スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KBS ドラマスペシャル 『シリウス』 全 4 話 視聴完了

年が明けて、韓国ドラマを見る意欲を失いつつある中で、何かないかしらとふとKBS スペシャルドラマ 『시리우스 / シリウス』 を見てみたら、なんだかとても暗く重苦しいムードなのですが却って興味をそそられました。

sirius_opening.png


全 4 話という単幕劇ならば見られそう!!ということで視聴開始。これがアタリでした。プチノワールのような暗くて重苦しい雰囲気に惹きこまれていくことに快感を覚えるというか (笑)。

『シリウス』 は双子の兄弟の悲劇。スリルがあって、復讐劇のようでもあり、兄弟愛が心に沁みる作品です。

双子の話ならば、シリウスでなくて、ふたご座のポルックスとカストルでもよさそうなのに...なんて、天文学オンチのワタシ... 調べたら、シリウスは連星で、主星の光度があまりに強すぎて伴星の光が遮られているのだとか... なんと...

以下、ネタバレ満載。


= = = = = = = = = =

KBS ドラマスペシャル 『시리우스 / シリウス』
全 4 話 2013/01/06 ~ 01/27

演出: モ・ワニル
脚本: ウォン・リオ

出演:
ソ・ジュニョン → ト・ウンチャン、ト・シヌ (刑事課長) 2 役
リュ・スンス → コ・ソンミン (ルームサロン 「マオ」 の社長)
オム・ヒョンギョン → キム・アンナ (ルームサロンの従業員、シヌの恋人)
チョ・ウリ → ソリ (ウンチャンの恋人)
シン・ジョングン → イ・ヒョング(刑事課チーム長)
ペク・ウォンギル → パク・ジンテ (刑事課メンバー)
ヨン・ジェウク → ソン・ドンイル(ルームサロンの店員、ウンチャンの友人)
パク・ヒョンソク → 高校生時代 ト・ウンチャン、ト・シヌ 2 役

各話あらすじ 参照:
KBS 公式サイト

= = = = = = = = = =

■ Episode 1

司法試験に合格して警察の道を選んだエリート刑事課長ト・シヌ (ソ・ジュニョン)。父親ほど歳の離れた刑事を指揮して危険を顧みず麻薬捜査の現場を突っ走っている。普段から冷徹な性格だが麻薬捜査に対してだけは執拗に強い意志を持っている。今彼が追跡しているのは海洋ゴミを装った麻薬密輸勢力だ。その中心にいるのはルームサロン 「マオ」 の社長コ・ソンミン (リュ・スンス)。シヌは、コ・ソンミンが水産物加工メーカーを装い、凍らせた固体麻薬を流通させているという情報を得た。コ・ソンミンの工場を一毛打尽にしようとする日、確実な情報で包囲網を固めるウが... そこにシヌが絶対に会いたくない存在である自身の双子兄ウンチャン (ソ・ジュニョン) と偶然に会ってしまう。そして全てのものが歪んでいく。


学校でいじめられてばかりの弟シヌを助けようとしたウンチャンがいじめっ子をあやまって殺してしまい殺人犯になってしまうところからこの物語は始まります。

ティーンエージャーの双子ちゃんを演じているのはパク・ヒョンソク。この人、アイドルグループ ZE:A のメンバー。シワン君と同じグループなのですね~。なかなか雰囲気のある子で、イイ感じでした。

殺人を犯したウンチャンを溺愛する母親は、顔がうり二つのシヌに 「お前が牢に入れ」 と言うのよね。双子なのになんでこんなに母親の愛情の度合いが違うのか、ちょっとわからないまま進むのです。
(左: ウンチャン、右: シヌ)

sirius_ep1_13.png


この 2 人が成人すると... 殺人犯と刑事という立場になるのですから、皮肉ですね。

sirius_ep1_01.png


ウンチャン出所後... 亡くなった母親の遺灰を撒きに行く 2 人。ウンチャンは母親が死んだことさえ知らされていない。シヌとウンチャンの悲劇の発端は、母親にあるみたい。

sirius_ep1_05.png


シヌは麻薬商コ・ソンミンと対決姿勢。

sirius_ep1_08.png


ウンチャンは配達のアルバイトで生活。

sirius_ep1_09.png


シヌにはアンナ、ウンチャンにはソリという恋人がいて、それぞれの生活を送っていたのに...

sirius_ep1_10.png


コ社長を追っていたシヌが交通事故に巻き込まれるのだけど、なんとコ社長の狙いはウンチャンだった!?

sirius_ep1_12.png




■ Episode 2

麻薬商のコ社長は、シヌを人質としてとらえて、シヌの双子の兄ウンチャンを脅迫する。コ社長の要求は、シヌの身替りで警察に潜入し、自身が指定した人物を逮捕しろということ。ウンチャンはひとまず警察に出勤して刑事課長として振る舞うが、イ・チーム長は普段と違って親しみやすい彼の行動を見ておかしいと感じる。拉致されたシヌは自力で脱出を目論むが失敗、ウンチャンはコ社長の指示により 'チェ マダム' という人物を追うが...


