スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅惑のトッコ・ジン Ding Dong ♪

「最高の愛」 復習第 2 弾!!

トッコ・ジンの魅力について、Movie Week のトッコ・ジン特集記事を借りてきました。チャ・スンウォンとトッコ・ジン、この 2 人の間に何か見えてきそう...


Movie Week の記事より (翻訳機&リライト)


[최고의 사랑?] 차승원, “독고진님 납시었네, 띵똥!”
[最高の愛 1] チャ・スンウォン、「トッコ・ジン様 お出ましだ、Ding Dong!」


 



(抜粋)・・・ 昨晩、出された 12 話の台本を覚えるのに息つく暇もない状況だった。 彼の台本は、赤鉛筆の跡で一杯だった。その多くの台詞をどのように覚えると思ったところ、器用に音節ごとに区切り、いくつかの単語は自分の言葉に置き換えていた。

ハッと人の気配を察した彼がむくっと起きて、いつもの気さくな挨拶をした後で、「これ、全部覚えないと放送事故だよ」 と言って、また台本に没頭する。 ・・・

 あれだけ出ずっぱりなのだから、台詞が多くて当然ですが、どうやって覚えているのかと、ワタシも気になっていましたが...。


 


 


[최고의 사랑?] 차승원, “나 독고진이야, 독고진!”
[最高の愛 2]  チャ・スンウォン、「俺はトッコ・ジンだ、トッコ・ジン!」


 



1. ク・エジョンの狭い寝室に隠れたトッコ・ジン。ク・エジョンに見つかる直前で、撮影が止まった。絶えまなく回っていたカメラから、少しだけ解放された瞬間、チャ・スンウォンは静かに息をのんだ。休み時間まで割いて台詞をつぶやいていた彼には、言葉が消えていた。ふと気がかりだった。 今、チャ・スンウォンは何を考えているのだろうか。


 



2. 背はひょろりと高くて、少し痩せている。 連日夜を明かしてトッコ・ジンとして生きるのに、体重が 4 キロ程減った。ドラマに合わせて ‘소 (牛)’ の字のひげも剃り落としてしまった。すべすべなアゴの線が一層シャープだ。そういえば、撮影会場で見た彼は太る暇もないようだった。もしかして、前日受け取った台本を全部覚えられなかったのか、ゴムぞうりを地にドンドンぶつけて、終日台詞をつぶやいていたチャ・スンウォン。タバコを吸って一息つく間も、彼はいらだっているようだ。

 台本を前日に受け取って、翌日までに覚えるのって... 相変わらず戦場みたいな現場ですね。


 



3. 撮影があった顯忠日 (国のために命を捧げた人々を追悼するための記念日) の翌日は、チャ・スンウォンの 42 回目の誕生日。ファンたちが前日に撮影会場にやってきた。おそるおそるケーキを囲んだ彼女たちは、誕生日を祝う歌を歌い終えることができなかった。“사랑하는~ (愛する〜)”  の後、聞き取れない歌詞がひっそりと流れた。


 


 


4. チャ・スンウォンは横書きのドラマ台本を受け取ると、必ず縦書きで出力する。彼のマネジャーは 「映画撮影の習慣なのかな」と、しきりに首をかしげた。赤い線は台詞の呼吸を表わしたものだ。

 横書きか縦書きか... このコダワリが、なんともステキ。それにしても、台本、真っ赤!!文節で区切って覚えるのか...。


 


 


[최고의 사랑?] 차승원, “구애정, 너의 닭이 과연 뭘까?”
[最高の愛 3] チャ・スンウォン  「ク・エジョン、果たして君の鶏は何なのか?」


 



1. 「ヒマなーし」。「だーめ」。撮影の合間のたびにチャ・スンウォンはいたずらにトッコ・ジンを真似た。ずけずけと言い放ちながら、ちょっぴり発音を延ばして。トップスター、トッコ・ジンのように話をし、トッコ・ジンのように完璧を期して、素敵なポーズを取るだけでなく、トッコ・ジンのようにティントンとふざけて、冗談を言った。トッコ・ジンのようにカリスマにあふれるが、一皮剥けば親しみのある表情を隠している、チャ・スンウォンの横顔。

  カリスマという言葉は、韓国芸能メディアではやたらに乱発される言葉ですが、チャ・スンウォンを語るには、ふさわしい言葉だなぁと思います。生チャ・スンウォン、見たことがありますが、ビジュアルもさながら、その身のこなしも含めて、かなーーり、カッコイイです。


 



2. 次の瞬間、トッコ・ジンは驚いたク・エジョンをいきなりベッドに寝かせる。ふとんをかぶったまま、足の演技をしなければならなかったチャ・スンウォンはしばらくコン・ヒョジンとの動線を再確認した。この日、彼の NG はなかった。


 この横顔は、ややお疲れ気味ですね〜。


 



3. 撮影の合間合間に台詞合わせ。ためらう事なくリズミカルなトッコ・ジンの語り口をぴたりと決めるチャ・スンウォンと、気後れしながらもそれとなく堂々としたク・エジョンを安定的にじっくり表現するコン・ヒョジン。気軽な感じだ。


 言うまでもありませんが、トッコ・ジンを魅力的に映し出しているのは、トッコ・ジンの受け手となっているク・エジョン役のコン・ヒョジンが上手いということを抜きにしては語れませんね〜。


 



4. 目が赤く充血したとしても、最後の瞬間まで余裕があるように。昼食の時間が終わり、また始まった撮影。電話を受け、彼の細目に、少し疲労の色が見える。


 


 


[최고의 사랑?] 독고진 명장면 베스트 5
[最高の愛 4]  トッコ・ジン名場面 ベスト5


 



1. 復讐の椿の花は被告
以前、小説家キム・ユジョンが短編小説 「椿の花」 を残さなかったならば、トッコ・ジンは、ク・エジョンに振られた怒りを遠回しに話せないところだった。「復讐の椿の花」 云々して、よかろうと笑うトッコ・ジンからは、鼻水をたらした子供が見える。


 トッコ、本当、子供みたいなんだよね。椿の花のエピソードは、よくわからなかったのですが、短編小説の話なんだ〜。そりゃ、わかるわけないわ...


