スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界のどこにもいない 優しい男』 3 & 4 話 覚え書


ハングル団体の圧力によりドラマのタイトル表記を変更せざるをえなくなった 『世界のどこにもいない 優しい男』。「차칸남자」 から 「착한남자」 になりました。日本語ではいずれにしろ 「優しい男」 になってしまうのですが。

エンタメの世界において、厳格な国語がクリエイティビティや感性より優先されるという判断について、ワタシ個人は、主張として論理的には理解できるものの感覚的には理解できませんね。音標文字を使用する文化と、意表文字を使用する文化の違いなのかなと、まさしくカルチャーギャップだと感じてしまいました。

KBS も最初から批判覚悟で始めたはずで、その部分は主人公のキャラクターを表す核心だという話だったのに、1 週で屈するとは...。応援してたのに、残念。でもドラマは続きます。


innocentman_ep3_opening


さて、今週からじっくりとストーリーが動きます。

(注:あらすじを書いているわけではありません。個人的な萌えポイントの覚書ですが、ネタバレが苦手な方はスルーしてください。)




◆ Episode 3 ◆


ウンギの趣味がマウンテンバイクだと知り、ウンギに近づくマル。
予期せずウンギが崖から転落しそうになるところを救助するマルだが、ウンギの大切な人形を拾おうとして転落して大怪我を負って入院。

innocent_ep3_04



退院すると妹チョコが家を出たことを知るマル。母親の元へ行くからと。

どうでもいいんだけど、ジュンギ君の背景に蜘蛛の巣ように張り巡らされた電線がとってもキニナル... (笑)

innocent_ep3_14



ウンギは自分のことを救ってくれたマルのことが気になり始める。

ところで、ウンギパパ=キム・ヨンチョル、ウンギママ (家を出てしまった) =キム・ソラって、ウンギともども 『王女の男』 でも家族でしたね。いくら同じ放送局だからといって、首陽一家をお遊びでキャスティングしていないわよね... (笑)

innocent_ep3_12



マルに興味を抱いたウンギは、母親の元で問題が起きたチョコを迎えに行こうとするマルの車に勝手に乗り込む。マルが降りるように促しても頑固で聞かないので、ウンギはどこへ行くのかも知らないまま、チョコのいるカンヌンまで同行。

ここからワタシの大好物なドライバーのソン・ジュンギ君、てんこ盛り。いや、てんこ萌え
運転中の横顔、最高!! 
助手席に座ったら (← 妄想爆走)、ずーっと惚れ惚れと見つめていると思うの。

innocent_ep3_18innocent_ep3_21innocent_ep3_20



バックミラーに映る複雑な表情。激萌えのショット

innocent_ep3_19



チョコの母親の生活は悲惨なもの。チョコを養う余裕などないからチョコを連れて帰ってくれとマルに頼む。マルとチョコは異母兄妹だったのね。

マルが着ているカーキ色のコート、裏地のない青島刑事風なところがキニナル...(笑)

innocent_ep3_23



なんだ、なんだ、この女心をくすぐる動きは... シートベルトを装着してあげるなんて。

innocent_ep3_28



親の悪縁に翻弄されるチョコとマルの兄妹。親から受けた傷を持つという点は、マルとウンギの共通点。

innocent_ep3_30
innocent_ep3_31



そのころ... ジェヒヌナはというと...

愛息ウンソクにがテサングループの後継者となりうる可能性があることを知り、ジェヒの野望が暴走し始める。
世間から認められる妻となるため、病気の会長を手玉にとり、結婚式を挙げることに。
ジェヒヌナにとって、もはやマルは眼中にない (怒)。

ワインを片手に、自分に好意を抱いているアン弁護士の元を訪れる。自分の過去を洗いざらい告白し、信じているからと自分の味方に付けようと画策する。もちろん色仕掛けあり。

innocent_ep3_08_1



そんな女狐な本性丸出しをマルが見たら泣くよ... と思っていたら、しっかり見ていました。そこまでするのかっ、ジェヒヌナ!!と言わんばかり。

この半ば憐れみ、半ば諦めの冷ややかな視線を送るマルに萌え

innocent_ep3_33



マルはウンギと一緒にいたことを、これみよがしにジェヒに見せつける。
ウンギは 「明日も、明後日も、会いましょう」 と。

innocent_ep3_35_01




ソン・ジュンギ君が運転する姿を肴にワイン 1 本空いちゃうよという第 3 話。あっ、ワインをラッパ飲みしていたのはジェヒヌナでした。ワタシの 「ジェヒヌナなりきりプロジェクト」 も同時進行しています (笑)。

この回からテンポも落ち着き、登場人物の複雑な心理状況もじっくり見せてくれるようになりました。マルもウンギもジェヒも表情のひとつひとつに抜かりがない。

悪い女ハン・ジェヒと悪い男カン・マル。かつて愛し合った 2 人が憎み合う道のスタート地点に立ったという感じです。

しかし、ラスト、マルがわざわざジェヒにウンギのことを見せつけるところ。愛と憎しみは表裏一体なのだから、憎しみの裏側には狂おしいほどの愛情が渦巻いているのではと想像させるマルの哀しげな表情に、ワタシの胸も苦しくなってきたのでした (← 没入しすぎ...)。

またウンギがマルに寄せる好奇心も、純粋なものなのかどうかということも気になってきます。ジェヒの弱みを握ろうとして、ウンギがマルに近づいているのか...

