スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『私の恋愛のすべて』 2 ~ 3 話 覚え書

SBS 水木ドラマ 『私の恋愛のすべて / 내 연애의 모든 것』、1 ケタ台の低視聴率とか。

ふーん。ということは、リアタイをキャッチアップして観ている人も少ないのかしらね。ワタシはシン・ハギュンびいきなので毎回笑い転げていますけど。

あらすじなんて書けるような才能も持ち合わせていないのですが、ちょっとあらすじちっくな覚え書。


Episode 2

病室から抜け出したスヨン、ミニョンに病院の階段で追いつめられ口論になるも、ミニョンが階段から落ちそうになり思わず引き寄せたら...こんなコトに。

allabout_ep01_12.png


慌てふためく 2 人。ミニョンがスヨンのシャツを掴んだせいでスヨンのシャツは全開。「こんな恰好で記者の前に立てとでも?」とスヨン。

allabout_ep02_01.png


すると、シャツの前がはだけたスヨンの姿をスマホでパシャパシャと撮影するミニョンは、「これは人権侵害で盗撮だ」 と騒ぐスヨンを前に、仮病を使ってバカなことをやめないとこの写真をネットにあげると脅す。



連れ立って外へ出て話をするスヨンとミニョン。

allabout_ep02_03.png


「さっき言えなかった悪口雑言を言っていいかしら。胸にしまっておくと化膿して体に悪いわ」とミニョン。
「いいや!!やめてくれ」 とスヨンが言い終らないうちに...

allabout_ep02_04.png


「やぁ、このウスノロ。あんたは私たちを出し抜くための目くらましでしょ。ぴんぴんしているのに病気だなんて国民をだましている詐欺師じゃない。恥という宇宙船に乗って、宇宙空間に突き飛ばされるぐらい、恥知らずもいいところ。一言でいうと、あんたはエイリアンよ。この国の民主主義を冒涜する犯罪者で、政治を汚しているのよ、あんたは」と言いたい放題のミニョン。「あー、すっきりした。反論する?」

唖然とするスヨンをよそに、「私を騙したことは許してあげるわ。さっき撮った写真も削除するわ。その代わり、策を弄したり、愛国者ぶるのもやめて、私に手を貸して」とミニョン。

すると、「君は政治の駆け引きしか考えていないだろう。だから、僕は政治が嫌いなんだよ。だから僕は政治を辞めるんだ」 とスヨン。

allabout_ep02_06.png


議員を辞職するつもりのスヨンに、選挙にかかった諸々の費用は国民負担なのだから返済しろと迫るミニョン。そして、スヨンに手を組まないかともちかける。緑の正義党は議席数が 2 つしかないので、どんな法案を提出しようにもあと 9 名の署名が必要なのだ。足りない署名をスヨンに集めさせようとするミニョン。

この国は、近年、自殺率も死亡率も高い。人々の苦痛を少しでも減らしてあげなきゃと熱弁をふるうミニョンに、スヨンも心が揺れる。

「私、行かなきゃ。続きは後でね。もし態度を変えたりしたら、わかってるわよね。あなたの裸の写真をネットにばらまくからね~」と去っていくミニョンに、「君は骨の髄まで政治家だ!!」 とスヨン。ミニョンに弱みを握られたトホホなスヨン。

allabout_ep02_09.png


その頃、ミニョンの事務所では、どんでもない情報(写真)が見つかった。入院中で欠席だったはずのスヨンの投票権が採決で勝手に行使されていた不正行為の証拠写真だ。この不正行為が本当ならば、通過した法案は無効になる可能性があると目論む緑の正義党。ミニョンは敵の弱みを今日は 2 つも握ったとご機嫌。

