スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界のどこにもいない 優しい男』 15 話 覚え書

モヤモヤとイライラが積もったところでミナイという選択肢はどのみちなく、それも次ステージへの布石なのだということを悟った 『世界のどこにもいない 優しい男』 第 15 話。


本日の小ネタは... カンペな兄さんジェシク役のヤン・イクチュン。

ヤンキー座りのサンフン (『息もできない』) が成長したら、ブレザーをこざっぱり着こなしちゃうジェシクに。でも F ワードの連発は健在!(笑)

breathless_posterK


ワタシの自慢は、2008 年プサン国際映画祭で 『息もできない』 (監督・主演: ヤン・イクチュン) のワールドプレミアムを観たことです。でも実はあの時、早朝から並んだにもかかわらずお目当てのチケットが取れず、第 4 希望ぐらいで取れたチケットでした。原題は邦題のオシャレなタイトルからほど遠い 『糞バエ』 ですよ。プサンまでやって来て 『糞バエ』 なんて、ついてないなと思ったのですが... ついてないどころか、後日世界中のインディー映画祭を席巻することになる大当たりだったのでした。

そんなわけで、ヤン・イクチュンは忘れらない監督です。



(注:あらすじを書いているわけではありません。個人的な萌えポイントの覚書ですが、ネタバレが苦手な方はスルーしてください。)


◆ Episode 15 ◆


マルの差し金で、ジェヒヌナを脅迫しにやって来たジェシク。窮地に陥ったジェヒヌナはウンギを共同経営者の座に据えざるを得なくなってしまう。

ジェヒは、「オッパを使うなんて。カン・マルのやり方じゃないわ」 とマルを責める。
そうだよね~。昔、あのカンペなオッパからジェヒを守ったマルだったのに...
マルは、「ウンギを元に戻すためなら、どんな怖ろしいこともすると言ったはず」 と。

ジェヒヌナに対して徹底的に冷酷なマルに萌え

innocent_ep15_01_1
innocent_ep15_07


「降参したら... すべて投げ出したら私のところに来てくれるの? 取り引きをするならあんたのすべてを賭けて。私にとっての最高のディールはカン・マルだから」 とジェヒ。

ヌナが弱気になったのかと一瞬思ったのだけど、いやいや、ヌナはマルも含めてすべてを手に入れたいのよね。ああ、なんて欲張りなの...

「そう望むのなら行けないことはないけれど... こんな抜け殻(?)でどうするのか」 とマル

innocent_ep15_05
innocent_ep15_06


抜け殻でもいいです (笑)。


まだ、ウンギの記憶をたどる旅は続いていて、さっさと記憶を戻してくれとだんだんマルも焦ってきた様子。ウンギの記憶が戻ってほしくないはずのマルだってイラついているのだから、こっちはもっとイラついています (笑)。

でも、どこまでも優しいんだよね... マルって

innocent_ep15_08
innocent_ep15_09
innocent_ep15_10



なんと、ヌナったら、マルとの思い出の家を買って、そこで息抜きしていたのね。
そして、カンペな兄さんがまたまた何かやらかしそうな予感。わくわく... いや、不穏な空気が...。

innocent_ep15_11



そこへまたもや事件が... ウンギに横領の汚名をかけたキム理事に直談判に行ったマルだったが、そのキム理事が何者かに暴行される。その暴行の嫌疑がマルにかかることに。これはアン弁が仕組んだことでヌナは知らなかったのよね~。

innocent_ep15_15



ヌナの執務室に潜入していたマル。ヌナはコトの顛末を知らないわけなのだけど...
「됐고(もういいっ)!!」 と言うマルに萌え

innocent_ep15_16


予告編を見たときから、萌えポイント確定していました(笑)。もうどんなヌナの言葉にも耳を貸さない、揺れることはないのでしょうね。ああ、キツイな~。

innocent_ep15_17


ともかく、ウンギの汚名を晴らせとヌナに迫るマルに萌え  

innocent_ep15_18
innocent_ep15_19


こんな魔性の迫り方だと、ヌナじゃなくてもへなへなしてしまいます。


結局、警察に連行されてしまったマル。ウンギはそんなにテサンが欲しいなら 「持ってけドロボー」 とジェヒに言い放つ。テサンよりマルの方が大事だと。

innocent_ep15_21


以前のウンギならそんなことは言わない、いや言えなかったでしょうね。会長が生きている時は女であることを捨てていたから...


