スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lovely せじょん 4 〜 「根の深い木」 再度おでまし編

ようやく、『根の深い木 / 뿌리깊은 나무 』 の視聴が追いつきました。ストーリーに勢いがあるので、一気に 4 話見てしまいました。最初は登場人物が多いことと、原作と少し構成が異なることで戸惑いましたが、今はすんなり。原作を読んでおいたことにより、その世界観は理解できそうです。

そして、4 話でイ・ド(=世宗) はソン・ジュンギからハン・ソッキュへ引き継がれたのですが、6 話の回想場面と 8 話の幻想場面で、青年世宗が再登場!

この後も出てくるのかな〜???




▼ Episode 6 ▼



イ・ドがソイ (シン・セギョン) と出会った時の回想場面。






奥さんと...。初の妻帯者役。





 


▼ Episode 8 ▼



イ・ドの幻想場面。

自分の家臣たちが次々と殺され、己の執政に対する信念が揺らぐイ・ド (ハン・ソッキュ)。
若き頃に掲げた理想と現実に挟まれて苦しんでいると、
青年イ・ド (ソン・ジュンギ) が現れる。

2 人のイ・ドによる葛藤劇...






現在のイ・ドが
「権力におごらず、言葉で国を治めるだと...
家臣たちを殺したのは私ではなく、お前だ」
と、青年イ・ドを責める。

青年イ・ドは、
「今からでも遅くない。イ・バンウォン (父・先王) の墓の前で謝罪するのだ」
と、現在のイ・ドをけしかける。








なかなか見ごたえのあるシーン。

心の葛藤を、過去の回想で見せるのではなく、
理想に燃えていた頃の自分と向き合わせるところが心憎い演出。

ところで、
王様の赤い龍袍は、着回しでなく、ちゃんと 1 人 1 着あるのね〜と確認 (笑)。


 


 

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。