ともあれソン・ジュンギ君は声が低くて、滑舌も良くて、セリフ回しのテンポがいいのよね。声だけでも萌えポイント高です。





◆ Episode 4 ◆


innocent_ep4_06


早速、ウンギに会いにきたマル。居合わせたジェヒ、会長らと食事をすることになる。
娘のウンギが連れてきた初めての男の友人だと、会長はマルの身辺を詮索し始めるとジェヒは内心穏やかではない...マルが大学を除籍された理由を巡ってウンギが会長と言い争いになり...

innocent_ep4_10



ジェヒヌナの家族を目の前にしても平然と構えるマルに萌え

innocent_ep4_08innocent_ep4_11innocent_ep4_13



「あんた、どういうつもりなの?」 「復讐なの? お金が欲しいならあげるわ。あんただってどうせ体を売って稼いでいるんでしょ」

ひどすぎるジェヒヌナ。一体だれのせいでこんなことに~(怒)

innocent_ep4_14



「ヌナが血迷っているから連れ戻すんだ。ヌナがいる世界がどんなにすごいのか知らないけど、ここはヌナがいるべき世界じゃない。ヌナが降りてこないなら、オレが上がって行って連れ戻す」

涙目で訴えるマルに萌え

innocent_ep4_20innocent_ep4_21



お仕事中のマル。
氷をアイスピックで削って... 魔性のバーテンダーに萌え

innocent_ep4_28innocent_ep4_29



「ヌナのことはもう忘れて愛する人と巡り合って欲しい」 と言うチョコには笑顔を見せるマル。
チョコ役のイ・ユビって、キョン・ミリの娘なのね~。この回は、チョコの配分が多かったですね。

innocent_ep4_32innocent_ep4_33



会社の増資のために、母との思い出が詰まった青森のリゾートが売却されることになり、ウンギは奔走するが手立てはない。「私は行くべき道を行くだけ。邪魔しないでと」 とウンギに警告するジェヒ。
ジェヒとウンギ、6 歳しか違わない継母娘バトルの火花がバチバチ。

innocent_ep4_37


舞台は青森へ。



マルが呼ばれた食事会で心臓バクバクのジェヒの緊張感が伝わってくるのですが、アン弁護士の存在が気になります。アン弁護士は、会長に育ててもらった恩義があり懐刀でもあり、ジェヒとも微妙な関係があるという... ジェヒの愛息ウンソクが自分の子かどうか、会長がちょっと疑っている節があって... えっ、ということは...

ウンギとジェヒのバトルを利用しようというのがマルの計画なのか... 復讐劇ではあるけれど、『赤と黒』 みたいに用意周到に計画しているわけでもなさそう。マルの復讐はもっと情緒的なもののような気がします。ジェヒの暴走を止めたいがために、ジェヒを取り戻したいがためにという一途さがあって。

ウンギを落とすのに苦労しなかったマルの手管はサスガ!! まぁ、命がけで自分を救ってくれた男がソン・ジュンギ君だったら揺れるのはあたり前ですけど (笑)。ウンギはマルの過去を知らないけれど、ジェヒがマルにお金を渡そうとしたことは知っているのだから、何かあると睨んでいるのでしょう。

イ・グァンスとイ・ユビのエピソードは、思いつめた重たい空気を和らげてくれて、一服の清涼剤的な役割です。

4 話にしてすでに没入度が激しく、廃人への道を進んでいるような気がするワタシ...





tag: 韓国ドラマ ソン・ジュンギ 優しい男

コメント:

予想以上に面白くなってきて

こんにちは。

てんこ萌え、に大爆笑させてもらいました。v-344

面白くなってきましたねーー。
最初2話はえらいマクチャンやなあ、と思ったけど、マクチャンさえもジュンギくんが浄化v-354してしまったのか、ドラマから上等な香りさえただよってきます。^^

ムン・チェウォンが案外この神経症的なヒロインにあってるのがおどろきです。


>ジェヒの愛息ウンソクが自分の子かどうか、会長がちょっと疑っている節があって・・・・

これは全然気づきませんでした・・v-404
あの白々しいドナー申し出に感動してたみたいで、会長、案外だまされやすいナーv-391、と思ってたもんで。

ジェヒヌナなりきりのlotusさんには申し訳ないですがv-392、ワタシは「ジェヒに天誅をくだせ」チーム(←あるのか?)でがんばります。


チョコ=キョン・ミリの娘、私もびっくりしました!
でも、そう思ってみると似てる表情もあって納得。

グアンスの彼女、コミナムラーメンのバレーボール後輩ですよね。
ふたりとも、なにげに達者なコメディペア、楽しいです。v-426

大波小波で萌え

komachi さん、コメントありがとうございます。

ドラマが始まると自動的に萌え v-347 スイッチが ON となるもので、お恥ずかしい限りです。正常な視聴姿勢ではありませんね~(笑)。

>マクチャンさえもジュンギくんが浄化
イイことおっしゃってくださる! 復讐劇って典型的な素材なので、あまり訴求力はないだろうと覚悟して見ていたのですが、ジュンギ君もムン・チェウォンもしっかりキャラを消化しているし、ストーリーの揺さぶり方も大波小波と面白いですね。

>会長、案外だまされやすいナー
「女なんて信じられん」 て言っていましたけど、あの 6 年前の事件は会長と全く無関係というわけでもなさそうだし、ジェヒのことは信じたいという感じでしょうかね。まだ謎が多いですね。

>「ジェヒに天誅をくだせ」チーム
さすがに 4 話ではビッチすぎるジェヒに 「なりきりポイント」 を見いだせず、そちらのチームへ組みしたいところでしたが (笑)、マルはジェヒの手を離さないと見ているので頑張ります!えっ? v-392

チョコ、お母さんと表情が似ていますよね。グァンスもいい味出していて、これからマルとも絡んでほしいし...。グァンスのガールフレンド、どこかで見たことがあると思ったら、そうそう、「イケラー」のウンビの後輩でしたね、すっきりしました v-421

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。