ヌナが手を回して警察から解放されたマル。

innocent_ep15_22


アメリカ留学時代の元彼の登場で少し記憶が戻ったウンギ。キスなんてしたことなかったと言っていたマルに 「嘘つき」 と。でもマルはこれが初めてのキスだと。
何も警察の前でしなくても...

innocent_ep15_24


があ~~ん。見てたのね~~。キツイな~。

innocent_ep15_23


この先、ヌナが暴走しないことを祈るわ~。




リアルタイムでのドラマ鑑賞の醍醐味は、何が出てくるかわからないから、ああでもない、こうでもないと、モヤモヤとイライラ込みで思いを巡らすことなんだと、最近ようやく悟りました。

ヌナに向けられたマルの刃はますます鋭くなっていくので、その刃がマルに突き刺さって返ってくるのではないかと心配になる展開でした。

「テサンよりマルが大事。そのためならテサンを手放す」 と言ったウンギに驚愕するジェヒヌナ... ヌナがマルからもらった愛はそういうものだったでしょう? すべてをヌナのために捨てたマルのことをヌナが一番わかっているはずなのに、実はわかっていなかったの? ヌナは愛されることは知っていても、愛することを知らなかったのでしょうかね。

今になってマルの心を得ようとしても無理。唯一の道は、7 年前に被ったヌナの罪を決して問わないマルに対して、ヌナが自ら償ってマルの無実を立証してあげることしかないように思えます。

マルとヌナの思惑だけでなく周囲の思惑も軋み始めてきました。アン弁やパク弁の思惑は、自分で手をくださない分、どこか怖ろしく感じられます。




tag: 韓国ドラマ ソン・ジュンギ 優しい男

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【『世界のどこにもいな】

モヤモヤとイライラが積もったところでミナイという選択肢はどのみちなく、それも次ステージへの布石なの

コメント:

いまやジェシクが箸休めです…笑

だんだんウンギの記憶が戻り、次回のウンギの目は怖かったヽ(´o`;弘前でのマルとおんなじ態勢で同じ目をしてましたよね…マルに自分がされたことを同じように復讐とか思わなきゃいいんですが。パク弁、責任持って止めてくれって感じです。←


ヌナは本当に可哀想。ある意味、周りが見えなさすぎて、失い続ける。アン弁やマル…抜け出すチャンスはいくらでもあったのに。このままだと、ヌナとアン弁は面会室で涙の改心落ちな気がしてきましたよーヽ(´o`;

延長論争がありますが、どうなりますかねぇ…

Re: いまやジェシクが箸休めです…笑

マルさん、はじめまして?でしょうか。
コメントありがとうございます。

>次回のウンギの目は怖かった
確かに弘前城でのマルの目と同じような感じでしたね。ウンギのマルへの復讐ですか... その線もありかもしれませんが、さんざんこれまで世話になっているのに、それじゃヌナ以上に悪女になってしまうような(笑)。

>ヌナとアン弁は面会室で涙の改心落ち
あはは。必ずしも「悪」が懲らしめられるというわけでもないのがこの世の定めですから、したたかにサバイバルするのかもしれません。ただしヌナは相当揺れていますね。本気でマルを取り戻したいのかどうかということにかかっているかもしれません。

>延長論争
どうなったのでしょうかね。個人的にはこのまま20話でキッチリまとめてくれていいのですが。
ジェシクがアン弁と何をたくらんだのかも気になりますね~。



すみません…

上のハンドルネーム間違えましたヽ(´o`;笑

Re: すみません… ← いえいえ

祭さん、わざわざどうも~。
祭さんじゃじゃないかしらんと思ったのですが...
マルになりきってコメントしていただいても良かったのに~♪

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。