2 話からは、もうどっちがウンチャンでどっちがシヌなのか、ぼんやり見ているとわからなくなるので、しっかり目を開けて見てましょう。

コ社長にシヌが拉致され、代わりに警察へ潜入したウンチャン。シヌとは違って親しみのあるウンチャン版シヌにとまどう部下のイ刑事。

sirius_ep2_04.png


一時はウンチャンもシヌ救出を試みたが失敗。ルームサロン 「マオ」 の従業員ドンイル役を演じているヨン・ジェウクってどこかで観たことがあると思ったら、映画 『カン・チョルジュン 公共の敵 2-1』 に出ていましたね。

sirius_ep2_06.png


シヌはコ社長のところで拘束されたまま。シヌはまさかウンチャンが自分になりすましているとは思いもよらない...

sirius_ep2_05.png


ナップンノムのコ社長を演じているリュ・スンス。じわじわと嫌らしく迫ってくる魅力があって、こういう嫌な奴を演じるとピカイチ。リュ・スンスはソ・ジュニョンも出演していた 『根の深い木』 で冒頭すぐに死んでしまう学士役で出ていましたね。

エメラルドシティならぬ、エメラルドルーム (笑)... 照明効果がなかなかイイのもこのドラマの特徴です。

sirius_ep2_09.png


自力で脱出したシヌ。シヌを助けたいばかりにコ社長の指示通りチェ・マダムと麻薬をコ社長に引き渡してしまったウンチャンを見て、シヌは怒りを爆発させウンチャンに銃を向ける!!! 実はシヌとウンチャンの母親は、麻薬中毒で死んでいて、シヌを麻薬一掃に駆り立てていたものはそこにあったわけで。ウンチャンはそんなこととはつゆ知らず...

sirius_ep2_11.png




■ Episode 3

ウンチャンがコ社長に麻薬を渡す場面を目撃したシヌは、怒りにまかせてウンチャンを指名手配する。逃亡者になったウンチャンはシヌに対する愛情を捨て去ろうと決心する。コ社長はウンチャンから手に入れた麻薬を日本人の麻薬商と取り引きしようとするが、シヌは決定的な現場を押さえるために妙案を出す。ウンチャンを装ってコ社長に接触するシヌ。「弟が自分を見捨てたから、あなたの組織に受け入れてほしい」 と願い出て今回の取り引きで麻薬運搬役になることを自ら要望する。すぐさま彼を受け入れるコ社長の内心はわからない。


シヌが自力で脱出してしまったことに怒りを露わにするコ・ソンミン@エメラルドルーム。

sirius_ep3_03.png


ウンチャンの恋人ソリはルームサロン 「マオ」 に勤めていて、シヌにコ社長の情報を流していた。この事実もコ社長の知るところになったことから、あの交通事故が起き、シヌと車に同乗していたソリは死んでしまった。ソリの遺灰を撒くウンチャンのところへやってきたシヌ。戻るべき場所に戻り、もう互いにかかわらず生きていくことになるのか... わかり合えない哀しい兄弟...

そして、実は母親は 2 人のうちウンチャンだけを手許におき、幼いシヌを 7 年間孤児院に預けていた過去があった。この過去は、まぎれもなく 2 人の間に決定的な溝を生んでいたことは容易に想像できますが、母親の罪は重いですよ。

sirius_ep3_06.png

sirius_ep3_07.png


コ社長、奪った麻薬の取引相手をチェ・マダムから聞き出す。

sirius_ep3_08.png


シヌは一計を案じる。ウンチャンになりすまして再びコ社長に近づき取引現場を抑えようとするが... コ社長が本当にひっかかるのか? コ社長を現行犯逮捕したシヌは現場にひとり残っていると、コ社長の部下たちに襲われる。

sirius_ep3_09.png




■ Episode 4

ウンチャンは双子の弟シヌを救うため、シヌの代わりにコ社長の部下に捕えられる。兄に対する憎悪が少しずつ揺れる中で、シヌはコ社長からある提案を受けるが...


