スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『密会』 3 ~ 8 話 覚え書


ドラマ 『密会 / 밀회』 8 話まで観ました。これ、全部で何話あるのでしょうか。

このドラマ、あまり見たことのないタイプのドラマです。40 歳の女と 20 歳の男が恋に落ちるという、映画だと 『僕の美しい人だから』 とか 『愛を読む人』 などで観られたような、ややありがちな歳の差カップルを扱った題材ですが、いわゆる激情型ではないようで、これまでのところ、ポスターに描かれているような狂おしさやドロドロ感がほとんどありません。

そして、優雅で知的なキム・ヒエは、間違っても 「よっこらしょういち」(by 篠原涼子 ドラマ 『ラスト・シンデレラ』) などとは言いませんが (笑)。

secretaffair_poster02.jpg



■ □ □ 映像と音楽は GOOD

昼メロのようなドロドロ劇になるのかと覚悟していたのですが、これまでのところ、そういう訳でもなさそう。セリフが少なく、話の展開もスロー。ソンジェ (ユ・アイン) の類まれなるピアノの才能が見出されて、ソンジェが奨学生として音楽校に入学するまで、まるまる 7 話かかっています。

ソンジェとヘウォンの関係も 7 話までは、一歩一歩というか、小さな衝撃の積み重ねといった感じでかなり地味な展開だなと思っていたのですが、8 話で一気にあんなことに...

地味なドラマと評したのは、狂おしさというものがほとんど前に出てきていないからで、どこか品よく収まっているような感じがします。それも、ひとえに映像と音楽のおかげでしょうか。

映像には、棚の裏側から、窓越しに、上から下へなど、物越しに距離をおいて人物をとらえるという特徴があり、カメラワークがとても効果的だと思います。

クラシック音楽は、魔法ですね。クラシックのメロディラインは誰にとっても心地よく響くため、視聴者を感情移入させるためには、ドラマにとって有効な手段。クラシック音楽のツボさえおさえておけば、陳腐なものも優雅にみえてくるから不思議です。


■ ■ □ これは錯覚の愛じゃないよね...

これがワタシにとっての疑問。

ソンジェにとってヘウォン (キム・ヒエ) の存在は、男と女の 「愛」 の対象なのでしょうか。本人が 「愛」 だと勘違いしているような気がしてなりません。自分という存在を見出してくれた人。ヘウォンは自分を抱きしめてくれて、自分が抱きしめたいと思う人であることは確かですが、ピアノを通した芸術的交感によって何か突然変異した「愛」なのではないかと。それが証拠に、冒頭に母親が死んでしまうというエピソードがあり、彼の絶対的保護者であり被保護者となる対象が母親からヘウォンに代わっただけなのでは?

一方、ヘウォンにとってソンジェの存在も、芸術的交感によって埋められた孤独を 「愛」 だと勘違いしているのではないかと。ヘウォンがソンジェのひたむきさ、純粋さ、若さ、才能を愛おしく思っているところは事実ですが、彼女は現実逃避できる場所を求めているにすぎないような気がしていますが...。

錯覚の愛でないことを祈ります...


■ ■ ■ My Highlights of Episodes

◆ Ep 3
secretaffair_ep3_06.jpg

リヒテルの伝記に隠されたヘウォンのメッセージを読み、リヒテルがピアノを弾く姿の写真を見ながら涙を流すソンジェ。もらい泣きしました。このシーンは、ソンジェの純粋さがにじみ出ていて、良いシーンだと思います。

richter.jpg

余談ですが、個人的にはリヒテルのピアノはあまり好みではなく、我が家のクラシック CD コレクションの中でも、リヒテルの演奏はたった 1 枚しかないのです。でも、その 1 枚の収録曲が、このエピソードで使われたシューベルトの 「さすらい人幻想曲」 だったことに驚きました。


◆ Ep 4
secretaffair_ep4_01.jpg

留置所の中でも、指が動いてしまうソンジェ。ピアノが弾きたいってことですね。


◆ Ep 5
secretaffair_ep5_01.jpg



◆ Ep 6
secretaffair_ep6_02.jpg

リストが流れる中、上からヘウォンを見下ろすソンジェと、下でソンジェに背を向けるヘウォンのショットがお気に入り。このドラマで使われた楽曲では、リスト 「スペイン狂詩曲」 が一番好きかも。ひとつの楽章にいろいろなメロディが入れ代わり立ち代わり溢れてきて、とても叙事的な旋律です。


◆ Ep 7
secretaffair_ep7_01.jpg

芸術財団を牛耳るどうしようもない親子 3 人に振り回されて爆発寸前のヘウォン、ブルーのブラウスが素敵。


◆ Ep 8
secretaffair_ep8_03.jpg

嫉妬と情けなさで涙を流すヘウォン、哀れなのに優雅さを忘れない...。しかし、その後のヘウォンの 「ヨチン」 コスプレ には唖然としましたが (笑)。




tag: 韓国ドラマ ユ・アイン

コメント:

すごくいいブログ発見!

はじめまして!
密会で検索してたらこちらを発見!
感性がちょっと似てる気がしたので
読んでいて楽しいです。
私も現在、密会、奇皇后、悪賢い離婚女を
視聴中ですが
こちらを拝見し、ゴールデンタイムにも
手をつけました(;゜∀゜)

アップデート楽しみにしてます!

もんさんへ

もんさん、はじめまして。
拙文を読んでくださり、ありがとうございます。

> 感性がちょっと似てる気がしたので
> 読んでいて楽しいです。
そう言っていただけると嬉しいです。ワタシは基本的に言いたい放題、毒もたくさん吐くので、ご気分を害されなければいいのですが...

> 私も現在、密会、奇皇后、悪賢い離婚女を
『奇皇后』 はキニナルところですが、何せ史劇は長いので、日本で一気見放送されるようになればいいのになぁと待っているところです。

お時間ありましたら、またお立ち寄りいただければ幸いです!!!v-392

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。