スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界のどこにもいない 優しい男』 17 話 覚え書

「記憶」 というものは、確かなものなのか、それとも不確かなものなのか... 失った記憶が戻ってきても、やはり記憶に振り回される... 『世界のどこにもいない 優しい男』 第 17 話。


今日の小ネタは...今となっては懐かしい第 6 話で出てきたお酒の話。
バーテンダーのマルにジェヒヌナが注文する 「アブサン (アブサント)」。

absente_01


アブサン (absinthe) は、ニガヨモギを主原料とした薬草系リキュールで、精神錯乱・幻覚作用があるため一時は製造販売が禁止されていたこともあったのだそう。

ジェヒヌナがゴッホについて触れていましたが、ゴッホはアブサン中毒だったそうです。

原料のニガヨモギの英名は worm wood。その名の由来は、エデンの園から追放された蛇の這った後にニガヨモギが生息したという言い伝え。そして、ニガヨモギの花言葉は、冗談・からかい・平和・離別と恋の悲しみ・不在・苛酷だそうで、このシーンにおける小道具として何とも意味深で、ドラマのトーンがこんなところにも隠されていたのだなと。

さてさて、巻き戻しをしている場合ではなく...


(注:あらすじを書いているわけではありません。個人的な萌えポイントの覚書ですが、ネタバレが苦手な方はスルーしてください。)




◆ Episode 17 ◆


Good morning !!
朝、起きたらマルが台所に立っているなんて... 夢に出てきそう (笑)。

innocent_ep17_02


誰ひとり顔見知りのいない所で、南極でも北極でもアフリカでも、そこで 2 人きりで暮らそうかと言うマル。

innocent_ep17_03




記憶が戻ったことを自分の秘書にだけ伝え、記憶喪失のふりを続けるウンギ。ウンギの部屋で、破り捨てられているウンギの走り書きを発見したマルは、直感でウンギの記憶が戻っていることを悟る。マルってホント賢い!!

innocent_ep17_06


「カン・マルは、世界のどこにもいない優しい男だ」
なるほど~~、これが例のハングル団体からいちゃんもんをつけられたドラマタイトルの所以だったのですね。「チャッカンナムジャ」 の綴りが、「차칸남자」 と誤記されているわけです。記憶喪失のウンギがまだハングルをきちんと書けなかった頃のものということですね。


ウンギがトラワッタ。


結婚式の招待状ができたとはしゃぐ振りをするウンギからの電話で、ウンギが自分を欺こうとしていること、自分を信じていないこと、自分を許さないということを確信するマル。バックショット萌え

innocent_ep17_08




ウンギのジェヒヌナへのプチ逆襲 (笑)。母親として結婚式の準備を手伝ってほしいと、一緒にウェディングドレスの試着室へ。

innocent_ep17_12


「ウンギの進む道がどんな道なのか知る由もなく... ただ、その道を行くウンギの側にいること、もっとも、側に寄り添うことができるのかさえわからないけれど」 とマル。

innocent_ep17_11




「何で私があんたたちのウェディングドレスの試着に付き合わなきゃならないの? あんたのアイデア?」 と嫉妬に狂うジェヒヌナに手を握られたままのマル

innocent_ep17_15
innocent_ep17_16
innocent_ep17_14



ジェギルとチョコも食事に誘ったというウンギに驚くマルとジェヒ。ジェギルとチョコもジェヒがいるのでびっくり。ウンギはみんなの反応を楽しんでいるかのよう... そんなウンギを見つめるマルに萌え  

innocent_ep17_18


ジェギルとチョコのことをどうして知っているのかというウンギの追及を、なんとかやり過ごそうとするジェヒを見つめるマルにも萌え  

innocent_ep17_19




ウンギがトラワッタ... 憂いのドライバーマルに萌え 

innocent_ep17_21


「今のウンギは僕の知っている以前のウンギじゃない。何を思い出して、何を忘れたのか、何を手放して、何を手にしたのか。それでもウンギを待っている...」

モノローグのマルの声がとても低音で... 捨て身覚悟のマルにちょっと涙...



