スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の韓ドラ (10asia 記事 + α)

韓国のエンタメサイト 10asia が選んだ 「今年のドラマ、監督、脚本、俳優」 が発表されました (2011 10 Awards)。昨年選ばれた作品は KBS 『成均館スキャンダル』 でしたが、今年は SBS 『根の深い木』。ひとり勝ちですな〜。

昨年の 『成ス』 といい今年の 『ブナ』 といい、10asia とは個人的に意見が合うわ〜 (笑)... という理由だけで、この記事をあげておきます。別に 10asia の総評が絶対信頼できるという訳ではありませんよ。あしからず。




元記事 
http://10.asiae.co.kr/Articles/new_view.htm?sec=news25&a_id=2011120800262118765

韓ドラファンのみなさまに比べると、ワタシなぞは韓ドラを見ている方には入りませんが、少ない視聴ドラマリストの中でも、『根の深い木』 の評価が高いのは当然だと思います。これまで見た他のドラマとは比較にならないほど、作りこみ方のレベルが高いと思います。10asia によると、今年の韓国ドラマ界は 「豊作の年ではなかった」 とか。



 今年の作品:

『뿌리깊은 나무 / 根の深い木』 (SBS)


「このドラマは “国民が一番幸せになる政治はどうすれば可能かという政治的難題と、アクションや権力や愛ではない ‘文化’ と ‘理念’ が主人公になるドラマが可能かというドラマ的難題にのぞみ、見事に解決された作品” (カン・ミョンソク) という面で TV ドラマの領域を大きく拡張させた作品でもある」


「どれひとつとして付け加えたり、減らしたりすることが難しく、これから先の多くの史劇にとっての魔方陣になる」

言い得て妙だわ〜。


大衆性という意味で 『최고의 사랑 / 最高の愛』 (MBC)、犯罪と社会にメスをいれた 『싸인 / サイン』(SBS)、『로열 패밀리 / ロイヤル・ファミリー』 (MBC)、『로맨스 타운 / ロマンス・タウン』 (KBS) も評価が高いですね。


 


  今年の監督:

『ホワイトクリスマス』(KBS) キム・ヨンス監督
『根の深い木』 (SBS) チャン・テユ監督


 


 今年の脚本家:

『根の深い木』 (SBS) キム・ヨンヒョン - パク・サンヨン 

ストーリー構成はよくできているし、エピソードそのものも面白いし、人物の絡み方やキャラクターの設定も上手いし、さすがだなと思います。

ただ、この脚本は完全なオリジナルではなく、原作の上に立った脚本。ドラマでは、原作に登場する世宗以外の実在人物の存在が薄いのに、原作に登場する魅力的なフィクションのキャラクターをフルに使って、作家たちが書きたいことを詰め込んだ感は否めないかなと。「キャラクターの捉え方には偏りがある」 との指摘にもうなずけます。

一方で、原作だけではどうしても足りないエピソードの肉付けは、かなり凝ったものでした。以前、作家たちのインタビュー記事を訳しましたけど (→ コチラ)、彼らが書こうとしていたものと、実際に放映されたものの間には一切の妥協やブレはまったくなかったようで、それはそれでお見事だと思います。


 


 今年の俳優:

『根の深い木』 (SBS) ハン・ソッキュ

「俳優の力量によって、キャラクターと作品の完成度がどこまで押し上げられるか、ということに対する模範回答」 と言わしめていますが、ハン・ソッキュの品格のある演技、発声の美しさには圧倒されました。


 


★ その他、10 Awards では第 1 回 世宗鳳凰忠武路賞なんてお遊び賞も創設... 

元記事
http://10.asiae.co.kr/Articles/new_view.htm?a_id=2011120808472522554


悪い男賞、男・男カップル賞、毛穴ゼロ賞、母性愛賞などなどで候補が並んでいます。だれに賞をあげるのかは、読者が判断せよということらしいです (笑)。

男・男カップル賞候補に、『私の心が聞こえる?』 のドンジュ ‐ マル (キム・ジェウォン ‐ ナムグン・ミン)、『根の深い木』 のイ・ド - ムヒュル (ハン・ソッキュ - チョ・ジヌン) が入っていて、ニンマリ (笑)。どっちにしようかな〜。迷う〜。

毛穴ゼロ賞候補に、『私の心が聞こえる?』 のドンジュ (キム・ジェウォン)、『女の香り』 のカン・ジウク (イ・ドンウク)、『根の深い木』 の青年イ・ド (ソン・ジュンギ) 。HD 画質のズームでも怖くない美肌って... 羨ましいことこの上なく...


 


★ 今年の NO THANK YOU

元記事
http://10.asiae.co.kr/Articles/new_view.htm?a_id=2011120800280422291

この記事で取り上げられたドラマは、もののみごとに見ていない or リタイアした作品ですが、NO THANK YOU なので見ていなくて正解だったのかな (笑)。記事をざっと読んだところ、『アテナ』 の話には爆笑。


 


★ 2011 年ドラマ総評

元記事
http://10.asiae.co.kr/Articles/new_view.htm?a_id=2011120800242916297



さて来年は、どんなドラマが出てくるのかな〜。


 


======


 


◆ My K-Drama List 2011 ◆ 


 


今年見た韓ドラ (視聴中含む) は、ちょうど 20 作品。ワタシにしてはがんばった方だわ (笑)。好きか嫌いか... みたいな ★ 評価です。★ 1 つでも視聴している or 視聴したものは、意地で見ている or 見ていたようなところがあります (笑)。 


『根の深い木』 (視聴中) ★★★★★
『ブレイン』 (視聴中) ★★★★
『イケメンラーメン店』 (視聴中) ★★☆
『トンイ』 (視聴中) ★ 
『危機一髪!プンニョンマンション』 (視聴中) ★★★
『女の香り』 ★★★
『私の心が聞こえる?』 ★★★★★
『天使の誘惑』 ★ 
『イルジメ  一枝梅』 ★★
『朱蒙』 ★★
『最高の愛』 ★★★☆
『マイダス』 ★★★
『必殺!最強チル』 ★★
『私の期限は 49 日』  ★★★★☆
『ドクター・チャンプ』  ★★
『オー!マイ・レディ』 ★
『特別捜査隊 MSS 』 ★
『漢城別曲 - 正』  ★★★★☆
『明日に向かってハイキック』 ★★★☆
『シティ・ホール』 ★★★

再視聴 『赤と黒』
再視聴 『成均館スキャンダル』

挫折したもの... 『逆転の女王』 ほか 10 作品 (笑)。


 


 

tag: 韓国ドラマ

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。