スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の映画祭シーズン♪

今年も秋の映画祭シーズンへ突入。

プサン国際映画祭のチケット争奪戦も、開幕式を含めて 17 戦 14 勝。まあまあの成績でしょうか (笑)。

4 日開幕のプサン。ソン・ジュンギ君の 「オオカミ少年」 の上映スケジュールがワタシの滞在日程と合わないとわかってから、ミーハー活動は一切不要ということで (笑)、毎日、一日中映画館にこもっていることになりそうです。映画祭は映画ファンとしての修行の場みたいなものですから、映画鑑賞に徹します。そんなイベントがあったんだ~とか、あの人が来ていたんだ~とか、帰国してから知ることになるでしょう。

以前は、プサンへ行っても韓国映画ばかりを選んで見ていましたが、ある年、とんでもない不快な韓国映画にぶちあたり、自分のセレクトの仕方を棚にあげて、こんな不快な思いをするためにプサンまで来たんじゃない!と鼻息も荒くなり (笑)、それ以降、韓国映画に対する不信感はぬぐえず、プサンで鑑賞する韓国映画の配分は 3 分の 1 程度になりました。

そんな些細な出来事は、時が経てば、「映画祭ってそういうこともあるのよね~」 なんて余裕の想い出話に変わるものですが... 私の中ではまだちょっとしたトラウマになっています。


そして、これから関東圏で開催される映画祭もいろいろ、韓国映画の上映作品ラインナップもいろいろ... 
どれだけ見られるかしらん。
(まだあるのかもしれません...随時追記予定)


◆ 第 25 回 東京国際映画祭 ◆
2012 年 10 月 20 ~ 28 日
http://2012.tiff-jp.net/ja/

コンペティション部門
『未熟な犯罪者』
原題: 범죄소년
監督: カン・イグァン (『サグァ』)
出演: ソ・ヨンジュ、イ・ジョンヒョン、チョン・イェジン

ソ・ヨンジュ君、ドラマ 『私の心が聞こえる?』 でナムグン・ミン扮するボン・マルの少年時代を演じた子ですね。雰囲気のある子役でしたが、映画の主演を任されるほどとは...


アジアの風 - 中東パノラマ部門
『パーフェクトゲーム』
原題: 퍼펙트게임
監督: パク・ヒゴン (『仁寺洞スキャンダル ~神の手を持つ男~』)
出演: チョ・スンウ、ヤン・ドングン、チェ・ジョンウォン、マ・ドンソク、チョ・ジヌン

スポーツものの映画ってあまり興味が持てないのですが、キャストは個性派揃いで面白そうです。チェ・ジョンウォンって、ドラマ 『ブレイン』 でシン・ハギュンの相手役だった女優さんですね。チョ・ジヌン、『根の深い木』 のムヒュル!最近売れっ子ですね~。


アジアの風 - 中東パノラマ部門
『人類滅亡報告書』
原題: 인류멸망보고서
監督: イム・ピルソン (『南極日誌』)
    キム・ジウン (『甘い人生』、『悪魔を見た』)
出演: キム・ガンウ、キム・ギュリ、パク・ヘイル(声のみ)、リュ・スンボム、コ・ジュニ、ソン・セビョク、チン・ジヒ、ペ・ドゥナ

来た来た~!!今年見た作品の中では、かなり面白いと思えた作品。2 人の監督によるマニアックなオムニバス形式。韓流ファン的にはそうでもないだろうけど、韓国映画ファン的には豪華キャスト。カメオで顔を出す人々もめちゃくちゃ楽しいのよね~。


アジアの風 - 中東パノラマ部門
『眠れぬ夜』
原題: 잠못드는밤
監督: チャン・ゴンジェ
出演: キム・スヒョン、キム・ジュリョン

インディー界の新旗手の作品。キム・スヒョンって、『太陽抱月』のキム・スヒョン君ではありませね。演劇界で活躍しておられる俳優さん。



◆ コリアンシネマウィーク ◆
2012 年 10 月 20 ~ 23 日
http://www.koreanculture.jp/info_news_view.php?number=2407


『建築学概論』
原題: 건축학개론
監督: イ・ヨンジュ
出演: オム・テウン、ハン・ガイン、イ・ジェフン、スジ、チョ・ジョンソク

いわずとしれた今年のメロいちおし作品。この作品は何度も見たくなります。イ・ヨンジェ監督の舞台挨拶もあるそうです!


