スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界のどこにもいない 優しい男』 D-1


いよいよ明日から放送が始まる KBS 『 세상 어디에도 없는 차칸남자 / 世界のどこにもいない 優しい男』 (以下、『優しい男』)。

約 1 か月ぶりに韓ドラ視聴に復帰するワタシ!!(笑)

期待が高すぎると、後でドーンと突き落とされることもあるので、あまり期待したくないんだけど、ヌナ心をわしづかみにされそうで、いやでも期待が高まります。


innocent_poster01 




차칸남자 (誤) vs 착한남자 (正)

元記事 → 
Kstyle 「優しい男」 制作発表会…ダークになったソン・ジュンギ

「優しい男」 は、間違った綴りのハングル表記のタイトルになっている。“優しい” を発音のまま表記しているためだ。放送局である KBS 内部でも、このために結構悩んだそうだ。キム演出家は 「カン・マルは優しい男だが、実際には他の愛を利用し復讐もする悪い男だ。悪い男を“優しい”と表現する一つの方法として、間違った綴りを選択した」 と説明した。

前作 「「根の深い木」 で世宗大王役を演じたソン・ジュンギは 「『世宗大王役を演じたソン・ジュンギが、間違った綴りのドラマに出演してなるものか』 など、話にならない噂もあるようだ。実のところ僕は、タイトルが良すぎて鳥肌が立った。映画 『マラソン』 と同じ概念だと受け入れてもらいたい (「マラソン」 も間違った綴りのハングル表記)。アイロニーも含められているし、少し意味を和らげようとした」 と付け加えた。


チョ・スンウ主演の 『マラソン』(말아톤, 2005) を引き合いに出してくるとは上手いなぁ... あの映画を思い出すと、確かに鳥肌が立つわ~。「マラソン」 の正しい綴りは 마라톤 。

世宗を演じた人がそんな間違った綴りのドラマに出るなんてって、ツッコミが面白すぎるんだけど。ツッコミした人は、真剣そのものだったのでしょうかね。

ダークなマル。どこかで聞いたことがありますが...(笑)。ソン・ジュンギ君が、どこまでダークになるのか見ものです。

最近の韓ドラ界でなかなかお目にかからなくなった正統派ロマンスドラマ。韓ドラにありがちな、後半は編集ボロボロということにならないように、最後まで丁寧に作ってもらいたいなぁと願うばかりです。
 


innocent_poster02 






tag: 韓国ドラマ ソン・ジュンギ 優しい男

コメント:

祝★韓ドラ視聴復帰? 待ってました!

こんばんわ。lotusさんの興奮が伝わってくるような文章ですね。
私もなんだか、「ヤサ男」楽しみでドキドキしてきました。
「クルス」が、なんだかなぁ~な感じだった脚本家さんですが、どっぷりな愛憎劇を見せてもらいたいものです。

ここに書くのも何ですが、「太陽抱月」8話まで観ましたが、原作の方がセンシャルでいいですね~。先に原作を読んだ時はそう思わなかったのですが、ドラマと比較してみると、原作の方がはるかにいい。
互いの顔を知らない…というところが、切なくて。
しかしそれだと映像にしにくいので、ドラマのようなオトメチックな出逢いになったのでしょうけれどもね。

ハン・ガインを見るたびに、手料理を一緒に食べなかったジェインを思い出して、むかっとしています(笑)

Re: 祝★韓ドラ視聴復帰? 待ってました!

yuca さん、コメントどうもありがとうございます。

「クルス」は、ジュンギ君がすぐに死んでしまう役だったので、4 話ぐらいで視聴終了してしまい (笑)、成人キャストが好みでもなかったので、その先がどうなったのか気にもなりませんでした。イ・ギョンヒ作家さんの 「ありがとうございます」 は好きでしたが、「ヤサ男」 では愛憎劇の程度がとても気になりますね。

>ドラマと比較してみると、原作の方がはるかにいい。
「太陽抱月」は、ドラマを見た後だと、ドラマで不満だったところを原作が補ってくれるので、どうしても原作の方がポイント高になってしまいます。ドラマは、ウォルの記憶がいつ戻るかというところと、フォンがヨヌにいつ気付くかというところの山 2 つで盛り上げているのでもったい感じでした。

>手料理を一緒に食べなかったジェインを思い出して、むかっとしています(笑)
あはは。ハン・ガインのジェイン役はヨカッタですよね。あそこで食べないからこそジェインなのでしょう。手料理に飢えているゴヌクに泣かされたちゃったけど、まんまと演出にはまってしまったのですね (ちっ・笑)。

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。