襲われそうになったシヌの窮地を救ったのはウンチャンだった。シヌは、さっそくチェ・マダムから麻薬の取引相手と日時を聞き出すことに成功して、今度こそ麻薬取引を阻止しようとする。

sirius_ep4_01.png


部下に襲わせ捕えたはずのシヌがウンチャンだったことに気付くコ社長。そこでシヌに、麻薬かウンチャンかどちらかを選べと提案する。シヌは迷わず麻薬を選ぶ。

sirius_ep4_02.png


コ社長が取引した麻薬が相手に渡る前にくいとめたシヌ。怒り狂ったコ社長は、ウンチャンに麻薬を大量投与してショック状態にさせる。

sirius_ep4_05.png


朦朧とした意識のウンチャンに心で対話するシヌ。イマジネーションの中で、心が通じ合ったと思った瞬間、ウンチャンの心臓モニターが停止音に変わる...。

sirius_ep4_06.png

sirius_ep4_07.png


母ばかりでなくウンチャンも麻薬の犠牲になるのかとやりきれないシヌはコ社長の元へ行き、銃を構える。2 発の銃弾はコ社長の頬をかすめる。

sirius_ep4_09.png


部屋から出てきたコ社長、麻薬の取引相手に指示された(?) 自分の部下に刺殺されてしまう。悪党の退場は呆気なくていいわ。

sirius_ep4_10.png


兄ウンチャンの想いを知り、涙を流すシヌ。

sirius_ep4_11.png




■ Wrap-up

高校時代にいじめられっ子だったシヌを助けたウンチャンがあやまっていじめっ子を殺してしまったところから悲劇が起こるわけです。ウンチャンにしてみれば、シヌをかばっただけだったけれど。

しかし、幼い頃、母親は自分が産んだ双子のうちウンチャンだけを手許におき、シヌを孤児院に預けていたのでした。ウンチャンを溺愛し、シヌに向かって、「お前が牢に入れ」 とは酷いことを言うものです。そして、ウンチャンのいない寂しい日々を麻薬で紛らわし、身を滅ぼしてしまう...

シヌにしてみれば、自分は母親にとって不要な存在なのか、心の支えにもならないのか、麻薬よりも頼りない存在なのかと苦しむわけです。シヌの麻薬に対する恨み、シヌの麻薬への復讐を突き動かすものは、母親が起点になっているのです。そしてウンチャンも、自分が殺人犯になったことが母親を死に追いやったのだと知り、ウンチャンの苦痛の起点も母親です。

母親の愚かさが、2 人の子供の不幸へとはねかえる... この素材はいろいろなドラマでも扱われていますが、このドラマではかなりヒネリが効いていたと思います。

この兄弟は、互いの存在自体が互いを傷つける、まるで互いを鏡に映しているかのように、互いに相手に罪悪感を抱くことになる運命を背負ってしまったようです。ドラマの中で出てくる鏡は、上手い小道具だと思います。

いつものことながら、韓国の警察は基本的なところでチョンボをするところは 「またか」 という感じでしたが、そこは目をつぶって... (笑)。

1 人 2 役の双子を演じたソ・ジュニョン、ウンチャンが本来持っている 「陽」 の部分と、シヌが抱える 「陰」 の部分を丁寧に演じ分けて良かったと思います。ソ・ジュニョンは、今年下半期の期待作、東野圭吾原作「さまよう刃」の韓国リメイク映画で、なんとワタシの殿堂入りの彼チョン・ジェヨンと共演するというので、ますます楽しみです。

そして、このドラマに刺激を与えてくれたのは何と言ってもリュ・スンスでしょう。ほんとナップンノムなのよね。ワタシのお気に入りのリュ・スンスは 『GOOD・BAD・WIERD』 でソン・ガンホの弟分という役でしたが、この役もイイですね。そして、年の離れたシヌの部下というイ刑事役のシン・ジョングン、さすが見せてくれますね。ベテランの脇役 2 人が、若いソ・ジュニョンをしっかり支えていたのも見どころです。

ジャンルとしては、なんでしょう? 犯罪ドラマなのか、家族ドラマなのか、復讐劇なのか... 展開のテンポも緩急のメリハリがあって、暗く重苦しいムードに引き込まれつつ、わずか 4 話ながら見ごたえがありました。

この双子の兄弟が互いを傷つけあうことなく生きていけたらいいのに...と願わずにはいられませんでしたが、その願いは叶えてもらえたようなので、ああ、ヨカッタと最後にはホッとできる作品でした。





tag: 韓国ドラマ シリウス ソ・ジュニョン リュ・スンス

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。