スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルでミュージカル 『광화문연가 / 光化門恋歌』

もしかしたら、今回の旅のメインイベントはこれだったのかもしれない... くくく。

忠武アートホールにてミュージカル 『광화문연가 / 光化門恋歌』 を見てきました。 韓国でミュージカルを鑑賞するのは初めて。

koukamon_panel


ワタクシ、実はミュージカルがちょっと苦手。ミュージカルより演劇の方が好き。ただし、ニューヨークの Broadway とロンドンの West End でミュージカルを鑑賞するのは好き。ニューヨークやロンドンで観てしまうと、その作品が持つ世界観の違いから、日本で劇団なんとかの演目など見る気も起きないのです。つまり、翻案ものが好きではないのです。言葉が分からなくても、翻案ものよりオリジナルで見たい方なのです。

最近、韓国ミュージカル界は活気があるようですね。K-POP 系のアイドルが続々舞台を踏んでいることもあり、認知度が上がってきたのでしょう。以前、韓国のミュージカルって、歌は上手くても、セットや美術がチープで、演出がいまひとつと評されることがあって、それは演劇でも同じで、俳優は上手いけど演出とセットをなんとかしてよとワタシも思ったことがありました (言葉が分からなくてもね)。それが、ここのところ改善されてきたのでしょうかね。日本にも、K-POP ブームに乗ってミュージカルが数々と紹介されるようになりましたよね。

さて、ミュージカルが苦手と公言するワタシが、『광화문연가 / 光化門恋歌』 をなぜ観たのかというと...。

まず、韓国オリジナルの創作ミュージカルだから。次に、アンコール公演ということは現地でかなり評判が良いということ。そして重要なのは、キャストにキム・ムヨルの名前を見つけたから。当初は、アン・ネサンが出演している演劇を見る予定だったのですが、急遽変更。これが吉と出るか凶と出るか (ミュージカルのチケット料金って高いのです...)。

期待値が低かったこともあるのですが、これが意外とヨカッタ... 喰わず嫌いも反省しなければと思ったわけです。


koukamon_todayscast 


==========


ミュージカル 『광화문연가 / 光化門恋歌』

ミュージカル 『光化門恋歌』は、「昔の恋愛」、「愛が過ぎ去れば」、「光化門恋歌」、「グッバイ」、「赤い夕焼け」、「記憶という愛よりも」などの数々のヒット曲を生み、1980 年代の歌謡界を風靡した作曲家、故イ・ヨンフンの曲で構成されている。イ・ヨンフンは、ミュージカル制作の夢を抱きつつ 2008 年に死去。彼の夢を受け継いだ同僚、後輩たちの尽力によって制作。2011 年 3 月初演。

[スタッフ]
演出 : イ・ジナ
作詞・作曲 : イ・ヨンフン

[キャスト]
過去 サンフン : ユン・ドヒョン
現在 サンフン : チェ・ジェウン
ヨジュ : Lisa
ヒョヌ : キム・ムヨル
ジヨン : チョン・ウォニョン
ジングク : キム・テハン
ジョンソク :ク・ウォニョン

[あらすじ]
‘昔の恋愛’という歌が、サンフンが作曲していないのに、サンフンの名前で発表されたことについて、ジウンは疑問を呈する。(現在の) サンフンはその曲の記憶をたどり、過去を思い起こす。

舞台は、80 年代の光化門通り。小部屋のあるライブカフェ・ブルーアジトが見える。小部屋では、すでに人気作曲家となっているサンフンと彼に従うヒョヌ、そしてデモに参加している学生たちが集まっている。ブルーアジトの舞台ではヨジュの友人とジングクが何かもめている。遅れてブルーアジトに到着したヨジュは、その場の雰囲気でサンフンの歌を歌うことになるが、小部屋にいたサンフンとヒョヌは舞台から聞こえてくる歌に耳を傾ける。彼らは同時にヨジュに好意を抱くことになる。光化門の周辺を舞台に、3 人はともに彼らだけの美しい思い出を作っていく。

サンフンの助言で完成したヒョヌの曲がいつからか学生デモの現場で流行り、ヒョヌはその曲のせいで連行される。その後解放されたヒョヌの面倒を見るヨジュ。2 人は恋に落ちる。サンフンの先輩であるジングクは、自分のレコード会社創立記念日に、サンフンを記念行事に引っ張り出すために、ヨジュに歌を歌ってくれるよう頼み込む。ヒョヌは歌の指導を任されヨジュと楽しい時間を過ごすが、創立記念日の当日再び警察に連行されてしまう。ヒョヌの消息を聞いて悲しむヨジュを見たサンフンは、ヨジュの心がヒョヌにあるという事実を知り、胸が痛い。そして、ヒョヌが何年間も連絡がつかなくなり、サンフンとヨジュは少しずつ近づいていく。 そんなある日、突然ヒョヌが戻ってくる。