一方、スヨンは野党を出し抜こうとした日に自分だけ会議室にいたのは不自然で、意図的に自分が当て馬に使われたに違いないと考える。

スマホを確認するミニョン。「この写真はずっと保存して、泣かしてあげるわ... 運動をしていたくせに、大した体じゃないわね。シックスパックじゃなくワンパック」 と言いながら、ついつい写真を拡大して見たり。

allabout_ep02_11.png


翌朝、スヨンがミニョンを告訴したことになっていると秘書が飛び込んでくる。身に覚えのないスヨンは何のことやらさっぱり。

緑の正義党は、記者会見で不正行為を明らかにしようと会見場へ行くと、大韓国党が会見中。スヨンがミニョンを告訴したこと、スヨンが肉体的にも精神的にも苦痛を味わっていると主張。 次にミニョンが会見で例の情報の件を持ち出す。

「皆さんもご存じのとおり、この時間、キム・スヨン議員は私のせいでお気の毒に... 入院されていました。ところが、採決の出席リストにキム・スヨン議員の名前があります。これはどういうことでしょうかね。瞬間移動のパワーでもお持ちなのでしょうか。アメーバーみたいに細胞レベルで分裂したのでしょうか。あるいは、お釈迦様の手の平で遊ぶ孫悟空...」

と、代理投票が行われたのではないかと問いただし、法案の採決に不正があったことを明らかにし、憲法裁判所へこの法案の有効性を審議を要請すると。 大韓国党は大騒ぎに。

そして、自分が当て馬に使われたことを確認したスヨンは、議事堂に現れるとマスコミに囲まれる。代理投票については、ミニョンの記者会見を見るまでは知らなかったこと、真実を明らかにして問題があれば正すこと、自分は健康だということを述べ、党が嘘をついていたことを暗に示す。

allabout_ep02_12.png


そこへミニョン登場。「(昨夜の) 君の提案を受けるよ」 とミニョンの耳元でささやくスヨン。メディア向けには 「(ノ・ミニョン議員の消火器殴打事件を) 告訴するのではなく、赦すことにしましょう」 と。

allabout_ep02_13.png

allabout_ep02_14.png


アン記者は、ミニョンとスヨンが簡単に和解したのは何かあるはずだと。

支持者のアジュンマたちに囲まれるスヨン。

allabout_ep02_15.png


与党側の不正行為は認められたが、法案そのものの効力は変わりないという憲法裁判所の判断が下り、野党も与党と妥協しなければならない状況に... ミニョンは納得できない。与党も野党の協力をなんとかとりつけるために譲歩すると、ルームサロンでどんちゃん騒ぎの与党と野党の代表者たち。そこへミニョンとスヨンが呼ばれる。

愛国活動を行っているのだとのたまう酒乱の議員たちの醜態と、与野党の野合に怒りを抑えきれずグラスを投げつけるミニョン。

「愛国?その言葉を腐らせてるのが分からないの、あんたたち!!民主主義ですって?私が知っている民主主義は、こんなむさくるしいルームサロンで酒を飲みながら、日陰で行われるものじゃありません。太陽が差し込む日なたで堂々と... 国民すべてが心を合わせることですよ。こんなだから国民が政治や政治家に失望しているんじゃないですか」 と言い放って出ていくミニョン。

スヨンも 「あなた方の言う愛国主義に従う気はありません」 と呆れながらルームサロンを出ていく。

allabout_ep02_19.png



シン・ハギュンの面白顔、じゃない百面相... いや表情の豊かさを観るのがとにかく楽しみ~。イ・ミンジョンとの相性もいいし、やりとりの間というか呼吸も合っています。

この回では、2 人が病院を出て外で話をする場面が好き。スヨンは政治にほとほと愛想がついたという感じなんだけど、それでもミニョンは政治に夢を持っているという感じで、スヨンがミニョンのそういう真っ直ぐなところに惹かれていく過程がよくわかります。




Episode 3


ルームサロンを出た 2 人。ミニョンはスヨンと顔をあわせるエネルギーも残っていないという。

allabout_ep03_01.png


「あれだけ怒ったんだから当たり前だ。でも君は間違っていなかったよ。拍手してあげたいぐらいだ...少しは気が楽になったか?」 とスヨン。

ルームサロンでのことを後悔しているというミニョン。自分の党は弱小政党で、力もなく無党派と同じようなもので、野党第一党とつるまないと何もできない。巨岩と卵ぐらいの差があるのに、自分を抑えられなくて... と言うミニョンにデコピンするスヨン。

