スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 『秘密』 Ep1 - 4 ~ SECRET Sharing


secret_poster.jpg


観たい韓ドラがないと言いつつ、こっそり視聴中の KBS 水木ドラマ 『비밀 / 秘密』。秘密だけにこっそりね...


今クールの水木ドラマ、主演キャストが苦手な俳優ばかり。学園ものは好きじゃないので『相続者』は対象外、メディカルものは好きだけどサンウの演技は好きではなく、若手キャストにも難あり。それで『秘密』を見始めたわけです。チソンも苦手な俳優ではあるのですが、演技はまともだし、このドラマには何と言っても、K‐POPアイドルが登場しないのが最大の魅力でしょうか。


『秘密』は日本のドラマ界では絶滅していると言われている、いわゆる正統派ラブロマンス。復讐劇あり、階層格差あり、執着愛あり、野望と背信あり、韓ドラのラブロマンスの定番素材はてんこ盛りなのですが、チソン-ファン・ジョンウム‐ぺ・スビンをはじめとするキャストの絡みが非常に面白いのです。

(ネタバレあり)


ざっくりなストーリーは...

代行運転サービスでユジョン (ファン・ジョンウム) と出会ったミニョク (チソン)。まさかこの後、ユジョンとの壮絶な葛藤劇に巻き込まれるとも知らず。

ある日、恋人のジヘをひき逃げ事故で失ったミニョクは、半狂乱。愛する女を守ることもできないふがいなさと罪悪感を募らせるも、その感情のはけ口をひき逃げ犯として捕まったユジョンへの復讐に変えていく。

実は事故の際、運転していたのはユジョンではなく、彼女の恋人であった検事のドフン (ぺ・スビン)。ドフンのことをかばうためにユジョンは、自ら犯人だと名乗り出たのだけど。もちろんミニョクはそんなことを知らない。

ドフンとユジョンの固く結ばれた絆と秘密の行きつく先は、どうなるのか。



... なーんてユルユルの展開ではなく...  ローラーコースター並みの展開。


警察に連行されるユジョン。なんと担当検事はドフン。検察はユジョンに懲役5年を求刑。収監されるユジョン。

収監中に妊娠発覚、そして出産。

18 か月後、刑務所内での子供の養育期限が迫り、仮出所ができなければ子供と離れなければならない。

そんな折、幼児虐待の濡れ衣を着せられ、子供と引き離されるユジョンは、暴れてアイロンの熱でやけどを負う。仮釈放審査は不合格。

この一連の出来事の裏にいたのが、ユジョンへの復讐しか頭にないミニョク。ミニョクはユジョンへの復讐のためなら、検察を動かしてドフンまで翻弄することもいとわなかった。ミニョクは、ジヘのことが忘れられないままだったが、父親の圧力に屈し、幼馴染であり有力議員の娘シン・セヨン (イ・ダヒ) と婚約。

やがて 5 年の刑期を終えて、出所するユジョン。迎えにきたドフンはユジョンを抱きしめるが、その様子をミニョクが遠くから見据えている。


(端折りに端折って) ここまでが 4 話。

secret_ep4.jpg
出典



このあまりの展開の速さに、すっかり飲み込まれてしまいました。ユジョンを演じたファン・ジョンウムは、感情のコントロールが大変だったのはないかと、余計な心配をしたり。

なんとも憐れなユジョン。自らの選択でしたが、ドフンが助けてくれることを期待していたのか...。罪をユジョンにおしつけたドフン。その卑怯さを責め立てる気になれないのは、ぺ・スビンという俳優のせいでしょうか。

秘密を共有した男女の絆は堅固なもの... 2 人はそう信じていたに違いありません。秘密という妖術にでも罹っているかのように。

ユジョンはドフンを純粋に守りたかっただけ。その献身はドフンにとって呪縛となり、やがてドフンもこの秘密の重さに耐えられなくなるでしょう。

ユジョンとドフンは、『優しい男』を見てなかったのかしら。いくら愛していたとしても、相手の罪をかぶるという行為は反社会的で、結果的には互いをダメにして、愛も壊れてしまうということは、『優しい男』を見ていれば学習できたはずなのに...

今となってはもう遅いけど、2 人へのお奨めドラマですよ... (笑)

それにしても、権力を振り回して暴走するお坊ちゃまミニョクには、嫌悪すら感じました。愛する女を守ることができなかった自分自身に対する怒りの矛先を、とことんユジョンに向けるのはおかしいと思うのです。そして、ミニョク自身も、それを承知の上。

そうでもしないと生きていけない... というひ弱さの裏返しでもあるようですが...甘ったれ坊主だなと思うことしきり...

こうして、このドラマから目が離せなくなってしまいました。

続く...



tag: 韓国ドラマ 秘密

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。