スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『宮廷女官 若曦』 全 35 話 視聴完了 戯れ言

華流ドラマ 『宮廷女官 若曦』(原題: 歩歩惊心/歩歩驚心) 全 35 話、見終わりました~。

jakugi_poster.jpg


ある日、交通事故に遭った現代の女性張暁がタイムスリップして、18 世紀初頭、康熙帝が支配する清の時代へ。彼女は馬爾泰 若曦 (ルォシィ) として生きることに。本作は、タイムスリップという仕掛けに加えて、彼女が出会った康熙帝の 9 人の皇子による後継者争い “九王奪嫡” という史実に基づいたストーリーになっています。

清王朝の三名君と謳われた康熙帝・雍正帝・乾隆帝。そのうち、康熙帝、雍正帝時代をこのドラマでは扱っています。

清王朝ものは、以前 NHK で放送された日中合作ドラマ 『蒼穹の昴』 も観たし、中国映画でもいくつか。辮髪にも抵抗もなく、清王朝の絶頂期の紫禁城のセットや衣装も美しくて堪能できました。

全編を通して、タイムスリップした女性主人公のルォシィがなかなか愛らしいキャラクターだったこともあり、とても面白く見ました。最初は次から次へと顔を出す皇子たちに困惑しましたが (笑)、徐々に、誰がお好み?ってことになり、皇子たちのキャラクターもそれぞれしっかりしたものでした。

ワタシのお気に入りは 14 皇子なのですが、人格としては 13 皇子が好きです。4 皇子はカリスマがありすぎて、ルォシィじゃないけど近寄りがたくてちょっと怖い、でもキニナル存在...。八賢王と呼ばれた 8 皇子ですが、賢王らしさがあまり伝わってこず...(笑)、イケメン 9 皇子はルォシィとの接点がなかったのでぞんざいな扱いだったのがもったいなく、10 皇子はスルーということで (笑)。

以下、ワタシの戯れ言です。


続きを読む

スポンサーサイト

tag: 宮廷女官 若曦

プロフィール

lotusruby

Author:lotusruby
当ブログ内での画像・動画は個人で楽しむ範囲で掲載しており、記事文中は敬称略とさせていただきます。

ブロガーさんとのリンクは歓迎ですが常識の範囲でお願いいたします。また、Twitter への記事リンクは事前にご照会いただけると幸いです。さりげなく拍手をくださる方、ありがとうございます。

なお、旧館からの移行記事 (2012年3月以前) はうまく反映されていないものがあります。

twitterwidget
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。