結局、ミニョンと呑みに行くことに。

allabout_ep03_03.png


「何で自分がこうしているのか... 無人島に取り残されたけれど、私のほかにもうひとりいた。それがあなたってこと」 とミニョン。
「同じことが僕にも言えるんですけどね」 とスヨン。

ボツボツと話をする 2 人。スヨンは、どうしてあちこちに火を付けまわるんだとミニョンに聞く。ミニョンはそれが自分の仕事で、よくやったらよくやったと言ってもらいたいけど、非難されるばかりで落ち込むと。

それなら辞めたらいいじゃないかと、スヨンにとっても政治は愚かな選択だったと。すると、新しいシステムを作るんだと訴えていたあなたの選挙運動を見たとミニョン。「あれは嘘だったの?」

allabout_ep03_06.png


そして... 突然泣き出すミニョン。「ええーーっ、君はそういうキャラだったの? 酒を飲んで泣くなんて最悪だぞ」 と慌てるスヨン。

「私、将来が不安なの。独身のままで年をとっていくなんて... 憐れすぎる」 と泣きじゃくるミニョン。ついでに、自分の苦手なものばかりをスヨンがオーダーしたと怒り出す始末。そして、「あなたの上半身裸の写真が私の手にある限り、あなたは私の奴隷よ... 」 と。

酔ったミニョンを自宅まで送り届けると、家の前でジュナ(ミニョンの補佐官)と姪のボリが待っていた。

ボリには、「叔母さんの敵」 だと言われ...

allabout_ep03_09.png


ジュナには、なぜミニョンと一緒にいたのか、これ以上ミニョンに近づくなと言われるスヨン。

allabout_ep03_10.png


ミニョンのことが頭から離れないスヨン。

allabout_ep03_12.png


翌朝... 「昨夜はごめんなさい」 とメールを打ったミニョンだが、アナログの謝罪でないと受け付けないとスヨンからの返信。ちょうどジョギング中だったスヨンは、ミニョンの家の前までやってきてミニョンを呼び出す。

「吐き気、頭痛、のどの渇き、恥、後悔が交錯する二日酔い。精神的にも肉体的にも苦しんでいるだろう?」

「確かに... 昨夜は失礼しました」と謝るミニョン。

allabout_ep03_13.png


一方、ネットでは昨夜のルームサロンでの出来事が記事になっていた。スヨンはアン記者を連れ出して非難するが... 逆に、アン記者にミニョンのことが好きなのではと疑われる。

記事のことでミニョンが心配なスヨン。ミニョンは、スヨンとアン記者の仲を誤解し、記事ネタをリークしたのはスヨンではないかと。スヨンはミニョンから疑われことに腹を立て、スネスネモード。

allabout_ep03_15.png


懲罰委員会で、消火器事件やルームサロン事件に関して正式に謝罪するようミニョンに要求される。いったんは謝罪の言葉は述べようとしたミニョンだったが、どうしても納得できず 「議員の皆さんに謝る気はありません」 と言って、またまた騒ぎになる。

ミニョンの堂々とした姿に心を動かされた様子のスヨンは、ミニョンの家の前でミニョンの帰宅を待つ。

allabout_ep03_18.png



ミニョンが気になって仕方ないスヨンがおかしい...。とぼけたり、すねたりと少年みたいなスヨン。他の議員と違って党利党略に走らないミニョンの気風の良さに惚れた? ラスト、全議員を敵に回したも同然のミニョンを待っていたスヨンに、ウルっとしたのは、ワタシだけ?

この回では、ミニョンの姪ボリとスヨンの会話が好き。いい大人がオマセな子供と、同等に、マジに言い争うところがスパイス効いています。

政治の話はシリアスに... 恋愛の話はコメディに... と交互に取り混ぜた展開でメリハリ効いていて面白いな~。






tag: 韓国ドラマ シン・ハギュン

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。