スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓・華・日 ドラマいろいろ

◆ 韓 ◆


最近、見たい韓国ドラマがぐっと減ってしまいました。


リアルタイムで見ているのは 「根の深い木」 のみ。リアルタイムといっても、もう 2 週間分ぐらい視聴をためこんでいます。早く追いつかねば...

「ハイキック」 シーズン 3 も見てみようと思いつつ放置。

地上波と BS 放送で見ているのは、「危機一髪!プンニョンマンション」 (TOKYO MX) と 「トンイ」 (BS プレミア) のみ。
「危機一髪!〜」 は、マイナーだけどシュールな B 級ドラマ。シン・ハギュンとペク・ユンシクというだけで、ワタシにとっては美味しいドラマなのです。

ともあれ、ドキドキ、ワクワク感がちょっと足りないのよね〜。


◆ 華 ◆


韓ドラにぼやきながら、話題の華流ドラマでも見てみようかと 「泡沫の夏」  (BS ジャパン) を見始めたのですが、これがまた、少女マンガから飛び出てきたような美男美女の三角関係物語。役者が美形すぎるとついていけない癖がありまして、美男美女で勝手にやってくれと、スネスネモードになってしまいあえなくリタイア。

そこで同じチャンネルで始まった 「ブラック & ホワイト」 を見てみたら、映画 「モンガに散る」 に出ていたマーク・チャオを発見!!! ぎゃーーーっ。



「ブラック & ホワイト」 は、ヴィック・チョウとマーク・チャオ主演の刑事もの。とくに目新しいエピソード満載というわけではないけれど、ヴィック・チョウ演じる陳在天が White で、マーク・チャオ演じる呉英雄が Black ...  あっ、衣装がね...(笑)

陳在天 (ヴィック・チョウ) のキャラクターはとても不自然な設定。元ルンペンが、顔に整形を施し、刑事になるって... どういうこっちゃと思うのですが、この在天の不可解さが、ストーリーにとってはキーとなるところ。とはいえ、ワタシはわりと早い段階でこの秘密に気付きましたよ。

ともあれワタシは呉英雄 (マーク・チャオ) にしか興味がないので、陳在天 (ヴィック・チョウ) はスルーしています (笑)。この 2 人に絡むヒロインが、マフィアの娘・陳琳 (アイビー・チェン) 。この娘、マフィアとは関わりたくなくて人並みの幸せを得たいなどとのたまうのですが、ただワガママなだけのお嬢さん。なぜか、在天と英雄の間を行ったり来たりするものだから、とっても目障り!!(笑)。しかも、英雄がこの娘に惚れてしまうものだから、「やめときな」 とブツブツ言いながら見ています。

前半は、謎めいた部分が多く、展開も早いので面白かったですが、中盤、在天のやさぐれ状態が延々と続くのには嫌気がさしましたが、後半に突入して、またストーリーが動きそうで、おそらく最後まで見るでしょう。



◆ 日 ◆


日本ドラマにはしばらく御無沙汰でしたが、今クールでは、「南極大陸」 (TBS) と 「家政婦のミタ」 (日本テレビ) を見ています。「南極大陸」 はあのメンツを見られるだけでも、いいと思います。タロとジロの話だけではないしね。そして、ミタさん... 松嶋奈々子もなかなかチャレンジな女優さんですね。


西島秀俊主演ドラマも、西島君は見たいけど、よりによって相手役にワタシが最も苦手とする女優なのでアレルギー反応が出てしまってダメですね。


 
これだけ見ていれば充分ですかね〜。


 


 

コメント:

告白

yuca さん、コメントありがとうございます。

>三連会のNO.2が好きでした
告白ありがとう by 大雁 (笑)
濃いキャラの彼ね。強面だけど意外とイイやつですよね。

>「ブラホワ」は「光と闇」がテーマ
なるほど。ワタシは黒と白だから、善悪のことかと。
そうそう、在天のやさぐれ、もう少し深く掘り下げてくれてもよかったですね。ちゃっかり復活しているのは、家族ができたからという解釈でいいのかしらん?と不明です。

>陳琳、嫌いではないのだけれども
オトナな yuca さん。
ワタシは彼女が 2 人にまとわりつくたびに不機嫌
ロマンスの香は控え目ですが、英雄に近づいてほしくないので、まぁいいかと(爆)。

>華流ドラマもここまでスタイリッシュ
華流ドラマって、花より男子しか知らないのですが、それこそ「モンガ」とか、近年台湾映画への評価と注目が高まり、洗練度が底上げしているのでしょうかね。




三連会のNO.2が好きでした・・・

こんばんは~

「ブラホワ」は「光と闇」がテーマだと思うのですが、だけど「ダークナイト」のような寂寞とした感想は持たなかったデス。闇に果てしなく近い光、またその逆を描きたかったのかもしれないけれどなんとなく中途半端、な印象がありました。どちらも描ききれていないというか。
一瞬、在天がやさぐれて闇に堕ちるかと思ったのですが、踏みとどまるし…闇に堕ちれば、もっとテーマに深みが増したのに。


陳琳、嫌いではないのだけれども、英雄、在天が惹かれるほどの複雑なキャラクターかなぁ、と疑問だし、そもそも彼女が英雄から在天に心変わりしたのも、よく分からないなぁ。ロマンス部分ではちと不満なドラマです

でも華流ドラマもここまでスタイリッシュになりましたねぇ。

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。