スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17th BIFF 私的レポート

今年もプサン国際映画祭 (BIFF)を満喫していきました。今年で 7 年連続の参加。

今年はほとんど映画館に籠もっていたので、どんなイベントがあったのやら... あんな人、こんな人が来てたのね~と、現地入りしてたくせに帰国してから現地の様子を記事で確認することになってしまうという...(笑)。

親しくさせていただいている友人たちと映画を語り合ったり、ときどき拝読しているブログの管理人さんとお会いすることができたり、何年か前にお会いしましたね~という方と再会したり、プサンに住む韓国人の友人と一緒に映画を鑑賞したりと、楽しい時間がたくさんありました。


雲ひとつない真っ青な秋空に映える映画の殿堂 

biff2012_07



海雲台の浜辺 ホテルの窓から...

biff2012_08



恒例の紙もの...
何が重たいって、InStyle が配布していた 「100 Star Craft」 という写真集。100人のスターたちをモデルにした素敵な写真が収録されていることは確かなのですが、何せ重い... しかーし、ソンジュンギ君を発見したのでお持ち帰り。

『オオカミ少年』 のノベルティ オオカミ少年ノート。今回見た作品の感想を書き留めておきました。

biff2012_12



来年も... 行く気満々です。



◆ Opening ◆

biff2012_01


幸い開幕式のチケットも取ることができたのですが、何しろ、着いた時間が遅くて、(会場内の) レッドカーペットは半分ぐらいしか見られませんでしたね。

ワタシが見た人たちだけですが、ステキだった人たち...

パク・ハソン。もう女神様かと思うぐらい眩しいのにナチュラル。

ハン・ガイン。『太陽抱月』ではさんざん叩かれ気の毒だったけれど、『赤と黒』とか『建築学概論』では好演していたのでワタシは割と好きなんですが、顔が小さくてカワイイなんてもんじゃありませんでした。

イ・ヨニ。背が高くて、とてもナチュラル。

新婚ほやほやのユ・ジテとキム・ヒョジン。とってもお似合いなカップル。

ワタシにしてはめずらしく、男優さんたちにはトキメキゼロでした (笑)。



◆ Screening ◆

アジアにおける映画祭としての存在感がますます大きくなってきた BIFF。上映本数も 300 本を超えますが、さすがにタイトなスケジュールで上映しているせいか、きちんとスクリーニングチェックしていないものもあるようですね。

今年は、私が鑑賞したものだけで上映トラブルが 3 度ありました。英語字幕がスクリーンの枠に入っておらず途中で調整したり、サウンドトラブルがあったり、途中で上映がブチッと途切れてしまったりと。

今回のワタシの滞在期間では最大 17 枠見られる計算だったのですが、結局、16 枠を映画祭上映で見て、1 枠分だけ一般劇場で見ました。

欧米系映画 9 本
アジア映画 1 本
韓国映画 6 本 + 一般 1 本

欧米系映画は、スケジュールを組んだ時から自信があったのですが (笑)、ハズレなしで大満足です。もちろんワタシの知識不足で理解が追いついてないものもあるのですが。

アジア映画は開幕作の 『Cold War / 寒戦 』。まあまあ。

韓国映画で見た作品は、『火車 / Helpless』、『タッチ / Touch』、『メロ / Melo』、『泥棒たち / The Thieves』、『南営洞 1985 / National Security』、『私が告白したら... / The Winter of the Year was Warm』。『火車 / Helpless』 と 『タッチ / Touch』 が気に入っています。ほかの作品にもそれぞれ魅力はありますが。一般劇場で見た 『光海、王になった男』、今回唯一のワタシのミスチョイスでした。

肝心の映画の感想は、映画録ブログの方で少しずつまとめようと思います。


『火車』 Q&A
チョ・ソンハ、ビョン・ヨンジュ監督

biff2012_04



『メロ』 Q&A
キム・ヘナ、イ・ロイ監督、イ・ソンホ

biff2012_09



『南営洞 1985』 Q&A
チョン・ジヨン監督、パク・ウォンサン、ミョン・ゲナム

biff2012_11



『泥棒たち』 舞台挨拶 
チェ・ドンフン監督、チョン・ジヒョン、キム・ユンソク、キム・ヘスク、サイモン・ヤム、デレク・ツァン

biff2012_10




◆ Extras ◆

海雲台ビーチで行われたチュ・ジフンの野外コンサート。そういうコンサートがあるということは知っていましたが、開催日時も知らず、偶然通りかかってのぞいたら... けっこう楽しめました。

biff2012_05
biff2012_06


ゲストにチェ・ガンヒが登場し、チュ・ジフンとデュエットしたりとサービス。こういうイベントが無料というところがスゴイ。日本だったら韓流商売で 1 万円ぐらい取られそう...



『オオカミ少年』 の PR ブース

biff2012_02
biff2012_03





tag: 映画祭

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。