スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KBS ドラマスペシャル 『シリウス』 全 4 話 視聴完了

年が明けて、韓国ドラマを見る意欲を失いつつある中で、何かないかしらとふとKBS スペシャルドラマ 『시리우스 / シリウス』 を見てみたら、なんだかとても暗く重苦しいムードなのですが却って興味をそそられました。

sirius_opening.png


全 4 話という単幕劇ならば見られそう!!ということで視聴開始。これがアタリでした。プチノワールのような暗くて重苦しい雰囲気に惹きこまれていくことに快感を覚えるというか (笑)。

『シリウス』 は双子の兄弟の悲劇。スリルがあって、復讐劇のようでもあり、兄弟愛が心に沁みる作品です。

双子の話ならば、シリウスでなくて、ふたご座のポルックスとカストルでもよさそうなのに...なんて、天文学オンチのワタシ... 調べたら、シリウスは連星で、主星の光度があまりに強すぎて伴星の光が遮られているのだとか... なんと...

以下、ネタバレ満載。

続きを読む

スポンサーサイト

tag: 韓国ドラマ シリウス ソ・ジュニョン リュ・スンス

ミュージカル 『ウェルテルの恋』 観劇記

赤坂 ACT シアターで上演していた韓国ミュージカル 『ウェルテルの恋』 を観劇しました。

実は、観ようか観まいか悩んでいたのですが、たままた友人からチョン・ドンソク版のチケットを譲っていただくことになり、それを機に、これはもう自分で身銭を切ってキム・ダヒョン版も観るしかないなと。

ウェルテルがらみの情報を収集したところ、きっと自分好みはキム・ダヒョンの方だろうと、観るならそちらだろうなと思っていたもので。

マッコンひとつ前の回のキム・ダヒョン版と、初日初回のチョン・ドンソク版を連日で観ることができました。

ただ、キム・ダヒョン版は当日券でも前から 4 列目という、嬉しいような、切なくなるような席で、チョン・ドンソク版は前から 10 列目ながら中央ど真ん中から全体が見渡せる席で、いずれの回も噂に聞いていたとおり空席の目立つ寂しい客席でした。

見てから時間が経っているのですが、それでなくても空席が多いものをあえて上演中にワタシの辛口な感想記事で斬る必要もないかと思って、公演がすべて終了してからアップしようと決めていました。


werther.jpg


続きを読む

tag: 韓国ミュージカル

韓国映画人のおすすめ映画 4

韓国映画界の映画人がテーマにそってお奨めする映画というシリーズ記事 第 4 弾。

My pick-up は、チョン・ジェヨン、チュ・サンミ。

そもそもこの記事を読み逃がしていたことから、このシリーズ記事を最初から読み始めたわけですが...



続きを読む

お知らせ

いつもご訪問ありがとうございます。

さて、突然ですが...

ちょっと思うところがありまして (たいそうな考えではないのですが...)、しばらくの間、コメント欄は閉じさせていただきます。
(過去記事は承認制となっておりますが、コメントをいただいても返信はできません)

今後は一方的な情報発信になりますが、こんな身勝手な拙宅でもご理解いただければ嬉しく思います。

なお、twi の方も半凍結しております... すみません。




ときどき☆SUDA 4

昨晩、泣きすぎて頭が痛くなるという経験を久々にしました。

werewolf_12.png


そして今朝起きると、案の定、腫れぼったくなった瞼...
腫れがすぐにひかないないのは歳のせいだぁぁ。

その瞼のままミュージカル 『ウェルテルの恋』 へ... 終演後、なんとチョン・ドンソクさん自らお見送り&握手&ちょこっとお話付きというサプライズのサービス。こんな時に限って... 麗しのチョン・ドンソクさんの目の前で腫れた瞼なんていやーん... まぁ、誰も気にしてないんだけどね (笑)。 

感想などはそのうち...。


韓国映画人のおすすめ映画 3

韓国映画界の映画人がテーマにそってお奨めする映画というシリーズ記事 第 3 弾。

My pick-up は、イ・ソンギュン、ポン・ジュノ監督。


続きを読む

韓国映画人のおすすめ映画 2

韓国映画界の映画人がテーマにそってお奨めする映画というシリーズ記事 第 2 弾。

My pick-up は、パク・ヒスン、ムン・ソリ、リュ・スンワン監督。



続きを読む

韓国映画人のおすすめ映画 1

韓国映画界の映画人がテーマにそってお奨めする映画というシリーズ記事 (10asia)。

2009 年からずっとシリーズになっていて、ちょこちょこと読んだものもあるのですが、見逃しているものが多いことに気づきました。

自分自身の映画力 UP のために役立つかもしれないし、ワタシ個人が気になっている韓国の映画人たちの好みや考えが少し理解できるかもしれないと思い、記事をピックアップして少しずつ紹介しようと思います。

