スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルでアート 「潤松美術館」

ソウルで行きたい美術館 No.1 だった 「潤松美術館 / 간송미술관」 に行ってきました。

潤松美術館は、毎年 5 月と 10 月にそれぞれ 15 日間のみ一般公開される美術館で、1446 年に公布されたハングルの解説書 「訓民正音」 や、ドラマ 『風の絵師』、映画 『美人図』 にも登場した風俗画の大家 金弘道 (キム・ホンド) と申潤福 (シン・ユンボク) の作品をはじめ、国宝・文化財を多数所蔵する、韓国屈指のプライベートコレクションです。

2012 年春期展示は、5 月 13 日~ 27 日の期間で、澗松没後 50 周年記念 「真景時代絵画大展」 というテーマで、金弘道と申潤福の作品も展示されていました。

この限定公開期間に合わせてソウルへ行くこともなかなかないので、本当に貴重な機会でした。

開館時間に合わせて 10 時に行ったら、やはりすでに長蛇の列。ここから、中へ入れるまで 1 時間余りかかりました。



kansong_01 



続きを読む

スポンサーサイト

tag: ソウル 美術館

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。