スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後の韓ドラの日々 10

暑さのせいか、ドラマをじっくり見ようという気になれず... 。


■ ■ ■ ■ リアルタイム視聴 ■ ■ ■ ■ 



「女の香り / 여인의 향기」
 @SBS 〜 4 話




とりあえず、キム・ソナに惹かれて見ています。

そして... 絶対にワタシのタイプではないのですが、回を追うごとにイ・ドンウクがどんどんステキに見えて仕方ありません。世の中、「絶対」 なんてことはないので、気をつけようっと。

このドラマで気に入らないキャストは、ソ・ヒョリム。「成ス」 の時はよかったけど、キム・ソナの向こうを張るには (失礼ながら) 小者すぎるかな。年齢的にも若いし、いかにも経験値が足りないのがバレバレ...。容貌、衣装、表情、声、演技のすべてがとんがっていてコシャクなだけ。そういうキャラって、すぐに見飽きちゃうのよね〜〜。「最高の愛」 でも、コン・ヒョジンに対するライバル役のユ・インナが小者すぎると思ったのと同じようなパターン。

死ぬまでにしたいことをリストアップするというバケットリストの話も含め、イザベル・コイシュ監督の映画 「死ぬまでにしたい 10 のこと」 と似たようなプロット。 

ちなみに、このドラマでキム・ソナがタンゴを習うという設定になっていますが、映画 「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」 でも、アル・パチーノがタンゴを踊っていて、何か関係があるのかしらん。 


OST もなかなかヨシ。どっかで聞いた声と思ったら、JYJ ジュンス投入。韓流スター roled by ジュンスのカメオ出演が予告編でも流れました。


余命宣告された女と御曹司の男の恋物語... 大どんでん返しや反転には、相応しくない素材なので、この先どう展開するのか見ものです。


 



■ ■ ■ ■ リタイア編 ■ ■ ■ ■



「스파이 명월  / スパイ・ミョンウォル」 @ KBS 〜 2 話

正確には 2 話の途中でリタイア。

ストーリーにもキャストにもキャラにも、引き込まれないのひとこと。ぶっちぎりのラブコメディかと思ったワタシがいけなかったのかな〜。見たいと思わせてくれるオーラがないので、リタイア。


  


「クリスマスに雪は降るの? / 크리스마스에 눈이 올까요?」 @ DVD 〜 6 話

そもそもこの作品を見ようと思ったのは、ソン・ジュンギが冒頭数話出ているからで、それが見たいだけでした。1 話では、写真のみの出演に愕然... まさかコレだけ... と思ったら、2 話にはちゃんと出てきましたが、その後あっさり死んでしまう役でした。

そして、キム・スヒョンとナム・ジヒョンが演じた学生時代がとっても良かったのです。特に、キム・スヒョンには胸キュンキュンで、ガッツリと心つかまれました。この彼、今後、要チェックですね。

残念ながら大人になった役のコ・スには、まったく心ときめかないし (苦笑)、ハン・イェスルもシリアスロマンスには向いていないような...。

キム・スヒョンとナム・ジヒョン、それにソン・ジュンギを加えた 3 人で、学生時代だけのドラマでもよかったのに... と、むちゃくちゃ勝手なことを思いました。


 


「製パン王 キム・タック / 제빵왕 김탁구  @ CX 〜 10 話

韓ドラ定番の母親と息子の絆物語で終わってしまうわけではなさそうだけど、子供時代におけるオンマ、アドゥル、オンマ、アドゥルの四重奏は、ウンザリを通り越してキモチ悪くなってしまいました。このまま、成人になってまで引きずるのかと思うと... 

単純すぎる、いえ、純粋なタックと、卑屈なマジュンの対決の行く末は気になります。ただ、ユン・シユンもチュウォンも、同じパターンの表情の繰り返しで、キャラは魅力的とは言えず...。この作品が、なぜ本国であれほどウケたのか、よくわかりません。

何よりも、CX 版はカット多すぎて、CM の前と後では話がちっともつながらず...別の機会があれば、見るかもしれないし、見ないかもしれません。


 



■ ■ ■ ■ 
継続視聴中 ■ ■ ■ ■ 



「トンイ / 동이」 
@ NHK BS プレミア

大妃危篤で、宮中がさらに騒がしくなり、いよいよドラマも本題に入り始めたと言う感じ。でも、この大妃の問題も延々と続くんだよね... (はぁ)

今ごろ気付いたのですが、チャン・ヒビンの兄チャン・ヒジェ役はキム・ユソクだったのね!すごく懐かしい気がしていたのですが、「塩人形」 以来? 久しぶりに見るわ〜!


 


「イルジメ 一枝梅  / 일지매」 @ BS11 〜 14 話




「朱蒙」 の後続でそのまま見ています。史劇って、ワタシにとっては安心できるというか、組しやすいのですが、このストーリーは、なかなか凝っていて面白いです。

イ・ジュンギに、イルジメ役はピッタリだと思いますが、コミカルな部分とシリアスさの両面を演じるところに難しさがあるようですね。ココから笑ってください... 今度はシリアスですよ... と、わざわざ線引きしてくる演技が、おせっかいだなと感じてしまったり...(ごめんね)。

このドラマの楽しみは、アン・ギルガン、イ・ムンシク、イ・ウォンジョンのくせ者あじょしトリオ。その他にも、脇役陣は見ごたえがあります。


 



■ ■ ■ ■ 
保留中 ■ ■ ■ ■ 



「私の心が聞こえる?/ 내 마음이 들리니? @MBC 〜 5 話

なかなかハートウォーミングで、丁寧なストーリー展開なのですが、じっくり心して見たいので、今は保留中。


 


 

コメント:

ゆらゆら

yuca さん、コメントありがとうございます。

>イ・ギュハン
ヌグ?と思ったら... 彼ね。なかなかイイ味出していますよ。報われる愛への道のりは遠いかも 

>いやぁ、全然好みじゃない
>自分の心の不可解な動き
そういうこと、しょっちゅうですね。キャラ堕ちってこともあるけど、それだけにとどまらない何かが起こるというか...。韓ドラはあなどれませんからねぇ

>ナムグン・ミン
もうね、気が付けばミン様 ばかりキャプっているワタシ...。「ネ・マ・トゥル」 、子供時代がこれまた見ものでして、ようやく成人になってくれたものの、視聴は遅々として進んでいませんが、ハマるというより、じっくりと楽しみたいドラマです。

>写真がいつも揺れ動いている
ははは。まぁ、そのときの気分次第です

待ってました!!

やったぁ
ひそかに大好きな「その後の韓ドラシリーズ」

「私の心が聞こえる?」非常に楽しみにしています。
イ・ギュハン君がなぜか気になっていまして
いつも報われない役が得意の彼の、いつしか報われる時まで彼の出演ドラマを追っかけていくと思います。
いやぁ、全然好みじゃないんです。
でも、
>絶対にワタシのタイプではないのですが、回を追うごとにイ・ドンウクがどんどんステキに見えて仕方ありません。世の中、「絶対」 なんてことはないので、気をつけようっと。

というのに大笑い。わかりますわぁ。
毎回私もこの俳優タイプじゃないのに…あれれ?すっごい気になる…と自分の心の不可解な動きに戸惑いながらドラマを視聴していますもの(爆)

巷ではナムグン・ミン君が好評のこのドラマ。
lotusrubyさんの感想が楽しみです。

そうそう、別宅の
>あちらにもこちらにも揺れ続け~♪
の写真がいつも揺れ動いているのも、ツボです

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。