スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イケメンラーメン店』 全 16 話視聴完了!!!


 


こんなチャラいタイトルのドラマ、完走しないだろうなと思っていたのですが、ワタシとしたことが完走してしまいました (笑)。以下、ネタバレはほとんどありませんが、まっさらな状態で今後視聴したい方はスルーしてくださいませ。

おそらく同時並行して見ていた 『根の深い木』 がガッツリどっぷりの緊張感漂うドラマだったもので、きっと心のどこかで癒しのドラマを求めていたのでしょう。

以前にもちらりと触れましたが、ケーブルチャンネルのドラマって、どこか実験的な要素があるようで、『イケメンラーメン店』 にもそうした演出が見られたり、ストーリー展開も独特で、とにかく面白かったです。笑った、笑った...



 


成長、純愛、三角関係、階級差、出生の秘密なんて、あらゆるベタな素材を使っているのですが、そこはパロディなどでまとめたり、思いきりコメディで笑い飛ばしているところなど、なかなか上手い見せ方でした。


毎回、どこかのドラマをパロディにしているらしいのですが、ワタシは、『シークレットガーデン』 や 『49日』 しかわからず、もっといろいろドラマを見ているとさらに楽しめるのだろうと思います。


前半は、カットバック手法なども多用していて、異なる複数の視点から描かれたシーンを、巻き戻して見せたりしているところも興味深かったですね。





 


このドラマでのワタシのお目当ては、チョン・イルでもイ・ギウでもなく、イ・チョンア!(最初はチョン・イルだったけど。) 久々にコメディエンヌが見せてくれるドラマに出会えたという感じです。もちろん、チョン・イルやイ・ギウもとっても良かったのですが。


イ・チョンア演じるヤン・ウンビ。現実を見据える 20 代女子のはずが、ときどき妄想に突っ走ったり。コミカルなんだけどシリアスもという両極をうまくとらえていて、のびやかで自然な感じが良かったです。









 


チョン・イルは、高校生財閥御曹司チャ・チスという役なのですが、そもそも高校生にしてはフェロモンありすぎだし、大人っぽすぎるでしょ、というところから始まります。イ・チョンア演じるヤン・ウンビは、チャ・チスが酉年生まれと聞き、6 歳年下? いや 6 歳年上だろうと、はなっから 「オッパ」 と呼んでしまうのですよ。だって、だれもが 6 歳年上だと思うでしょ。ところが、なんと高校生だったという驚き... その驚きには隠された意味があった?かな (笑)。









たくわん係のチャ・チス。ラーメン、作らないのかっ。


大人っぽい子供だけど、大人にはなれない子供。子供と大人の境界線はどこにあるのか、なんてことも考えさせてくれたりするもので、なるほど、このキャスティングにはそんな意味もあったのかと。


イ・ギウが演じているラーメン店長チェ・ガンヒョク役は、とってもミステリアス、いやファンタジー? 最初はゴーストかと思いました (笑)。チャ・チスの名前がなかなか覚えられず、パク・チス、キム・チス、ハ・チス...。なんでこんな簡単な名前が覚えられないんだか...。彼には、チャ・チスという名前を呼びたくない理由があるようです。



脱ぐと凄いカラダ...




このイ・ギウの表情、好き。


 


そして、ラーメン店のウェイターにはとぼけた高校生がもう 2 人。(左)バウル役のパク・ミヌと、(右) ヒョヌ役のチェ・ユヌ。パク・ミヌはこの役でかなり注目された若手個性派。



 


白鳥と呼ばれている男子憧れの的の女子高生ユン・ソイ役のホス。この子も大人びているので、高校生に見えない。独特のキャラクターぶりを発揮しています。バウルとユン・ソイの恋はどうなるのか?というところも意外な展開で GOOD。


 


カメオ出演のキム・ヘスとコン・ヒョジン。





 


このドラマをご覧になった方々が口々に語っておられると思いますが、このドラマは構成も展開も少女漫画を見ているような感じです。というより、意図的にそういう世界を演出しているのだと思います。ワタシは、少女漫画っぽいドラマはあまり好みではないのですが、このドラマは 『美男<イケメン>ですね』 のように、いかにもな胸キュン涙を流させようとする方向性に偏っていないところが良いような気がしています。


ドタバタラブコメのように見せかけて、時々、核心をするどくついたセリフも出てきて、ぎょっとしました。


「純情なんて、責任のない人間や失うものがない人間が持つものよ」


そして、なぜ 「ラーメン」 なのかということも、終盤になるとわかってきます。


「ラーメンを食べなくても生きていけるのか」


「ラーメンを食べるときに重要なのは、タイミングだ」





 


なんとも可愛らしいストーリーで演出も凝っているので、ついつい気になって見てしまった... ということです。ははは。でも、視聴者からの評価が高いのは頷けるドラマでしたね。


 

tag: 韓国ドラマ チョン・イル

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。