スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『紳士の品格』 前半戦 (~ 10 話) 感想

『신사의 품격 / 紳士の品格』 10 話までを視聴。前半戦を終了したので感想を少しだけ。

キム・ウンスク作家の作品というなので期待大でしたが、『シークレットガーデン』 とはまた違った雰囲気で、さらに厚みが増したような気がします。

gentleman_01_02


序盤はノレないなと思ったところがあったのですが、それはたぶんワタシの理解不足のためだったと思われ、視聴姿勢を少し変えてみつつ、ここ 2 ~ 3 話で楽しくなってきました。

以下、ネタばれなしです。



続きを読む

スポンサーサイト

tag: 韓国ドラマ 紳士の品格

Upcoming K-Dramas 2

今クールも中盤に突入! このクールで 『紳士の品格』 と 『幽霊』 を選んだのは大正解でした。

夏クールのドラマ情報をちょこっと (情報元 Naver)。

ワタシにとって最も重要なのは Lovely ソン・ジュンギ君主演の 『차칸남자 / 優しい男』 だけど、水木ドラマはもうひとりのジュンギ君の時代劇も気になります。

あと、興味があるのは、月火ドラマの 『해운대 연인들 (가제) / ヘウンデ (海雲台) の恋人たち (仮題)』!!

だって、毎年ヘウンデには行っているので、どんなふうにあの街が映っているのか見たいのです。 何よりもキム・ガンウとチョ・ヨジョンというこの組み合わせに期待大なのですが...。


以下、ドラマ情報リスト。




続きを読む

tag: 韓国ドラマ ソン・ジュンギ

ざわざわ K-Movie

先週のムヨルショックを引きずったまま週が明けて、いろいろと思うところもあるのですが、今ここで吐き出さずにグッとしまっておこうと思います。いつか突然吐き出すかも (笑)。

さて、ざわざわしている韓国映画の話題...

「またかよっ」 と思ったのは、最近相次いで聞かれた韓国映画界での監督降板劇。

その裏で、投資会社、製作会社、俳優の顔色をうかがわなければならない監督たちの実情が... 。

投資会社や製作会社がビジネスを優先させるのは当然ともいえるけど、監督の指向性を無視して、興行性のみを優先するのもね。

もともと興行性と作品性は相まみえないものじゃないかな。観客動員何百万と言われても、良い映画だなと思えない作品の方が多いことも事実なんですけどね... 韓国のみならず...

監督さんってタイヘンなのですね~。






続きを読む

tag: 韓国映画

キニナルひとびと

映画 『은교 / ウンギョ』 の解釈が間違っていなかったかなと思って、あれこれ記事を渡り歩いていたら、キム・ムヨルのインタビュー記事があったので訳してみようと思い立ちました。

記事では、キム・ムヨルと同じくミュージカル界から出てきて勢いに乗っているチョ・ジョンソクの話にも触れていて、へぇ、2 人はそういう関係なんだと。ミュージカル界のことはまるで知らないもので...

もうひとつ、ミュージカル界から生まれたスター、キム・ムヨルチョ・ジョンソクのライバル記事もあったので、そちらも訳してみました (私流訳、あしからず)。

キム・ムヨルチョ・ジョンソク、この数か月の間で気になった俳優たちです。

キム・ムヨルは、昨年、映画 『ロマンチック・ヘブン』 を DVD で見た時、ハッとするほど印象に残っていて、先月、映画 『ウンギョ』とミュージカル『光化門恋歌』 をソウルで見て、思わずヨロメキそうな感じになりました。

チョ・ジョンソクは、ドラマ 『ザ・キング 2 Hearts』 を見るまでは知りませんでしたが、このドラマではイチ押し!! ソウルで見た映画 『建築学概論』 でも好演。味のある役者さんです。

なるほど、旬なひとびとなのですね~。





続きを読む

tag: 韓国演劇 韓国映画 キム・ムヨル チョ・ジョンソク

ときどき☆SUDA

最近気になったニュースのことなど...

ちょこっとおしゃべり=수다=スダ=SUDA...  


続きを読む

tag: チョン・ジェヨン シン・ハギュン チャン・ジン 韓国映画 韓国演劇

その後の韓ドラの日々 14

久々の韓ドラな日々シリーズ (笑)。ただの視聴状況記事ですが...

前クールで見ておきたかった新作は見終わったので、新クールで見るものを決めました。

視聴が途中で止まっているものも残っているのですが...



続きを読む

tag: 韓国ドラマ

『ザ・キング 2 Hearts』 全 20 話 視聴完了♪♪

前クールの水木ドラマ 『더킹 투하츠 / ザ・キング 2 Hearts』 (MBC) 全 20 話を見終わりました。

いやいや面白かったです。視聴するまでは、設定がキワモノっぽいのでパスしようかと思っていたのですが、とりあえず序盤 2 話を見てみたら、あらあら意外と面白いかも... というわけで、『赤道の男』 が終わってから後追いしました。

立憲君主制という仮想設定で、南北統一というコードを語るというチャレンジングな作品。

以下、とりとめもなく感想など。ネタバレあり


続きを読む

tag: 韓国ドラマ ザ・キング

ソウルで観た映画 『돈의 맛 / カネの味』 感想

ソウルで観た 3 本目は 『돈의 맛 / カネの味』

今年の 第 65 回 カンヌ国際映画祭 コンペティション部門正式出品作で、『ハウスメイド』 に続いてカンヌ招聘となったイム・サンス監督の野心作でもあります。

「なぜこれがカンヌ?」 というのが、正直な感想。もっとも素人にわかるよしもありません。

『ハウスメイド』の続編的な位置づけのようですが、ワタシは『ハウスメイド』を冒頭 20 分ぐらいでリタイアしたので全編を見ていません。見たいと思わせてくれるような要素が全くなかったので。それに比べれば、『カネの味』 の方がストーリーとしては面白く、キャストも華やかでした。

こちらも字幕なしなので、理解に誤りがあるかもしれません。

続きを読む

tag: 韓国映画

韓国民俗村 ~ 『太陽を抱く月』 撮影場所

スウォン (水原) にある韓国民俗村。

ソウルから地下鉄&列車でスウォンまで行き(45 ~ 60 分)、スウォン駅前から民俗村行きの無料シャトルバスで 30 分。

ワタシが以前にここへ来たのは、学生時代。はるか昔ですが、そんな昔からあったのですよ。

お天気にもバッチリ恵まれ、ワタシと同じくひとり旅だという若いお嬢さんと意気投合し、旅は道連れということで、一緒に村内を回りました。この彼女、 『成ス』 でソンジュンファンになったそうで、「『成ス』 でなぜにソンジュン落ち?」 というツッコミを入れながら (笑)、ソンジュンのロケ場所も一緒に探しましたよ。

ワタシは 『太陽を抱く月』 のロケ場所をちらちらと探しつつ。 

folkvilla_07

folkvilla_08


続きを読む

tag: 韓国ドラマ 太陽を抱く月 チョン・イル

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。