スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New K-Dramas

春の K ドラマが続々と放送開始。とりあえず見ておかないと何も言えないので、2 話ずつ見た感想...


予想どおり手堅かったのは 『赤道の男』 。


『ファッション王』 は不安的中。


『ザ・キング 2 Hearts』 は思ったよりも面白かった。


元々眼中になかった 『屋根部屋の皇太子』 と 『ラブレイン』 は即リタイア。



 『 ファッション王 / 패션왕 』 (SBS) 〜 2 話




カニ、カニ ≧[゚_゚]≦ と Twi で騒いだけど、ファッション王 (ユ・アイン) はカニ漁船で太平洋横断後、マグロ冷凍車、チキントラックに乗り換えアメリカ大陸横断。はぁ、スケール大きいぞ。

一方、合格したファッションスクールの Admission Office で入学辞退扱いになっていたことを初めて知ったファッション女王 (シン・セギョン)。あのさーー、普通、渡米する前に学校と連絡を取り、入学手続きやビザ発行手続きを確認するでしょうが。

ドラマの設定とはいえ、あまりに不自然な数々のツッコミポイント。海外ロケを入れたいがために、こういう無理やりな設定がありがちな韓ドラの典型。Webtoon が原作?らしいけど、原作でもこういう展開なのでしょうかね。NY なんて体に合わない服を着ずに、とっとと東大門へ帰っておいで (笑)。


 

『 赤道の男 / 적도의 남자 』 (KBS) 〜 2 話




このドラマが水木ドラマでは視聴率が一番低いけれど、そりゃそうでしょ。これまで見たことのないというタイプではないし、人間の暗部を抉り出すガチンコドラマだものね。ワタシはこのマイナー路線?で行こうと思います (笑)。


それにしても、少年時代のイ・ヒョヌ君とシワン君がなかなかの好演で釘づけになりました。成人キャストのオム・テウンとイ・ジュニョクにどう引き継がれるのか楽しみ〜。


周囲を固めるアジョシたちが個性的で妖しげ... ムーダン役のイ・ジェヨンがインパクト大 (笑)。どの登場人物にもキャラクター付けがすでにカッチリ整っているところはさすがの構成力。ただ、今のところ、男性陣に比べて女性陣の比重が小さいのが気になります。最初からキッチリ見ておかないと話についていけなくなるところがあるかな。


 


 『ザ・キング 2 Hearts / 더킹 투하츠 』 (MBC) 〜 2 話



『宮』 と同じく立憲君主制の韓国という設定。フュージョン現代劇特有のキワモノ系だと思っていましたが、このドラマの根底には、南北統一という民族の悲願が流れていて、フュージョンの中にも政治的にセンシティブなコードが盛り込まれているところがミソ。そういうところにちょっと弱いんだな。


ワタシ自身は超がつくほど苦手なイ・スンギが主役というところがネック。 ド下〇な演技でのけぞった 『華麗なる遺産』 の甘ったれ坊ちゃんと似たようなキャラで、こういうキャラには萌えない... (笑)。ただし、彼以外の顔ぶれは、ハ・ジウォン、チョ・ジョンソク、ユン・ジェムンとハイレベルに魅力的な布陣。


 


 『 屋根部屋の皇太子 / 옥탑방왕세자 』 (SBS) 〜 2 話 



初回 10 分 で世子嬪揀擇という言葉を聞いた瞬間にイヤな予感。そして、ポギョン子役 (@『太陽を抱いた月』) がこちらでも世子嬪レースに漏れたものの、奥の手を使って奪還するも... という展開。前クールの大ヒットドラマのメインコード拝借とはしたたか (笑)。


時空を超えてやってきた皇太子と従者たちが現代の環境に戸惑う姿と騒動の羅列で、視聴者を笑わせようとするあざとさが見え見え。その笑いがこれまたありきたりで、ちーっとも面白くないんだけど...。そんなネタで 20 話も持つはずもなく (笑)、一応ミステリー劇も匂わせて引っ張っているものの、どの登場人物をとっても 「キャラクター」 というものが全く見えないのはなぜ? 個人的には心惹かれるキャストが誰ひとりいないので、心置きなくリタイア。


 


『 ラブレイン / 사랑비 』 (KBS) 〜 2 話 



70 年代、友人と愛の間に揺れる大学生の恋の話から始まるのですが、何しろつまらない...。70 年代の純愛という素材そのものが古くさいからではなくて、登場人物の設定やストーリー展開から幼稚な印象を受けるので入り込めないという意味です。ウナギじゃないけど、チャン・グンソクはなかなか良くて、作品ごとの切り替えが上手いなと感心する一方、彼以外のキャストはちょっと残念な感じ。


現代に時間が移行したら、異なるストーリーが展開して、また違った色合いになるのでしょうか? 他ドラマと違って、あれこれとヒネリを入れない正統派ロマンスなので、心安らかに見られる作品を求めている人にとってはいいのかもしれません。


 


 


それにしても、ワタシも暇だわね。これだけ見るとさすがに疲れたなと思ったけど、映画にすると 5 本程度だからたいしたことないか。


2 話見ただけではわからないのか、2 話見れば十分なのか、その判断は微妙なところです。これまでの視聴経験から、だいたい韓ドラは 4〜5 話までは丁寧に作られているけれど、それ以降はバタバタという傾向があるので、序盤で心をつかまれなければ OUT ですね。


他人の意見や視聴率に惑わされず、自分の目で確かめて、自分の気に入ったものを見つけるのが一番 。 


tag: 韓国ドラマ 赤道の男 ユ・アイン イ・ジェフン

コメント:

テヨン

komachi さん、コメントどうもありがとうございます。

いまだに SNSD メンバーの顔と名前が一致していないのですが 、OSTはテヨンでしたっけ?(笑)

>ポリティカリー コレクトなのでしょうか?
言われてみれば、文化的偏見ということで incorrect のような気がしないでもありませんが 、たかがガールズグループで優位性を象徴する方もお子チャマだなと。

>ボンボン王子はハマリ役
バラエティ番組でのイ・スンギは苦手ではないのですが、どうも「華麗なる遺産」がトラウマになっていまして、ドラマの彼は苦手なのです。でも、「華麗なる~」よりコチラの方がずっといいですね。ハ・ジウォンは文句なしです。

言葉が難しいということに加え、ワタシも内容をいまいち把握しきれていませんが、中国やアメリカが横ヤリを入れてくるという流れも、あからさまに国を名指ししてどうなのよと思ったり 。それでも思っていたよりは、ずっと面白そうなので、のんびり後追いして見るつもりです

ティファニー

こんにちは。

「king 2 hearts」、少女時代をめぐってあわや銃撃戦、というのはびっくり、でも面白かったです。

しかし、これはポリティカリー コレクトなのでしょうか?
みているほうが大丈夫か、と心配になります。

私は実はイ・スンギ、なにげに好きなんです。
ただ、
彼が「男前」という前提になっているドラマはちょっと困るんですが(「華麗なる遺産」のように)、
今回のような口ばっかり達者なボンボン王子はハマリ役ですごくイキイキしててgoodです。

ハ・ジウォンは、こういう強いのに乙女というをやらせるとテッパンですね。

言葉がよくわからないのが難点で、英語字幕でみてますが、それでもいまいち理解が・・。
文化あつれき、みたいのはとくに部外者にはわかりにくいですねー。

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。