スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後の韓ドラの日々 11

もともとこの時期は映画鑑賞に忙しく、さらに、今年は韓国映画 50 本を鑑賞目標としていたので数えてみたら、全然足りない!ってことで、見ようと思っている作品をリストアップして漁っているところですが、見なきゃいけない (?) 韓ドラも増えてきて、気が付くと、韓国コンテンツ漬けになっています。


◆ ほぼリアルタイムで見ているもの ◆


「根の深い木」 @SBS  〜 14 話

前半戦についてはすでに書いたので、省略。 





「イケメンラーメン店 / 꽃미남라면가게」 @tvN 〜 6 話




「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」 みたいなタイトルに惹かれて...という訳ではありません。「私の期限は 49 日」 でチョン・イルが演じていたコミカルなスケジューラー役がよかったので、彼のコメディがどうしても見たいという理由で見ています。

ヒロインは、イ・チョンア。彼女は映画でしか見たことがないけれど、映画 『オオカミの誘惑』 の頃からずいぶん成長して、なかなかのコメディエンヌぶりが冴えています。



すごく久しぶりに見たのがイ・ギウ。兵役に行って帰ってきたのかな。彼も映画でしか見たことがないけれど、何とも言えないジェントルな雰囲気がいいのです。



お目当てのチョン・イル。イケメン高校生にして財閥御曹司っていう役どころなんだけど、高校生にしては色気出しすぎ... ってところが、またまたカワイイのね。それにしても、チョン・イルがラーメン作る姿が見られると思ったのに、財閥御曹司がいつになったらラーメン作るのかなと...。6 話のラストで、いよいよラーメン修行か?というところで終わり、来週も見るわよ〜と。



tvN ってケーブルチャンネルらしいのですが、ケーブルチャンネルのドラマってちょっと B 級テイストなものが多いのかな。「危機一髪!プンニョンマンション」 も思いきり B 級なんだけど、あえてそこを狙っているという感じが、個人的には好み。


 


「ブレイン / 브레인」 @KBS 〜 2 話



今週から始まったばかりのメディカルドラマ。主演のキャスティングで、一転、二転したものの、結局シン・ハギュンに落ち着いたドラマですが、これがソン・スンホンだったら、絶対に見ないと思います。他のキャストには、手堅いところでチョン・ジニョン! シン・ハギュンとチョン・ジニョンの共演って、もしかして映画 『ガン&トークス』  以来?

脳神経外科が舞台のメディカルドラマとあって、やや重厚な感じ。気楽に見られるという感じではありません。病院内の権力争いとかあるのかな〜。医者という人間を描いたヒューマンドラマになるということですが、さてどうなることやら。


今のところ、冷静沈着だけど、とても感じの悪い医者役のシン・ハギュンが、キレキレの演技でかなりカッコいいです。 「危機一髪!プンニョンマンション」 のおとぼけキャラとはまったく異なり、そのギャップも同時に楽しんでいます。


 


 


◆ 地上波、BS系列で見ているもの ◆


「トンイ」 @NHK BS プレミアム

保留中。もうね、展開がトロすぎて、トンイが宮中に帰ってきても、帰ってこなくても、どうでもよくなっています。このドラマ、全 60 話あるけど、20 話でおさまる話だと思います。一応、録画しているので、あとでまとめて 4 倍速で、ぺ・スビンとチョン・ジニョンだけチェックしようっと。


 


 


「危機一髪!プンニョンマンション / 위기일발 풍년빌라」 @TOKYO MX




韓ドラ好きの人でも、このドラマを見ている人は少ないのではないかしらね。ケーブルチャンネル製作のドラマ。韓ドラ定番の愛と憎しみのロマンス劇とか、泣いて笑えるラブコメといったジャンルがお好みの方には合わないでしょうね。とにかくびっくりするほどの B 級テイスト。

このドラマの製作陣って演劇系なのかな。色彩感覚とか、ファッションとか、セットとか、視覚的なセンスが演劇っぽくて凝っています。キャストも何気に演劇出身者が多いのよね。

売れない俳優役のシン・ハギュンと示談屋役のペク・ユンシクの共演は、映画 『地球を守れ!』 以来でしょうか。演技派 2 人のコメディって面白すぎるでしょ。ヒロインは、自称デザイナー役のイ・ボヨン。自然体なので、個人的には好きな女優。


プンニョンマンションに住む個性豊かな住人たちが、それぞれに抱える秘密、そして、それらの秘密によって招かれる誤解が織りなすミステリアスコメディ 。言葉ではうまく説明できない怪しげなストーリーなのですが (笑)、ワタシは毎回クックックと肩をふるわせて楽しんでいます。


ペク・ユンシクの娘役がカン・ビョル。現在大ヒット中の映画 『ワンドゥギ』 でユ・アインとポッポしてた女の子じゃないかっ、と最近気づきました。


 


 

tag: 韓国ドラマ チョン・イル

コメント:

ケーブル系

yuca さん、コメントありがとうございます。

>「プニョンマン」
ヌグ?!(笑)
原題では「豊年ビラ」 ですが、邦題では「プンニョンマンション」 になっています。マンションというより、アパートという感覚

「プンニョンマンション」、たいていの方はスルーしている作品ではないでしょうかね。ケーブル系作品は注目度が低いし、キャストも地味ですから。思いきり B 級です。ドラマになっている時点で、かなりチャレンジング。
「ラーメン店」 そうなのですがケーブル系って、一般放送局系がやっていないようなドラマ作りに挑戦しているような印象があります。

ノーチェックでしたわ・・・

lotusrubyさん

「危機一髪!プンニョンマンション 」全然ノーチェックでしたわ。タイトルからして、どうなのよ?ぐらいしか感じてなかったのですが。というかずっとワタクシ、「プニョンマン」と思ってましたから。「ブッシュマン」みたいな話かと(笑)先入観は怖いです。
演劇系のドラマ?B級テイスト? うわーっ、ものすごく気になる。マンションが舞台なのですよね。部屋が舞台のドラマや映画って好きなんですよ、何故か。

最近ケーブル系のドラマ、面白いのがたくさんありますよね。

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。