スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 『秘密』 Ep5 - 8 ~ SECRET Fear


secret_still_01.jpg


嵐のような序盤から、核心へと突き進んでいく KBS 水木ドラマ『비밀 / 秘密』

序盤は序盤でしかなく、まだまだ畳み掛けてきますよ。

(ネタバレあり)


続きのざっくりストーリー...

出所したユジョンは、まず引き離された息子サンに会いたがるが、サンは病死していた。ドフンはユジョンに伝えることができなかったのだ。サンの遺灰を撒かれた水辺で泣き崩れるユジョン。しかし、施設に入所している痴呆症の父親も引き取り、世話をしなければならず、泣いている暇はない。

一方、ミニョクは出所後のユジョンへの執着は続き、ユジョンの父親が経営していたパン屋を買い取り、2 人を追い出す。そんなミニョクの執拗さに婚約者セヨンは激昂。ミニョクの心に自分がいないことを知り開き直るセヨンだったが、たまたま出会ったドフンに興味を抱くようになる。

そんな折、痴呆症のユジョン父が失踪する。捜索をドフンに頼み、慌てふためくユジョンだったが、数日後、父親は死体となって発見される。父の葬儀後、ユジョンはドフンに別れを告げる。



はぁ...

6 話の時点で、息子と死に別れ、父親とも死に別れ、そして身代わりになるほど愛したドフンとも別れたユジョン。めまぐるしすぎて、観ているワタシの方が心の整理に追われています。ユジョンでもないのに、身も心もボロボロになった気分で、ぽっかり心に大きな穴が開いたような...。


さて、ドフンは結局、手がけた事件の失態を問われ検察を退職することに。これもミニョクの仕業。しかし、退職後は、裏情報を手土産にミニョクの父親が経営する K グループの顧問弁護士として再就職。セヨンとの距離を近づけていく。

ミニョクは、何もかも失ったユジョンの周囲をあいかわらずうろつく。かつての同房仲間と暮らし始めるユジョンが気になるのだ。ユジョンの家の借金を肩代わりしたのものミニョクで、返済を口実にユジョンが自分の目の前に置いておきたいようだ。

ユジョンと恋人関係であったことをひた隠してきたドフンだったが、ミニョクが過去の写真を送りつけてきて驚く。ドフンは、警察でひき逃げ事件当夜の情報をあらためて引き出し、自分の姿が映っている車載動画を見つけて削除するなど工作に走る。K グループに就職したドフンは、セヨンを手に入れようと野心を抱き、ミニョクに一矢報いたいと思っているセヨンと手を組み、ミニョクを K ホテルから引きずり落とそうとする。


secret_ep8.jpg
出典



端折りまくりましたが...

ストーリーは、もうあまりに込み入っているので、この先、ざっくり書くことはできないでしょう (笑)。


ともあれ、この 4 回で重要なのは、ドフンの立ち位置でしょうか。

ユジョンと別れたドフンは、検事を辞め、K グループでのし上がろうと野心を抱き始めるのです。セヨンを手に入れ、力を手に入れようとして。力のないものの味方になるために検事になったドフン。でもそれは親からの過剰な期待、親ができなかったことを子に託す身代わり的な期待にこたえようと必至だったからで、ドフンは本当にやりたいことができなかったのかもしれません。

まぁ、ここまではワタシもドフンの気持ちもわかるのです。親の期待も負担に感じ、さらに自分の身代わりとなったユジョンの献身も負担で、がんじがらめになっていたような気がします。

自分が白状すれば、それで済むことですが、そんな勇気もない堕落した自分に対する怒りや罪悪感にさいなまれ。今や、何もかも失うことに対する怖れから、不安が不安を呼び、セヨンという保護者を求めているような気さえします。この先、ミニョクに怯え続けるよりも、自らが力を手にしてミニョクを潰そうという気なのでしょうか... 正気じゃないですよ。

ドフンとミニョクの心理戦。単に、力を持たない者が力を持つ者に挑戦しているという構図のみならず、ユジョンという女性をめぐる戦いなのかもしれません。

ドフンとセヨンとミニョクの駆け引き。ドフンとセヨンは、目的意識も似ているように見えますが、根本的にどこかすれ違っているのではないでしょうか。そもそもミニョクとセヨンは幼馴染で、関わってきた年月の長さや親しさは、新規参入のドフンとは比べものにならない思うのです。セヨンが手に入れたいのはミニョクで、セヨンがドフンに心を開くとは思えないのですが...

さらに、7 話あたりから、確実にユジョンに惹かれていると思われるミニョク。ミニョクにとって、はたしてユジョンは、元恋人ジヘを忘れることができるような存在となるのか。ミニョクは態度が傲慢でも、ユジョンに嫌われたくないという気持ちがあるような気がします。そう、恐る恐る寄り添っていくような...

そして、ワタシにも異変が (笑)。

前記事でミニョクのことを甘ったれ坊主と罵ったことを後悔しているワタシ。ミニョクの心の揺れが、その繊細な揺れが手に取るようにわかってきて、ちょっと涙が出てきたり... むむむ。

続く...


tag: 韓国ドラマ 秘密

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。