スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界のどこにもいない 優しい男』 11 話 覚え書

後半劇の幕開けとなった 『世界のどこにもいない 優しい男』 第 11 話。

今回、初めてドラマにイライラしたワタシ。こりゃ視聴率も下降するんじゃないの...と余計な心配をしつつ、冷静に見てしまったのですが...

ラストでは、すっかり目が覚めました。 パチクリ。


behind_still_01


撮影現場でも人気者のヤン・イクチュン監督。今や、世界のインディー映画界でその名を知らぬ者はいない監督ですからねぇ。


(注:あらすじを書いているわけではありません。個人的な萌えポイントの覚書ですが、ネタバレが苦手な方はスルーしてください。)




◆ Episode 11 ◆


ウンギを拉致したジェシクに追いついたマル  きゃっ。

innocent_ep11_01



ジェシク捕り物帳。誰が命じたんだと激しく怒るマル。

innocent_ep11_03


事情を分かっていないウンギに、マルは 「知らない人間にノコノコついていくんじゃないっ!!」 と声を荒げてしまう。

innocent_ep11_04


「私のことがそんなに嫌いなの?... 私を嫌っている人に会いに行った私が悪かったわ... あんたみたいな人にすがる憐れな女だとわかっているけど... これ以上、みじめにしないで」 と、ポイントがずれているウンギにまずイライラのワタシ。

あんたね~、マルがどんだけ心配してやって来たことか。イラっ。

記憶喪失のウンギを何もわからない無垢な少女のような存在設定にしているのでこういう展開なるのは仕方ないんだけど、そんなウンギに心を痛めてモヤモヤしているマルに、さらにイラっ。だけど萌え

innocent_ep11_05



賭場で大負けしたジェシク。「ウンギは始末したから、金を送れ」 とジェヒに嘘のメールをするが、そこへ警察が踏み込んでくる。ジェヒに謀られたジェシク、ピーンチ!!  

innocent_ep11_08



命からがらやってきたジェシクを吊し上げるマルに萌え

innocent_ep11_09


ジェヒに頼まれてやったんだとマルに告げるジェシク。ウンギの危険を察してウンギの隠れ家へ駆けつけるマル。ああ、もう...なんで。


ウンギの秘書にウンギを逃がしてくれるように頼まれ、ウンギを連れ出そうとするマル。

innocent_ep11_13


ウンギが読んでいたイソップ童話。「羊飼いの少年と狼」 って 「オオカミ少年」。嘘つきの方だけど...。絶対に意図的な演出だと思います (笑)。

innocent_ep11_12



「知らない人にはついていかないもん」 と、この前のことを根に持って駄々をこねる (=心を開かない) ウンギにイライラするマルの肩甲骨に萌え

innocent_ep11_14
innocent_ep11_29


そのイライラ、わかるわ~~~。この緊急時でも頑固なウンギに超イライラのワタシ。事故後だって性格はちっとも変わってないじゃないっ!!

それでも、2 人の出会いを話し始めちゃう交渉人マルに萌え  

innocent_ep11_16



無事にウンギを連れ出し自分の家にかくまうが、この家はジェシクもジェヒも知っているから危ないと引っ越すことに。

「これまで引っ越そうと言っても聞かなかったのに、こんな突然に引っ越すなんて」 というジェギルに、「戻ってきたじゃないか、ソ・ウンギが」 とマル。「今までソ・ウンギさんが戻ってくるのを待っていたのか?... あれだけ待ったジェヒヌナは戻ってこなかったもんな」 とジェギル。

innocent_ep11_20
innocent_ep11_21


「ジェヒヌナ」 というところで、手を止めてしまうマルに萌え


ウンギを擁護するパク弁護士から、ウンギが最終的な目的地にたどりつけるように助けてほしいという依頼を受けるマル

それはすなわち、ジェヒヌナを引きずり下ろすってことだけど、できるのか...。

innocent_ep11_22
innocent_ep11_23




マルの家にやってくるジェヒヌナ。中はもぬけの殻。自分を待ってくれていたマルもいないし、自分が戻れる家もない...ということを今さら知ったジェヒヌナ。遅すぎるよ...

innocent_ep11_24



そして... ウンギの理事解任案も通過し、いよいよジェヒがテサングループの会長に就任。その就任式の最中、失踪しているはずのウンギが現れて一同騒然。

しかも、婚約者だというこの人を連れて...

innocent_ep11_28


ピッカピッカの一年生、いや新入社員か? 
お肌すべすべ、つるつる... とか言っている場合ではなく...

こ、こ、こ、こ、婚約者ですとぉぉ。聞いてないよ... と驚愕のジェヒヌナ。

innocent_ep11_27


ヌグ マウムデロぉぉ...





案の定、下降線をたどっていた視聴率。ドラマの前半、視聴率がぐんぐん伸びたのは、マルがジェヒに近づいて復讐しようとしてもしきれない姿が切なかったから...。

マルがジェヒから遠ざかるにつれて下降する視聴率。視聴者が見たいのはマルとジェヒの愛憎劇なんじゃないでしょうかね? マルとウンギのハッピーサランヘヨ~には興味ないっていうか。しかも、記憶喪失の女なんてリアリティなさすぎ...と。

そんなことを思っているのはワタシだけか...

ウンギの全身でぶつかってくる愛をマルが受け止めているというのが、現状解釈として正しいみたいですね。ジェヒヌナを引きずりおろすことに手を貸すことになったマルだけど... もうマルは揺れたりしないということよね。ああ複雑...。

そういえば、事故でダメージを受けた脳の手術の話はどうなったのでしょうか。放置したまま手遅れなんてことにならないようにお願いしますよ。 

この続きは、結局のところ、ウンギがいつ記憶を取り戻すかというところに収束していくのでしょうね。とりあえず、再び、マルがジェヒへの復讐に燃えるのであれば、それでワタシはいいですけどね。




tag: 韓国ドラマ ソン・ジュンギ 優しい男

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。