スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホワイトクリスマス』 全 8 話 視聴完了

white_christmas_01

『ホワイトクリスマス / 화이트 크리스마스』 (KBS) 全 8 話を日本語 DVD で視聴しました。現在、水木ドラマで放映中の 『赤道の男』 と同じキム・ヨンス監督 (演出) ということで見てみようと思ったわけですが、昨年末の 10asia のドラマ総括記事でこの監督が高く評価されていたこと、またブロ友さんいち推しの作品でもあったことも、視聴動機に含まれます。

16 話企画を 8 話に凝縮したようで、内容とキャストはかなりチャレンジング。つまり、キャストについては、ペク・ソンヒョンを除く若手はほとんど演技経験がなく、そして、内容については、高校を舞台としていながら、いわゆる学園ドラマとか青春ドラマではなく、サイコスリラー仕立ての人間ドラマになっています。

= = = = = = = = = = =

『 ホワイトクリスマス / 화이트 크리스마스 』 (KBS ドラマスぺシャル)
全 8 話


演出: キム・ヨンス
脚本: パク・ヨンソン

出演:
キム・サンギョン (キム・ヨハン 精神科医師)
ペク・ソンヒョン (パク・ムヨル 生徒)
キム・ヨングァン (チョ・ヨンジェ 生徒)
イ・スヒョク (ユンス 生徒)
クァク・ジョンウク (ヤン・ガンモ 生徒)
ホン・ジョンヒョク (イ・ジェギュ 生徒)
イ・ソム (ユ・ウンソン 生徒)
キム・ウビン (カン・ミル 生徒)
ソン・ジュン (チェ・チフン 生徒)
チョン・ソグォン (ユン・ジョンイル 体育教師)

あらすじ:
上位 0.1% だけが入れる入試名門私立スシン高校。1 年間で唯一の休憩時間、8 日間の冬休みが始まる。
大半の生徒たちは学校を出るが、差出人の分からない謎の手紙が届いた 7 名の学生たちは寄宿舎に残る。その夜、交通事故に遭った精神科医師キム・ヨハンはスシン高にたどり着き助けを求める。数十年ぶりの大雪で学校は外部から完全に遮断されてしまう。生徒たちは受け取った手紙の謎を探り始めるが...。

= = = = = = = = = = =


 
white_christmas_10

冒頭、「悪魔に対抗するため 悪魔になるしかなかった 8 日間の記録」 と、ムヨル (ペク・ソンヒョン) のモノローグで始まるのですが、さっそく 「悪魔」 という字幕に引っかかってしまいました (笑)。

言語では 「괴물 (= 怪物、化け物)」 と言っています。悪魔は 「악마」 。意味をとらえて混乱を避けるためにその単語を選択したのでしょうから難癖をつけるわけではありませんが、ちょっと語感が違うなと感覚的に思っただけです。前者には変容性が感じられるのですが、後者になると、天使と悪魔、善と悪というように二極化した固定観念が強いられるような気がして、特に、ドラマの内容がわかるにつれ余計にそう思えてきました。

参考までに、괴물 を Naver 辞典で引くと...

국어사전 ← 国語辞典
괴물 (怪物)
1. 괴상하게 생긴 물체. ← 奇怪な形でできた物体。
2. 괴상한 사람을 비유적으로 이르는 말. ← 奇怪な人を比喩的に言う言葉。

영어사전 ← 韓英辞典
괴물 (怪物)
monster, freak

white_christmas_02 

前半の 4 話は、差出人不明の手紙を受け取り、半ば好奇心、半ば恐怖心から、冬休みの寄宿舎に残った学生たちの姿が描かれます。呪詛のような内容の文章の謎を解き明かそうとする過程で、学生たちのキャラクターをしっかりと見せてしますが、多様なキャラクターが揃っていて面白いです。

学校は大雪のため、外部から遮断されてしまう状況に。孤立した空間、しかも無機質な空間、ゾクゾクするような空間で、ホラーにも、ミステリーにも、スリラーにもなりそうな舞台となっています。

