スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Best Wishes for the New Year

wolfboy_web_03_01.png


コメント:

No title

こんにちは。もう今年も残りわずかですね。
まとめ記事、映画版とドラマ版、楽しく読ませていただきました。
思えば『優しい男』から、こちらに遊びに来るようになり、ドラマのほうもより楽しむことができました。

今年は私の中で韓国ドラマが復活した年でした。映画もドラマも、どれもこれも同じように見えてしまい、一時期情熱を失いつつあったのですが、NHKでやった『シークレットガーデン』にはまってしまい、再び見ることになりました。

『シークレットガーデン』から、同じ作家さんの『紳士の品格』はちょっとがっかりし、『優しい男』はかつてないほどヒートアップし、最後は『私の心が聞こえる?』と『赤道の男』でした。

後半見た3本は、ほんとうはそうではないのに、そうしたくないのに、そうならざるを得ない状況に追い込まれる、切ない悪役が出ていたことでしょうか。『優しい男』のマルとヌナ、『私の心が聞こえる?』のジュナ(マル)、『赤道の男』のジャンイル。彼らがどうやって最後に良心を取り戻すのかというのにとても興味があって、最後まで目が離せませんでした。

そうそう、最近読んだムンチェウォンさんのインタビューで、最後のマルは、7年間、記憶喪失のフリ(!!!!!)をしていたっていうふうにムンチェウォンさんがおっしゃっていて、え~、そんな解釈もあったのかって、結構驚いたのですが、、、。っていうとヌナが罪を償って出てくるまでは自分のなかでケジメをつけていたってことなんでしょうか(!?)

ともあれ、今年はまた韓国ドラマを再発見した年でした。私も映画は好きで、韓国映画も以前ほどではないですがたまにみます。こちらのブログでいろんな映画を知ることができたので、来年は映画もいろいろ見てみようかと思っています。

それではよい新年をお迎えください!またよろしくお願いします。

Re: No title

そなたさん、コメントをありがとうございます。
拙宅の言いたい放題記事にいつもお付き合いいただき、嬉しく思います。

>一時期情熱を失いつつあったのですが
ワタシも数年前に一時、体の 9 割ほど韓流の沼からは足抜けしていたことがありましたが、『善徳女王』で復帰した経緯があります(笑)。どれもこれも同じように見えてくるという感じ、よくわかります。今は少しだけ映画の方がそう見えています。ワタシの韓国映画の感想記事は毒を吐いていることが多いので、流してくださいね v-392

>『優しい男』のマルとヌナ
>『私の心が聞こえる?』のジュナ(マル)
>『赤道の男』のジャンイル
ワタシもこの 4 人のキャラクターには吸い込まれたのでお気に入りです。彼らは心の内をなかなか見せてくれませんが、罪悪感や良心や野心と葛藤する姿は見ごたえがありましたね。

>最後のマルは、7年間、記憶喪失のフリ(!!!!!)
えええーっ (面喰っております v-405)。衝撃の情報をありがとうございます。ラストであの指輪をウンギ渡していたし、過去に出会った人々の記憶だけがないなんて都合のいい記憶喪失だとも思ったのですが、やはり記憶はあったのですね。演じておられたチェウォン嬢が語っているとあらば間違いないのでしょう...
そなたさんが仰るとおり、ジェヒヌナのカタがつくまで待ったということなのでしょうね。そもそもマルが罪を被ったことから全てが始まったのですから、マルもなかなか踏ん切りがつかなかったということなのかしら。でも道端に倒れる前には 「明日会おう」 とウンギに言ってましたよね、マル... 明日会おうと言っておいて、その後 7 年間記憶喪失のフリってウンギがちょっと気の毒。もうこのチャッカンナムジャ、最後の最後まで本性がわからな~い(笑)。ワタシたちマルに振り回され続けてきましたが、それが快感だったような気がします v-290

そなたさんも佳き新年をお迎えください。来年もまた語り合えることを楽しみにしています v-457

お世話になりました♪

lotusさん、今年も本当にお世話になりました。

私が思いもつかなかった視点から、ドラマを分析してくださるのが、いつも、斬新で勉強になります。
思い起こせば、私がブログ書きたいわ~と思うようになったきっかけも、lotusさんのブログを読んでからでした(笑)←いまさらカミングアウトしてるよv-10
少しでも、lotusさんのような、冷静かつ品格の漂う文章に、ご贔屓さんへのほとばしる愛情を感じられるブログにしたいと思いつつ・・・まだまだヒヨッコだわ。

こうやってドラマのことを語りあえるのも本当に楽しかったです。
韓ドラだけではなく、映画や、舞台など、色んな部分で共感したり、刺激をうける事の出来るこのブログを来年も楽しみにしております~♪

来年もよろしくお願いします~^^。

追記・「優しい男」視聴したのですが、妙に心に引っかかるドラマになりました。視聴中は冷静だったのに、視聴後、無性に狂おしくなってしまって…こんな経験ハジメテです(笑) これが魔性ってことでしょうか。
全てを語りすぎるドラマが多い中、妙に余白が多くて(謎が多くて、伏線がほったらかし…とも言う・笑)、その余白を埋めようと考えるうちに、私も身をよじるようになってしまったみたいです。
このまま、身をよじりながら年を越しそうです。
さすがlotusさんのlovely君。
ふっと気づきましたが、殿堂入りの彼よりもlovely君の方が、記事数が多いのね(笑)

Re: お世話になりました♪

yuca さん、いつもコメントありがとうございます。こちらこそお世話になりました。

>いつも、斬新で勉強になります。
またまた... もう穴があったら入りたいです v-408
というより yuca さんの方こそ、ほとばしる想いのたけを流れるように書き綴っておられ、どうやったらあんなに書けるんだろうと感心しています。褒めていただいて恐縮ですが、『優しい男』ではワタシはせいぜいカン・マル LOVE v-344 とシンプルメッセージしか叫んでおりません (爆)。

> 全てを語りすぎるドラマが多い中、妙に余白が多くて
それはとっても好意的な解釈ですね。yuca さんがマルの手を離さないでいてくれたので嬉しく思いました。あの男には、ああでもないこうでもないと振り回されましたが、答えが見つからないままというか、咀嚼しきらないままいまだにモゴモゴ v-376 しているような感じです。

>このまま、身をよじりながら年を越しそうです。
ワタシが 2 か月半も身をよじったのに。yuca さん 10 日ほどで完走されました?もっと身をよじってください(笑)。yuca さんの視聴ペースがあまりに早くてまだ記事に追いつけておらず、おまけにマル Love なままで訳の分からないコメントをしそうなので、お正月にゆっくり読ませていただきます。

>殿堂入りの彼よりもlovely君の方が、記事数が多いのね
だって殿堂入りの彼は出演映画が公開するときだけ、1 年に 1 度、多くて 2 度ぐらいしかメディアに露出してくれないので、いつも消息不明なんですよ。実はファンのワタシもビックリしたぐらい生の彼はカッコいいんですけどね。

ともあれ、こちらこそ来年も懲りずによろしくお願いします v-421

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。