彼らがセレクトしている映画は、韓国映画に限りません。むしろ韓国映画は少ないです。あしからず。

第一弾の My pick-up は、キム・ジウン監督、イェ・ジウォン。



続きを読む

視聴済み K-Drama INDEX

今のところ 2012 年 1 月以降に視聴した韓国ドラマのインデックスです。

続きを読む

tag: 韓国ドラマ

Parody Paradise 3

年末の演技大賞では、カップル賞候補に男♥男カップルが登場するのはもうあたり前になりましたが、コロ&ヨリムを超える男♥男カップルはなかなか出てこないのではないかしらん。

koroyorim_01.jpg


今回紹介するパロディ動画も、相変わらずそのカップルが登場します。画になるのですよね、このカップル。そして、いつも奪い合いになるのはソン・ジュンギ君なのよね...(笑)。

とはいうものの、パロディ動画をここで紹介していいのやら... ちょっと微妙なのですが、何しろとても手がかけられていてよくできているもので、敬意を込めて。

続きを読む

tag: 韓国ドラマ ソン・ジュンギ

ときどき☆SUDA 3

先週末の土曜夜、土曜ワイド劇場の西村京太郎トラベルミステリーをチラリと見たら、舞台設定が青森で、ちょうど、マルが 「ぬなぁぁぁ」と叫びながら海に飛び込んだシーン (@『世界のどこにもいない優しい男』) で使われた八甲田丸メモリアルパークの橋を主人公たちが歩いていて、オモオモと。

その十津川警部の裏で放送されていた、西島秀俊と香川照之主演の『ダブルフェイス』。地元が舞台だったもので、翌日散歩がてら、「ここよ、ここ」と JR 関内駅付近の撮影地を特定。『ダブルフェイス』、小刻みで CM 入りすぎだったけど、映画並みのスピード感とスケールなのに TV ドラマにしたところがスゴイなと。日本のドラマも今冬クールは見たいものがあるかな~。前クールは 『ドクター X』 が面白かったけど。


さて、年が明けて 「イイヤ」 病がちょっとだけ再発。韓ドラ見なくてもイイヤという病気です (笑)。

昨年から見ているのは 『チョン・ウチ』 と 『ハイキック 3 ~ 短足の逆襲』。『チョン・ウチ』 は 8 話で停滞中。ちっとも話が進まない...。どうにもハマれないのが 『ハイキック 3』 で、50 話まで見ましたがリタイアな予感。キャストに罪はないのですが、どのキャラクターも好きになれず、エピソードも笑えず.... 『ハイキック 2』 はどのキャラにも憎めない可愛らしさがあったのですが... もう無理... (笑)。

そして、今冬以降にはどんな韓ドラが登場するのかなとリストアップしていたら、こんな手っ取り早い記事が掲載され (コチラ)、この情報でもう十分なのでリストアップはやめました。

それにしても、あまり食指が動きません。

見たいのは 『その冬、風が吹く』 のチョ・インソン。このドラマ自体は日本のドラマ 『愛なんていらねえよ、夏』 のリメイクなのでオリジナルでない時点で内容そのものに対する興味は薄いのですが、とにかくチョ・インソンは見たいのです。きっと来月になったら 「ミルミル」 と騒いでいるような気がしますが...。

『IRIS 2』 はちょっと微妙。前作のように色ボケ情報員のロマンス劇なら要らないけど、イ・ボムスとオ・ヨンスの 2 人は見たいなと。アクションの面では、チャン・ヒョクのアクションは本格的だから、前作のなーんちゃってアクションとは違って見ごたえあるかもしれません。

やっぱり Mnet を契約して日本語字幕の  『優しい男』 でも見ようかなとも思ったのですが、日本オリジナル編集版という文字を見た瞬間にパス。Mnet には 『成ス』 の時に手痛い目に遭ったので二度と契約しないと誓ったはずでした (笑)。

ともあれ、昨年は個人的なスマッシュヒットなドラマ作品がなかったので、今年はあるといいな~。




tag: 韓国ドラマ

K-Drama 2012 演技大賞 まとめ

☆ 新年あけましておめでとうございます ☆

☆ 今年もどうぞよろしくお願いします ☆


すぐに忘れてしまうので、年末の各放送局演技大賞をメモしておくことに...   


続きを読む

tag: 韓国ドラマ ソン・ジュンギ 優しい男 太陽を抱く月

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。