 



2. 克〜服〜
深夜、遊園地にライトを照らしてロマンティックに告白したが振られたトッコ・ジン。ク・エジョンに大声を上げた彼が一人になり、「恥ずかしくて、目、鼻、口が全部消えるところだったが、克〜服〜」 と言う場面。最後の台詞は、チャ・スンウォンのアドリブであった。


 こんなことで克服できないこと、わかってるくせに... いや、わかってないのか (笑)。


 



3. トッコ・ジンの心臓はツツジの花
トッコ・ジンがシャツのボタンをはずす。もちろんク・エジョンに鍛えられた胸を見せるためだ。よく見ると、胸には心臓手術痕。「俺の心臓は、君の前にまいたツツジの花だ」。ク・エジョンを捕まえるためにトッコ・ジンの最後のごり押し。


 サクラ、ツバキ、ツツジ... 花のエピソードといい、ジャガイモのエピソードといい、トッコ・ジンって、植物系ナムジャだわ (笑)。 


 



4. ダカーポ (反復記号) の謝罪
誤解が重なって、ワインを ‘瓶ごとイッキ’ で酔っぱらったク・エジョンに、トッコ・ジンが話しかける。「…バカ」。「バカ〜」。前の人の言葉をオウム返し (反復) するク・エジョンの酒癖。対話のような独り言のあげく、トッコ・ジンは胸が痛い。彼がぽつんと吐いた謝罪。「ごめんね」。

 酔っ払ったク・エジョンのオウム返しシーンは、終盤、もう 1 度出てきますが、2 人の距離を物語るとても効果的なシーン。


 



5. できなかったジャガイモの処刑
トッコ・ジンの暴言にジャガイモだけ置いて去ったク・エジョン。その本心を恐るおそる試したトッコ・ジンは、結局ク・エジョンを誤解する。 ジャガイモをカレーライスの材料にして ‘処刑’ した彼は、急激な心拍数の上昇に、最後の一個を処刑できない。 内心では彼女を信じたかったためであったか。


 芽の出たジャガイモを育てるトッコ・ジンを見て、冷蔵庫の中に芽の出たジャガイモがないか探したワタシ... まだ芽が出てなかった。残念... トッコ・ジンと気持ちをシンクロさせようと思ったのに...(爆)。


 



 これが、トッコ・ジンのベスト5 かどうか疑問ですが (笑)、確かにマイルストーン的なシーンですね。この記事が書かれたときは、まだ 11〜12 話あたりまでだったようで、トッコの魅力的なシーンはまだまだ続きます。 

 チャ・スンウォンとトッコ・ジン。2 人は一体化したり、分離したり、そんな顔が少しのぞけたような記事でした。


 最高のオレ様キャラ、Ding Dong !


 


 

コメント:

ジャガイモの芽

yuca さん、再度のコメありがとうございます。

>的を射る愛(毒?)
「愛ある毒」 と言っていただければ、嬉しゅうございます(笑)。まるで、「最高の愛」に出てくるジャガイモの芽のようだわ~~(← と何気に喜んでいるワタシ)。

あっ、トッコ・ジンは、ジャガイモとともに、ぜひ正座してご覧くださいませ (笑)。


了解!

ジャガイモっすね、了解

今日最終回ですね。はまれなかった部分も含めての、lotusrubyさんのいつも的を射る愛(毒?)のある感想楽しみです。

*あ、さしたる中身のないコメントなので、コメ返しお気づかいなさらずに (・ε-*)-☆

要ジャガイモ

yuca さん、こんばんは。

すっかりチャ・スンウォンの虜になっております。

>韓国語はよくわからないのですが、彼って独特な話し方をされます?
ワタシも韓国語を理解している訳ではありませんが、TV ドラマでは独特なセリフ回しをしているような気がします。ロマコメだからかしらね。映画ではほとんど気にならないので。

>「アテナ」もチャ・スンウォン目当て
ワタシもそのうちどこか BS 放送でもないかしらと待っているところです。

>かなり好評なこのドラマ
後日また書こうと思っているのですが、実は 「最高の愛」 に 100% はまれているわけではなくて...ははは 。ぜひお楽しみに。
そうそう、視聴前には、ぜひとも、芽 の出そうなジャガイモをひとつ用意されることをおすすめします。

特集ウレシイです!

lotusrubyさん、おはようございます!

「最高の愛」特集、ウレシイ!!
ありがとうございます。

チャ・スンウォンのバッグステージがわかって興味深いです。
韓国語はよくわからないのですが、彼って独特な話し方をされます? 「シティホール」から他の役者さんとは一味違うものを感じます。その独特な癖が、気になりだしたら、ものすごーく気になる人になりました。
「アテナ」もチャ・スンウォン目当てで流し視聴するくらい(笑)

ワタシはまだ視聴はしていないのですが、かなり好評なこのドラマ、いつか観れる日を楽しみにしています。

コメントの投稿


非公開コメント:

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。