この空間の見せ方が実に素晴らしい。柱、階段、壁、窓枠といった建物の直線的なラインを徹底的に利用したカメラワークで、人物が動くと、空気まで動いて見えるようです。

宿直の先生 1 名と学生 7 名が残った学校に、交通事故に遭ったという精神科医師が助けを求めてやって来ます。ここで、キム・サンギョンの登場。この設定はかなり極端だと思うのですが、唐突に現れることこそが重要なのかもしれません。大人になりきれない子供たちが、子供から大人への過渡期に遭遇する強烈な試練のようなもの。

キム・サンギョン、登場するも、発熱して保健室で寝こんだままとなり、あれあれ、こんなチョイ役で出るはずがないのに... 何かやらかすだろうとは期待していましたが、やはり期待を裏切られることはありませんでしたね。

white_christmas_07

後半に入り、5 話から冒頭のモノローグはヨハン (キム・サンギョン) に変わります。「悪魔は生まれるのだろうか 作られるのだろうか」 と。ちなみにこの 「悪魔」 も、言語では 「괴물」 です。

ここからは、寝込んでいたヨハン復活!(笑) ヨハンと学生たちの、1 対 7 の心理ゲーム、あるいは実験の開始。1 対 7 に加えて、飛び入りも出てきて刺激的な展開になります。

信頼と背信。
寛容と残酷。
均衡と不安。
勇気と恐怖。
犠牲と偽善。
可能性と絶望。

対峙する 2 つの感情に揺れ、光と闇を行き来する学生たち。このゲームでは、知能指数が高くとも決して心や精神の発達が伴ってはいない若者たちの混沌とした心の世界を紡ぎ出しているのですが、私自身すっかり没入して見ていたら、「境界線の上に立ってはいけない」 と劇中で警告が。なんだかこちらの心を見透かされた気分で、より一層ゾクゾク感が増してきました。

white_christmas_03

不安、疑心、怯えなどあらゆる人間の弱さはどこから来るものなのでしょうか。子どもにとって母親の存在が何らかのトラウマになるとき、その心の傷は深く固くしこりのように残ってしまい、弱さの引き金ともなりうることがこのドラマでは描かれています。もちろんそれだけではありませんが。

弱いがゆえに、弱さを補うために心に魔物が棲みつくのでしょうか。そもそも人間は、心に棲む魔物を先天的に飼っているのでしょうか、それとも後から飼うのでしょうか...。その答えを求めようとしたのが、このドラマのテーマだったようです。

white_christmas_05


■ Wrap-up

全体を通してストーリーは面白かったと思いますが、あちらこちらに話が飛ぶのも確かで、ラストはそれなりに衝撃的だったのに、その収束力が弱かったような気がします。おそらくドラマの基軸は、ムヨル vs ヨハンを未熟な正義 vs 成熟した悪意として見せたかったのだと思うのですが、どちらかというと群像劇のように仕上がっていて散漫な感じになってしまったところがあります。

ただ、それはそれで良いところもあって、各キャラクターともかなり深く突っ込んだ描写になっていたので、存在感の薄いキャラクターがいなかったことは評価できると思います。

そして、印象に残るセリフが多かったことも特徴です。文学的な表現を駆使しているようでもあり、奇を衒った語り口のようでもあり、両方のバランスを取りながら、凛冽な状況、緊張感あふれる雰囲気を十分に表していました。


若手キャストについては、ペク・ソンヒョン以外は演技経験のないまたは少ない俳優たちなので、演技の固さは否めませんが、その割には各キャラクターがきちんと消化されていたように見えます。

苦悩、焦燥、迷いといった表情も、演技として微妙な表情を見せているのか、演技力のおぼつかなさのために微妙な表情になっているのか、見分けがつかなかったところが良かったのかもしれません (笑)。

ムヨル役のペク・ソンヒョン、 『天国の階段』 でクォン・サンウの子役でしたよね~。最近では映画 『雲から抜けた月のように』 にも出演していました。子役出身で活躍している若手のひとりですね。ユンス役のイ・スヒョク、『根の深い木』 では密本の護衛士ユンピョン役でしたが、こちらの方が彼の雰囲気に合っているなと思いました。

