙するシーンで、ワタシも泣きました。とってもイイ場面なのです。

assembly_ep17_03.png


事件をでっち上げたドヒョンも、さすがに、こんな汚い手を使ったことに、自分自身が許せなくなったようですが...

assembly_ep17_02.png


ドヒョンに脅かされていた銀行側も、ついにインギョンたちの説得に応じ、真実を明かすことに。JSP の濡れ衣は晴れ、無罪放免に。そして、踊る JSP。チョン・ジェヨンが踊っている姿、初めて観ました。結構上手いです (笑)。

assembly_ep18_01.png


塀の中から出てきた JSP は、もう派閥争いやら、足の引っ張り合いはうんざりだと。国会議員なら国会議員としての仕事を果たすべきだと。つまり立法の仕事をしようと立ち上がるのです!それが、「ぺ・ダルス法」。もうね、どれだけぺ・ダルスに憑りつかれているんだか。JSP にせいで死んでしまったわけでもないのに、ダルス兄との絆が深かった分、その死をなんとか越えようとする姿が必至なのです。演説ばかりするから、もう声がガラガラ。チョン・ジェヨンの声は本当に声ガラガラになっていたようです。チームも一丸となって、なんとかこの法案を通過させようと奔走。

assembly_ep19_04.png


JSP はこの法案整備に政治生命を賭けることも明言。あまりに鼻息が荒くて、鼻血を出す始末。こういう演出でも、自然にこなしてしまうところが、さすがチョン・ジェヨンなのです。韓流スターならやってくれないでしょう。

assembly_ep19_02.png


この 「ぺ・ダルス法」 、敗者復活戦の機会をというような法案で、会社から解雇されたり、破産してしまった人に、政府が援助して第二の機会を与えようという... なんとも気前のよい法案なのです。もちろん、真面目に働き正しく生きている人が一度の失敗で人生を終わらせないようにという温情法案。個人が見捨てられないようにという意味もあるのでしょうけれど、JSP の個人的な理由から情に訴える法案って、どうなんでしょう?もちろん与党内からポピュラリズム、人気取りだと大反発をくらいます。ワタシも 反対です (笑)。

で、ダルス法の審議中、ダルスの息子が... 「私はぺ・ダルス」 運動を展開。こ、こ、これって、今年フランスで起こった新聞社襲撃事件後の 「私はシャルリー」 運動のパクリでしょうか。ドラマではとっても真剣にやっているのですが、もう、笑うしかない... ごめん。

assembly_ep19_03.png


この法案が通過したかどうか、結局ドラマの中では明かされませんでした。明かす必要がないんですよね。

そして、JSP は任期を終えて溶接工に戻り、家族とも幸せに暮らすことに。一方、インギョンはついに、念願のバッジを付けることに... めでたし、めでたし。いい終わり方でした。

assembly_ep19_05.png



◆ ◆ Wrap-up ◆ ◆

このドラマで描かれた政治や社会情勢は、かなりシニカルで、意図的に描いたとしか思えないものもいくつかあります。例えば、バイアスのかかった司法制度、無能な青瓦台、お粗末な党内派閥争い、絶えない労働闘争、不動産投資問題、金融と政治の癒着など、ところどころにリアルな負の政治社会状況も反映されていたように思えます。

ぺ・ダルス法があまりに理想すぎて呆気にとられましたが、理想と現実の狭間でゆらゆらしているのが政治なのかもしれません。政治の世界を描くのは簡単ではありませんね。

そして、このドラマのスゴイところは、いわゆる韓流スターやイケメン俳優なし、ロマンスなし、お涙ちょうだい家族愛なし。政治ドラマ、ヒューマンドラマとしてのみ成立しているところです。聞くところによると、この脚本家さんは 『鄭道伝』 でも同じような手法だったそうです。

地味この上ないのですが、奇をてらった余計な飾りを一切排除しているように見えます。音楽やファッションなど、そういう楽しみがあるドラマも素敵ですが、このドラマは、役者の演技と脚本というコアなところでしか勝負していないのです。それに、もっと辛気臭くて、説教臭い見せ方かと思っていたら、そうでもなくて、軽いコメディタッチもあって、その配分が絶妙でした。

なによりも、JSP こと国会議員チン・サンピルがひとり主役だったのではなく、補佐官インギョンもまちがいなく第二の主役だったというところも良かったですね。もう何度も語っていますが、この 2 人のケミは最高でした。男女の間であくまでもロマンスが成立しない... 男と女のがっつりな同志愛を見せてもらいましたね。

assembly_ep20_01.png


さらに、このドラマに登場する人々すべてに対して、脚本家さんの深い愛情が感じられます。たとえば、アバターさんや渡り鳥さんなど、個性豊かな国会議員さんたち、チーム JSP の人々、JSP の家族など、登場する人々は善良な人々ばかりなのです。中にはちょっと阿漕なことをする人もいますが、ちゃんと筋があって、基本的には悪人ではありません。そうした性善説に基づく人物設定は、ヒューマンドラマの真骨頂なのかもしれません。










tag: 韓国ドラマ チョン・ジェヨン

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。