『合唱』
監督: チョ・ジョンレ
出演: キム・スルギ、チョ・アルム


『サニー 永遠の仲間たち』
監督: カン・ヒョンチョル
出演: ヨ・ホジョン、チン・ヒギョン、カン・ソラ、ミン・ヒョリン

全国ロードショーですでに展開済み。今さらここで紹介する理由がわからないけど。


『ママ』
原題: 마마
監督: チェ・イクファン
出演: オム・ジョンファ、キム・ヘスク、ユ・ヘジン

なぜかリュ・スンワン監督がカメオで顔を出しているらしい... そこだけキニナルのだけど...


『世界で最も美しい別れ』
原題: 세상에서 가장 아름다운 이별
監督: ミン・ギュドン
    (『西洋骨董洋菓子店 アンティーク』、『私の生涯で最も美しい一週間』)
出演: ぺ・ジョンオク、キム・ガプス、キム・ジヨン、ユ・ジュンサン、リュ・ドックァン

ミン・ギュドン監督のオムニバス形式の作品。『私の生涯で最も美しい一週間』 みたいな感じかな。演技派・個性派をとりまぜたキャストに裏切られることはないでしょう!



◆ 第 13 回 東京フィルメックス ◆
2012 年 11 月 23 日 ~ 12 月 2 日
http://filmex.net/2012/

コンペティション
『グレープ・キャンディ』
原題: 청포도 사탕 ~ 17 년전의 약속
監督: キム・ヒジョン
出演: パク・チニ、パク・チユン、キム・ジョンナン、チェ・ウォニョン

『13歳、スア』(07) 以来となるキム・ヒジョン監督待望の新作。前作、未見だわ~。映画祭までには見なくては~。


特別招待作品 - オープニング
『3 人のアンヌ』
原題: 다른나라에서
監督: ホン・サンス
出演: Isabelle Huppert、ユ・ジュンサン、チョン・ユミ、ユン・ヨジョン、ムン・ソングン

今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。ホン・サンス監督が日本の映画祭へいらっしゃるのは久しぶりではないかしら~。チョン・ユミ、ムン・ソングン...とホン・サンス作品常連の方々も楽しみ。


特別招待作品
『ピエタ』
原題: 피에타
監督: キム・ギドク
出演: チョ・ミンス、イ・ジョンジン、ウ・ギホン

今年のヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞作品。昨年に続き、キム・ギドク作品がフィルメックスに登場! 



◆ ホン・サンス/恋愛についての4つの考察 ◆
2012 年 11 月 10 日 ~ @シネマート新宿
http://www.bitters.co.jp/4kousatsu/
映画祭ではありませんが、ホン・サンス監督の 4 作品が一挙上映。

『よく知りもしないくせに』
原題: 잘 알지도 못하면서
出演: キム・テウ、コ・ヒョンジョン、オム・ジウォン

3 年前の TIFF で鑑賞済み。ぷぷぷ。キム・テウが女たちに振り回されてのあたふたぶりが見どころ?(笑)


『教授とわたし、そして映画』
原題: 옥희의 영화
出演: イ・ソンギュン、ムン・ソングン、チョン・ユミ

「オッキの映画」 という原題で、オッキと 2 人の男をめぐる 4 章立ての話。クスクス笑える微妙な感じが病みつきになります。


『ハハハ』
原題: 하하하
出演: キム・サンギョン、ムン・ソリ、ユ・ジュンサン、キム・ガンウ、イェ・ジウォン

2 人の男の恋バナ?未見なので楽しみ。


『次の朝は他人』
原題: 북촌방향
出演: ユ・ジュンサン、キム・サンジュン、ソン・ソンミ、キム・ボギョン、キム・ウィソン

映像が美しいがゆえにモノクロ作品になったとか。これも楽しみ。





tag: 韓国映画

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。