公式サイトより私訳)


==========


日本で今のような K-POP ブームが起こる前から K-POP を知っている人たちにとって、イ・ヨンフン作曲家の曲は、歌手イ・ムンセを通じてよくご存知かと思います。

ワタシのような K-POP オンチでも、歌手イ・ムンセの名前はもちろん、「この世界を生きてみれば」 や 「赤い夕焼け」 ぐらいは知っていますが、ほとんど事前知識ゼロの状態でこのミュージカルを見てしまったにもかかわらず、楽しめたことは収穫だったと思います。

80 年代の曲で構成されているため、K-POP というより K-歌謡曲。ノスタルジーなメロディラインには独特の奥深い味わいがあって、この時代があってこそ現在の K-POP があるのではないでしょうかね。曲の構成は、ストーリーラインに沿っていて分かりやすかったと思います。

過去のサンフン役を演じた YB のユン・ドヒョン、演技がちょっと暗すぎるかな。歌は良かったですよ。でも、オリジナルキャストのソン・チャンウィで観たかった~。こういう役は、歌手より演技者をキャスティングした方がいいのではないかと思ったり。余計なお世話か。

そして、ヒョヌ役はお目当てのキム・ムヨルキム・ムヨルがミュージカル界のスターだということを知ったのはつい最近ですが、ホント、スターなのねと実感。ワタシとしては、前日の映画 『ウンギョ』 で軽くジャブを打たれたばかりなのに、生ムヨルの舞台まで見られるとはラッキーでした。歌声はかなりワタシ好みでして、その声に KO 状態。
 
現在のサンフン役を演じたチェ・ジェウンも歌声が素晴らしいですね。サンフン役にはちょっと声が若すぎるけど、老け役を演じるのはもったいないわ。正統派ミュージカル俳優という感じ。

ヨジュ役の Lisa のハイソプラノは、力が入りすぎていて、実際マイクから流れる音が割れていたし、やや絶叫に近い感じがしたのですが... 投げつけるような歌いっぷりは、好きじゃなくて...(ごめんなさい)。

舞台セットはとてもシンプル。サイドのセットはいいけど、中央の舞台転換が野暮ったくて、もう少し工夫が欲しいなと (エラそうだ... )。大劇場でやるような演目ではなく、中~小劇場向きの演目だと思うんだけど。

ともあれ、いろいろ目につくこともあるのだけど、ワタシにとっては物珍しかったこともあり、またカーテンコールも大盛り上がりで、思いのほか満足できた作品でした。ちなみに、韓国ではカーテンコールの撮影は可という不文律があるようで、YouTube には多くのカーテンコールの動画が上がっています。

今冬、大阪と東京で来日公演が決定し予定されている本作。忠武アートホールは約 800 席のホールでしたが、このハコの大きさがぎりぎり OK かなと思いました。東京の明治座 (約 1500 席) と大阪の新歌舞伎座 (約 1600 席)、ハコが大きすぎるのでは... と老婆心からついつい心配になってしまい...。

キャストに K-POP トップアイドルの名前も取りざたされていますが、歌が歌えればいいってものではなく演技ができる人をお願いしたいわと思ったり。でも、K-POP アイドルがいないと興行的に難しいだろうなとも思うし... ああ、できれば、オリジナルキャストのソン・チャンウィとキム・ムヨルが来てくれたら嬉しいけど、噂になっている K-POP アイドルのキャスティングが実現されるとチケット争奪戦は必至なわけで... 決まってから、考えましょう (笑)。

そして、その前には、なんとなんと... キム・ムヨルとチェ・ジェウンのコンビでミュージカル 『スリル・ミー』 が、7 月、東京で上演されるのです。

ミュージカル苦手、翻案もの好きじゃないと言いながら、それも、日本での上演なのにわざわざ韓国キャストで韓国語... 自分が抱えるこの数々の矛盾点をすべて握りつぶして、見に行く予定 (爆)。


『光化門恋歌』 ミュージカルナンバー
koukamon_musical number 



tag: 韓国演劇 キム・ムヨル

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。