用意した結婚指輪を見つめるマル

innocent_ep17_22


不要なら、ワタシがいただきますけど ...(笑)



「幸せ?」 とウンギに訊かれ、「うん」 と答えるマル。「私も」 とウンギ。抱き合いながら、互いの言葉が信じられずに 「嘘つき」 と心の中で思っているなんて、哀しすぎます。マルは嘘ついてないんだけどね...

innocent_ep17_23




この 2 人って何気に、オソロな色で衣装を揃えているのよね。

マルの未来を奪ったことを謝るジェヒに、「僕は会長を消すつもりですけど。ウンギの記憶が戻ったら、邪魔だてするものはすべて潰すつもり...」 とマル。

innocent_ep17_25


これって、ヌナを引きずり降ろすと言ってた宣戦布告のシーンを思い出すのですけど...



さて、結婚式当日。
全員準備万端なのに... 新郎の姿がどこにも見当たらず...

innocent_ep17_26




ひとりドライブへ... というわけではないけれど、車の CF みたいな秋の景色に映えるマルに萌え
 
innocent_ep17_28
innocent_ep17_30




その頃、テサングループ会長ハン・ジェヒと義娘の婚約者は内縁関係にあるというニュースがマスコミをかけめぐることに。

innocent_ep17_29


遅まきながら現れた新郎、ウンギを連れ出し、「記憶を取り戻したこと、わかってるんだ」 と。

innocent_ep17_32


あのスキャンダルニュースを流したのはウンギの仕業だとわかっている様子のマル。三角関係の暴露で致命的な傷が負うのはジェヒヌナだけど、ヌナはどこかでホッとしているような感じもありました。




ウンギがあんな暴挙に出なくとも、マルは自分の手でヌナを引きずり降ろして、ウンギを元に戻せたのにと思ったに違いなく。だから最後、ちょっと怒っていたのかしらん。

誤解や葛藤といった揺れの部分を計算に入れず、 自分の記憶だけを、自分だけを信じて行動しているように見えてしまうウンギ。

それとも、マルのためにジェヒに復讐したつもりなのかしら? それで気分爽快?

記憶が戻ったからと言って、そんなに急に気持ちを切り替えられたりするものでしょうか...。短期間でも、同じ屋根の下で一緒に暮らした時間、その間に育まれた情、マルがウンギをどれだけ大切にしてきたかという過程、そういうものが何もかもすっかり飛んじゃうものなのでしょうかね。

たしかにウンギを利用しようとしたマルも悪かったけど、マルに堕ちた自分にだって責任あるなと考えないのかなとか。決してウンギに対してアンチというわけではありませんよ。

このドラマを通じて、未だにウンギが理解できずもがいているワタシ。このまま終わるのでしょうか... いやーん。






tag: 韓国ドラマ ソン・ジュンギ 優しい男

コメント:

理解に苦しみますよね…>_<…

ウンギ行動意味不明。

マル何がしたいのかわからない。

ヌナないもの知らず。

チョコとウンソクだけが救い←可愛いから


どうなるんでしょうか…>_<…次回予告では、カンマルを離してあげる、逃げて何処かへいけばいいわ…とかウンギ言ってましたけど。口調は天使、性格は冷徹ウンギ。もう理解に苦しみます…あの記事はウンギ?マルがリーク?とにかく次回以降のヌナへの社会的制裁が目に見えて…ああ、もう。


あと二話ですが。




Re: 理解に苦しみますよね…>_<…

祭さん、いつもコメントありがとうございます。

わかりやすいというのもツマラナイし、理解できないとこちらはもがき苦しむし、そうして振り回されることも面白味のひとつだと自分を慰めています (笑)。

ウンギの記憶が全て戻っているわけではないということにマルは気付いていたから、結婚式に来なかったのでしょうかね?

全ての記憶が戻っていないにもかかわらず、戻ってきた記憶だけを信じて、マルに刃を向けるウンギが理解できないとでもいいますか。

そもそもマルに落ちたのもあっという間で狂おしさはちっとも感じられなかったし、何事にも突発的で直球型な行動が多くて理解しずらいという... そういうキャラなので仕方ないのかな。

ウンギの記憶を取り戻すためにしてきたマルの献身を、ウンギがどう解釈しているのかとても気になりますが。

ヌナは手にしたものを自ら手放すことができないみたいだけど、あとはもう堕ちていくしかないということも悟っているのではないでしょうかね。あの家をなぜ買ったのかしらん? 

このドラマのトーンにハッピーエンディングなんて全く不釣り合いですから、そういうのは期待していませんが、ラストに一体どんな反転があるのか...。

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。