スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Christmas Fan Meeting


 


ユ・アインのクリスマスファンミーティング@中野サンプラザ、行ってきました。今年の韓流イベントの締めくくりです (笑)。


ユ・アインは、東京で今年 2 回目のファンミ。個人的には、1st ファンミ、BIFF での野外舞台挨拶&上映、そして今回の 2nd ファンミと、今年は生ユ・アイン鑑賞 3 度目。『成均館スキャンダル』 ではコロ堕ちではなく、何度見てもヨリム派のワタシが...

今回は、ラッキーなことに前方正面の良席だったので、スクリーン要らずで、ユ・アインの表情ひとつひとつを読みとることができ、とにかくひたすら瞬きもせずに見つめていたので、実は、ファンミの内容は正確に覚えていません (笑)。

そして、ユ・アインは、以前にも増して男前度が上がっておりまして、握手時にワタシの決めセリフに反応して飛びっきりの笑顔を見せてくれた暁には、完全に壊れ気味のワタシ...コトが終わってから心臓バクバクしました。だって、ユ・アインの目とワタシの目の間の距離、約15 cm。

きっと、ファンミレポは、どこかのエンタメサイトまたはファンブログに後日上がるのではないでしょうかね〜 (←他力本願)。東京と大阪では、トークの内容は変わっているようです。



覚えているのは...

「昨年は 『成均館スキャンダル』 で成功したけれど、映画 『ワンドゥギ』 がコケていたら、ここへ来るのは気まずかっただろう」 とか...

共演者のキム・ユンソク先輩から学んだことは、「自分は、これまで自分の役のことで精一杯だったが、先輩は映画の全体像を見ていて、自分も作品全体を見つめることを学んだ」 とか...

『ワンドゥギ』 の撮影現場について、『成均館スキャンダル』 の時は共演者が同世代で和気藹々だったけれど、『ワンドゥギ』 の現場では無口だったとか...

ドラマより映画が好き。「ドラマは撮影に追われるけれど、映画は役柄を深く見つめることができるから」 で、それは、小説よりも詩が好きであることと共通するとか...

クリスマスに映画を見るなら、ジャンルはラブロマンスだそうで、ラブロマンスは自分がすごく演じたいとか...

自称 「料理王」 ... 得意料理はペクスク (←たぶん。間違ってるかも)...


正直すぎて (笑)、彼女ネタをふられてモゴモゴしたりして、もうそこで勘弁してとワタシの方がドギマギ焦ったりして...

「毎回、下手くそな歌で (ファンミを) スタートさせてごめんなさい」 とか...


彼の歌唱力はすでに知っているので (笑)、歌の上手下手はどうでもよく、それよりもどんな歌を選んでくれるのかが興味深かったですね。前回も彼なりの想いが音楽に込められていたようだったので。


オープニング曲

♪ 소년세계 (少年世界) - W (Where The Story Ends)  



歌詞を見たら、この少年、もうワンドゥク少年の姿そのままじゃないかと。


달콤한 미열 발긋한 얼굴 소년
떨리는 음성 뜀뛰는 마음 소년

헤엄쳐라 너의 시린 눈빛은
성급해라 너의 이른 고백은
부서져라 너의 작은 주먹은
더 울어라 가장 슬픈 눈물로

활짝 열린 마음 가는 데로
굳게 닫힌 세상 가운데로
붉게 물든 입술로 너는 소리치듯 노래하라

또렷한 콧날 거뭇한 수염 소년
투명한 숨결 시큼한 향기 소년

헤엄쳐라 너의 시린 눈빛은
성급해라 너의 이른 고백은
부서져라 너의 작은 주먹은
더 울어라 가장 슬픈 눈물로

활짝 열린 마음 가는 데로
굳게 닫힌 세상 가운데로
붉게 물든 입술로 너는 소리치듯 노래하라

기억해다오

윤기없는 삶에 찌든 채로
이 세상에 길들여진 채로
그저 시시한 어른이 된 후에라도 그 날들을

활짝 열린 마음 가는 데로
굳게 닫힌 세상 가운데로
붉게 물든 입술로 너는 소리치듯 노래하라

(jetlyrics.com)




クロージング曲

♪ 고백 (告白) - Delispice
 


この曲は、あだち充の漫画 「H2」 の登場人物をモチーフに作られ、映画 『ラブストーリー』(原題: クラシック) の挿入歌として使われたそうです。青春ロマンスな感じですよ〜。 


중2때까지 늘 첫째 줄에
겨우 160이 됐을 무렵
쓸만한 녀석들은 모두 다
이미 첫사랑 진행 중

정말 듣고 싶었던 말이야
물론 2년 전 일이지만
기뻐야 하는 게 당연한데
내 기분은 그게 아냐

하지만 미안해 네 넓은 가슴에 묻혀
다른 누구를 생각했었어
미안해 너의 손을 잡고 걸을 때에도
떠올렸었어 그 사람을

널 좋아하면 좋아할수록
상처 입은 날들이 더 많아
모두가 즐거운 한 때에도
나는 늘 그 곳에 없어

정말 미안한 일을 한걸까
나쁘진 않았었지만
친구인 채였다면 오히려
즐거웠을 것만 같아

하지만 미안해 네 넓은 가슴에 묻혀
다른 누구를 생각했었어
미안해 너의 손을 잡고 걸을 때에도
떠올랐었어 그 사람이

하지만 미안해 네 넓은 가슴에 묻혀
다른 누구를 생각했었어
미안해 너의 손을 잡고 걸을 때에도
떠올랐었어 그 사람이


(jetlyrics.com)


というわけで、両曲とも、少年やら青春が詰まっている曲で、『ワンドゥギ』 のイメージを持ってきたのかな〜なんて、聞き直すと映画を思い出してウルウルしてきました。


 


ファンミって生半可な気持ちで参加できないなと、最近思うようになりました。たとえば、舞台に上がって本人からプレゼントでももらえれば、そりゃラッキーですが、そうそうラッキーは巡ってこないので、見ているだけで幸せ!と心から感じられないと、対価として満足できないような気がします。

前回もそうでしたが、今回も、これが最後の握手かもと思いながら、今回のような規模 (〜1300 人程度) はいつまで続くのかな。

ユ・アインのように若く才能あふれる俳優は、大きく羽ばたいてほしいし、そう遠くない将来にそうなるだろうけれど、豆粒、米粒サイズのはるか遠くに行ってしまったら、さびしいことこの上ないなと... 今から、切ない想いになってどうする??(笑)

そんなことは後々考えるとして、とにもかくにも素敵な姿を見られて良かったし、ファンの方とも出会えて良かったです。


 


 


 

tag: ユ・アイン

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。