スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『TEN インターナショナルバージョン』 視聴完了

『TEN インターナショナルバージョン』、全話観たのでちょこっと感想を...

日本語字幕 DVD は 「インターナショナル バージョン」 で、オリジナルとどこがどう違うのか詳しく知りません。話数が異なるだけなのでしょうかね...


ten_poster.png



『TEN インターナショナルバージョン』
특수사건전담반 TEN (特殊事件担当班 TEN)
OCN 2011.11.18~2012.01.13
全 10 話 (オリジナル 全 9 話)

<演出> イ・スンヨン
<脚本> ナム・サンウク / イ・ジェゴン

<出演>
ヨ・ジフン役 … チュ・サンウク
ナム・イェリ役 … チョ・アン
ペク・ドシク役 … キム・サンホ
パク・ミノ役 … チェ・ウシク

<あらすじ>
半裸で顔にテープが巻かれ、残忍に殺害された女の死体が発見される。ヨ・ジフン(チュ・サンウク) は 7 年前の猟奇的な殺人事件との共通点を見つける。被害者の身元がソ・ウンビという女性だと判明するが、彼女とそっくりなキム・ウニョンという失踪女性の存在が発覚。ジフンは、元教え子で新米刑事のミノ (チェ・ウシク) と捜査を進める。その頃、被害者支援センターのイェリ (チョ・アン) は、失踪していたウニョンを捜していた。一方、ベテラン刑事ドシク(キム・サンホ)は転落死事件を担当していたが、捜査を進めるにつれ、この事件でもウニョンが容疑者として浮かび上がり、ジフン、イェリ、ドシク、ミノは共同で捜査することになる。
この事件をきっかけに、新たに難事件を専門に扱う特殊犯罪捜査班が創設され、この 4 人がメンバーとなる。



= = = = = =



結論から言うと、あまりオモシロくありませんでした。

本作は、ケーブル TV ドラマとしては現地で評判が高かったはずですが、現地の高評価はときどき大外れすることがあるので、国民性の違いなのかとも思ってしまいます。ケーブル局の刑事モノなら、個人的には 『神のクイズ』 の方がはるかにオモシロかったと思います。

ケーブル局のドラマは地上波でできないことにチャレンジしようとするところがあって、今度はどんなチャレンジがあるのかしらと期待していたのですが、このドラマの印象は、ただのスカした刑事ドラマというところでしょうか。

日本でもアメリカでも刑事モノはどこかで観たようなものが多いけれど、本作での各エピソードも驚くようなものはなくて。

双子のエピソードには映画 『トガニ』 のような設定があったり、殺人を見て見ぬふりをした人たち全員に復讐するエピソードは映画 『10 億』 の設定にもあったし、ラストのエピソードなんて未解決のまま、シーズン 2 に続く... ってどういうこと???

捜査チームのメインは 4 人。

チーム長のチュ・サンウク。カッコよく登場しましたが、ずっとスカしたままのポジションで、スカした割には初動捜査の推理をハズしていたり (笑)、まぁ、カッコいいから許しましょう。これまでにないチーム長としてのキャラクターを見せたかったようですが、いまひとつ消化不良でしっくりこないまま、中途半端な感じでした。何よりもこのシーズンでは明らかにされなかった彼の謎が、シーズン 2 で明らかになるようで、シーズン 2 を見ないとこのキャラクターは解明できそうにありません。

紅一点のチョ・アン。以前と顔変わったわよね...と思いつつ、セリフの棒読みにイライラ。紅一点であっても 「花」 になれない刑事は難しい役どころだと思うのですが、「花」 になりたかったようでその勘違いが残念でした。さらに、こういうシリアスなドラマでの棒読みはキツかったですね。

万年ヒラ刑事のキム・サンホ。彼にこういう役どころを演じさせたら右に出るものはいないでしょう。婚活にいそしむ姿も、勘の冴えた頼もしい刑事の姿もこなすのが上手いです。このドラマで唯一楽しめたのはキム・サンホでした。

新入りの刑事、チェ・ウシク。キム・サンホとのコンビ?は良かったですね。


シーズン 2 はどうしようかな? ラストエピソードが未解決なままでスッキリしていないので、そのうちまた DVD が出たらミルカモしれません。


tag: 韓国ドラマ

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。