そして、キム・サンギョン。出演映画はほとんど見ていますが、TV ドラマで見るのは初めてだわ。若手の中に彼がひとりいるだけで、衆目を集めてしまうような存在感ですが、見た目、そんなに怖そうに見えないところが怖い... か。

閉ざされた空間の中で、明確なテーゼを、限定された登場人物で解きほぐす... わずか 8 話ながらも、その凝縮感に満足した作品でした。

white_christmas_06


(画像はすべて番組公式 HP より)

tag: 韓国ドラマ

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【『ホワイトクリスマス』 全 8 話 視聴完了】

『ホワイトクリスマス/????????』(KBS)全8話を日本語DVDで視聴しました。現在、水木ドラマで放映中の監督(演出)ということで見てみようと思ったわけですが、昨年末の10asiaのドラマ総

コメント:

No title

lotusさん、こんばんは~

>言語では 「괴물 (= 怪物、化け物)」 と言っています

おお、なるほどね。実はこのドラマを視聴して、「悪魔」とは何か。の定義には若干疑問は残ってました。この作品では「悪魔は作られるもの」ということになっているので、それは違うんじゃないのかなぁ、と思っていました。
視聴しながら、私も「悪魔」というより「悪霊」なのかなぁ、と考えていたのです。「悪霊」という観念は、伝染する…そういう結末かな、と。
脚本家さんが「蠅の王」を念頭に置いて、書きあげたということだったので、あの小説みたいに、自分の心に誰しもが持っている闇の部分を、恐怖によって
引き出されていく。「闇」は感染していく。


>人間は、心に棲む魔物を先天的に飼っているのでしょうか、それとも後から飼うのでしょうか
「怪物」「悪魔」「魔物」「闇」…色々な言葉にできるけれども、この作品のテーマはそれらをひっくるめた観念なのかなぁ。脚本家さんは、自身の作品で「殺人者はヨハンと名付ける」と明言されているのも、(ほとんどの作品の主人公はムヨルです)、ものすごい言葉に対してのこだわりを感じます。
「ヨハン」というのは、そういう負の観念の表現なのだと思うの。

>学校は大雪のため、外部から遮断されてしまう状況に
学校ももう一つの主人公でしたね。カメラワークが、秀逸にこの無機質な主人公を、まるで深い深い迷路みたいに映しだしてくれて、ゾクゾク感が高まりました!自分の闇という迷路に少年たちが、堕ち込んでいく様子が、この学校という舞台で表現されていたのかな。(もうちょっとたくさん雪が降っていればよかったのでしょうけれどもね・笑)

とにかく、このドラマ、セリフの一つ一つ、映像のワンカット、ワンカットに、もちろんBGMにも、最初っから最後までしびれっぱなしで、無夢中で視聴しました。ホント、満足度が高いドラマですよね。





こだわり...

yuca さん、コメントありがとうございます。

ホント、いろいろ考えてしまうドラマですよね。yuca さんがおっしゃるように、確かにものすごい言葉へのこだわりを私も感じましたし、そのこだわりを見ている方も楽しめたような気がします。

あの学校、エリート校だけあってかなりオシャ~レな構造で (食器もカラフル!)、学校ということを時々忘れさせてくれましたが (笑)、閉ざされた空間を縦横無尽にカメラが走っていた感じも良かったです。

>脚本家さんが「蠅の王」を念頭に置いて
なるほど。『蠅の王』 は無人島でしたっけ。隔離された空間で、狂気にとらわれる若者たち... という設定は似ていますね。映画を探して観てみようかしら。

>「悪魔」とは何か。の定義には若干疑問は残ってました
>「怪物」「悪魔」「魔物」「闇」…色々な言葉にできるけれども
私は「魔物」とか「悪意」がいちばんしっくりくるかなと思っていましたが、置き換え可能な言葉がたくさんありますね。善悪の問いかけがテーマなのではなく、人の心の闇、人の心に巣食う怪物を抉り出し認めさせるための仕掛けそのものがテーマだったように思えます。

それにしても「ホワイトクリスマス」 というタイトル、一瞬ロマンチックな響きさえするので、それを裏切るサイコスリラー仕立てがより一層心憎いですね。とても面白いドラマだったので、ご紹介してくださって感謝です!!


コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。